履歴書 RESUME

他の応募者と差をつける、「自己PR」の書き方のコツとは?

更新日:2018.11.9
公開日:2018.1.17

転職を希望する企業にエントリーするときは、必ず履歴書と職務経歴書を提出します。その際に非常に重要なのが、「自己PR」です。自分のアピールポイントをいかに魅力的に伝えるかで、書類選考を通るかどうかが決まるといっても過言ではありません。

さらに、書類選考をパスして面接に進んだときにも、必ず質問される内容のひとつが「自己PR」です。応募者が会社でどのように貢献してくれるのかを、面接官は他のどんな質問よりも重要視するでしょう。

このように、転職成功のカギともいえる「自己PR」を、どのように考えてどのように伝えたら良いのかを、詳しくお話ししましょう。

企業は応募者の自己PRから何を知りたいのか?

自己PRから応募者の人柄や能力、採用するメリットを見ようとする

企業の就職試験に応募すると、人事担当者や面接官は「志望動機」や「自分の強み」「会社に貢献できること」などを質問してきます。それによって応募者がどんな人柄で、どんな能力があり、その人が会社に入ることでどんなメリットがあるのかを見ようとします。

しかし会社としても、わずか数枚の応募書類とたった数十分の面接で応募者を推し量るのは、至難の業です。実際、「応募書類と面接だけでは、どんな人材かわからない」と言う人事担当者もいるほどです。

それでも、企業側は応募書類や面接だけで採用を決めなければなりません。そこで必然的に、応募者が自ら申告する自己アピールが、採用を検討する大きなカギになってくるのです。

大学受験にテクニックがあるように、就職試験にも自己PRのテクニックがある

実はこの“企業側の諸事情”というのがとても重要で、人事担当者は本当はもっとより深く応募者のことを見たいけれど、実際にはそれができないのが現実ということです。ということは、本当はすごく会社に貢献してくれる素晴らしい人材であったとしても、本人が自己PRを怠ったがために、落としてしまった人もいるということです。

大学受験にもいい点を取るためのテクニックがあるように、転職のための就職試験にも高評価を得る自己PRのテクニックがあります。どんなに「自分はこの会社で貢献できる」という自信があっても、それをしっかりと会社に納得させられることができた人だけが、採用を勝ち取れると思った方が良いでしょう。

自己PRのポイントを把握しておくことで、質問に自信を持って答えられる

自己PRを考えることは、「志望動機」や「自分の強み」「会社に貢献できること」など、応募時や面接時に質問される内容すべてに関わってきます。自分自身のアピールポイントを事前にしっかり把握しておけば、面接時に答えが見つからなくて、ドギマギすることもありません。

「私はこういう経験と能力を持っているので、この会社でその力を活かしたいと思い、応募しました。入社後はこういうことをして会社に貢献し、必ずお役に立てると考えております」といった内容を、自信を持って伝えることができるのです。

応募者が多数の場合は、これらの質問をすることによって、企業側がふるいにかける意味合いもあります。たくさんのライバルがしのぎを削る中で、特に魅力ある自己PRをできなかった応募者は、当然のごとく選考から外されてしまいます。

効果的な自己PRを行うための方法

<その1>まずはこれまでのキャリアを振り返る

効果的な自己PRを行うために、まずは自分のこれまでのキャリアを振り返り、整理していく必要があります。自分が今まで勤めていた会社でどんな仕事をして、どんなスキルを身につけたかを、具体的に書き出しましょう。

キャリアをまとめていくには、「キャリアの棚卸しシート」を作成するのが、ベストの方法です。くわしくは次のページをご覧ください。

<その2>そのキャリアを活かして、企業に貢献できることを考える

キャリアの棚卸しシートを作成したら、今度はその内容を見ながら、自分は応募する企業にどうやって貢献することができるかを考えましょう。

その際、応募する企業が業界のどんな位置にあって、どんなビジョンを持っているのかなどを調べた上で、「自分はこの会社が目指している方向に対して、こういう形で貢献することができる」という具体的なシナリオを考えることが大切です。

業界研究や企業研究の方法に関しては、次のページをご覧ください。

<その3>自分の強みが何かを自覚しながら、自己PR文にまとめる

志望する企業に自分がどのように貢献できるかが明確になった時点で、それを自己PR文としてまとめます。自分の強みが何なのかを自覚しながら、それをしっかりと盛り込んで、説得力のある文章にまとめることが大切です。

自己PR文を書く際は、次のように段階を踏んで書き進めていくと、より説得力のある文章になります。

  1. 結論から伝える
    「自分の強みはこうです」「自分はこんな考え方を持って仕事をしてきた」といった結論を、最初の段階ではっきりと伝えることで、自己PR文にインパクトを与えます。
  2. 具体例を挙げて納得させる
    なぜそれが自分の強みなのか、その理由を説明できる事例を、具体的に挙げます。
  3. 仕事上で得た成果を伝える
    その事例が結果的にどういう成功につながったのかを伝えます。
  4. その成果を、新しい職場でどう生かせるかを伝える
    こうした成功体験を、新しい職場でどのように活かし、会社に貢献できるのかを伝えます。

①~④の順に書き進めると、どのようになるのか、例文を挙げてご紹介しましょう。

自己PR文の例文

(※ハウスメーカーの営業職をしていた人が、転勤の辞令をきっかけに地元の不動産会社へ転職する際の自己PR文)

■①の部分

私はこれまで、ハウスメーカーの建売住宅部門の営業職として、「お客様が満足すること」を第一に仕事をしてきました。

■②の部分

10年前にはじめて営業職に就いたときは、ただがむしゃらに宣伝活動をしたり、売り上げの数字にこだわって契約本数を上げてきました。しかし、1年ほど経ったときに、あることに気付きました。それは、自分の仕事に心から満足されるお客様が増えたときから、自分の営業成績が伸びてきたことです。

「住宅はお客様にとって一生の買い物。自分が売りたい建売をただ勧めるのではなく、お客様が心から満足できる方法をご一緒に考えよう」というスタンスになってからは、お客様との信頼関係も深まり、お客様からご紹介いただくことも増えていきました。

■③の部分

その結果、契約本数は年々順調に伸び、2016年度は部署でトップの成績を上げて社長賞をいただきました。さらに、「よりお客様のご要望に応えられるよう、自分が稼働できる時間をもっと増やし、有益な情報を社内で共有したい」と思い、クラウドなどを利用して業務の効率化や社内の情報共有にも取り組みました。

無駄な事務作業をできる限り省き、社員同士で役立つ情報を伝え合う環境を作ったことで、社内の協力体制が一層深まりました。これもまた、自分自身にとって大きな成果のひとつです。

■④の部分

前職ではこのような成果を出すことができましたが、本年3月に会社から関西支社への転勤の辞令が下りました。すでに1年前に二世帯住居を建築し、両親と同居していたことから、転勤のない地元の会社への転職を考えるに至りました。

御社に入社後は、営業職で培ったこれまでの経験をもとに、住宅販売部門でさらなる売り上げアップに貢献したいと考えております。この地域で生まれ育っておりますので、周辺の土地勘もあり、この土地ならではの良さも熟知しております。御社の業務に貢献すべく、全力で取り組んでいきたいと考えています。

自己PRに関するまとめ

志望する企業を説得させられる、効果的な自己PRを作成するには、このように段階を踏んでしっかりとした根拠と説得力のある内容にすることが大切です。今までの自分のキャリアを振り返り、それをどのように活かして新しい会社に貢献することができるのか、じっくりと考えてみましょう。

転職支援実績が豊富な転職エージェント・転職サイト3選

転職満足度No.1!業界トップクラスの転職支援サービス DODA(デューダ)

総合評価 4.8
求人の質 4.5
サポート 4.8
スタッフ 4.7
  • 全国対応
  • 正社員
  • 未経験OK
  • フリーター歓迎
  • 女性
  • 非公開求人多数
  • 給料UP率高
  • スカウト
公開求人数 43,934件 非公開求人 131,280件 対象年代 全年齢 対応地域 全国対応
年収UP率 やや高い 得意職種
  • ◎全業種
  • 営業
  • 企画
  • 事務
  • ITエンジニア
  • 金融系
  • コンサルタント
業界最大級の非公開求人!転職者満足度No.1の転職エージェント

DODAの魅力は圧倒的な求人数と満足度の高さ。全国で10万件以上の求人は転職できる可能性を高めてくれます。また、DODAのキャリアアドバイザーは業界ごとのスペシャリストです。特定分野への転職に親身に相談に乗ってくれます。

年収1,000万円を超える求人多数!ハイクラス向け転職エージェント ビズリーチ

総合評価 4.5
求人の質 4.9
サポート 4.6
スタッフ 4.7
  • 全国対応
  • 正社員
  • 非公開求人多数
  • 給料UP率高
  • ハイクラス求人
  • スカウト
公開求人数 89,000件 非公開求人 非公開 対象年代 30代~50代の男女 対応地域 全国+海外
年収UP率 高い 得意職種
  • ◎全業種
  • ITエンジニア
  • 金融系
年収600万円以上の方に大人気!高収入の転職希望者は登録しておこう

ビズリーチの特徴は何といっても豊富な高収入求人。年収が500万円以下の求人はほとんどなく、年収1000万円超えの求人も豊富です。忙しい人には大企業から直接声がかかるスカウト制度もあり、忙しい中で効率的に転職活動を行いたい人にもおすすめできます。

リクらくは学歴・職歴に自信がない20代を正社員にした支援実績多数あり リクらく

総合評価 4.4
求人の質 4.0
サポート 4.6
スタッフ 4.6
  • 正社員
  • 未経験OK
  • フリーター歓迎
  • 女性
  • 給料UP率高
公開求人数 - 非公開求人 2,000件 対象年代 20代・フリーター・既卒第二新卒 対応地域 東京・神奈川・千葉・埼玉
年収UP率 未経験OKの高年収求人多数! 得意職種
  • ◎全業種
絶対に就職・転職を成功させたい20代は、リクらくがオススメ!

リクらくは、20代に特化した転職エージェントです。そのため、20代までの学歴・職歴不問の未経験歓迎求人がほぼ全求人となっており、スキルや経験に自信がない方でも正社員の内定を取れます。今まで正社員になれなかったフリーターの方など、20代には絶対オススメできる転職エージェントです。

都道府県別おすすめ転職エージェントを利用して納得の転職を

特集記事

都道府県別転職エージェント