おすすめ転職エージェント比較 AGENT COMPARISON

看護師が利用すべき転職エージェント比較ランキング!おすすめ3選【2020年最新】

更新日:2020.7.8

看護師として働いているけれど、病院の勤務状況や働き方などの不満を抱えている、仕事に満足できないなどの理由で、転職を考えている方も多いと思います。そんなときに利用したいのが看護師向けの転職エージェントサービスです。

看護師・准看護師に好評の転職エージェント

看護のお仕事はレバレジーズメディカルケア株式会社が運営する看護師専門の転職エージェント 看護のお仕事

総合評価 5.0
求人の質 5.0
サポート 5.0
スタッフ 5.0
  • 全国対応
  • 正社員
  • 女性
  • 非公開求人多数
  • ハイクラス求人
公開求人数 18,917件 非公開求人 100,000件 対象年代 全年代 対応地域 全国
年収UP率 非公開 得意職種
  • 医療系
看護のお仕事だけにしかない好条件の非公開求人が多数あり!
看護のお仕事は、レバレジーズメディカルケア株式会社が提供する看護師に特化した転職支援サービスです。今までの実績から病院などと関係性を築いており、全国12万件の中から提供される好条件・高待遇の求人が多いのが最大の特徴です。年収UP率・サービス満足度も高く、看護師で転職を考えるなら、まずはじめに登録しておくべき転職支援サービスと言われるほど間違いない転職エージェントです。

業界大手マイナビが提供する看護師専門の転職支援サービス マイナビ看護師

総合評価 4.0
求人の質 4.0
サポート 4.0
スタッフ 4.0
  • 全国対応
  • 女性
  • 非公開求人多数
公開求人数 40,420件 非公開求人 30,000件 対象年代 全年代 対応地域 全国
年収UP率 好条件求人多数 得意職種
  • 医療系
転職業界最大手のマイナビが看護師の転職をサポート!初めての転職でも安心!
マイナビ看護師は、転職業界大手の株式会社マイナビが提供する看護師に注力した転職支援サービスです。大手の強みを活かした、転職サイトでは出会えない好条件求人が多いのが特徴です。現在の職場に不満を感じている方は、まず無料のキャリアカウンセリングを受けてみることをおすすめします!

ナース人材バンクは、株式会社エス・エム・エスキャリアが提供する看護師向けの転職支援サービス ナース人材バンク

総合評価 4.0
求人の質 4.0
サポート 4.0
スタッフ 4.0
  • 全国対応
  • 正社員
  • 女性
  • 非公開求人多数
公開求人数 144,657件 非公開求人 非公開 対象年代 全年代 対応地域 全国
年収UP率 非公開 得意職種
  • 医療系
ナース人材バンクは、病院以外にも様々な求人を取り扱っている老舗の看護師専門の転職支援サービス
ナース人材バンクは、株式会社エス・エム・エスキャリアが運営している看護師専用の転職支援サービスです。2003年にサービス開始して以来、年間10万人もの看護師の転職を手伝っている老舗の看護師系人材派遣会社です。転職支援してくれるアドバイザーの対応がいいと評判なので、一人で転職活動を進めるのが不安な看護師の方におすすめです。

看護師向け転職エージェントとは何なのか?

転職エージェントを利用しようとしても、いったいどんなサービスなのか、看護師向けサービスと一般のサービスとではどう違うのか、わからない人もいらっしゃるでしょう。

まずは、看護師向け転職エージェントサービスがどのようなものなのか解説したいと思います。

転職エージェントの特徴

転職エージェントというのは、転職活動を行なうために必要なサポートを受けることができる転職支援サービスのことです。

具体的には、以下のようなサポートサービスを受けることが可能です。

  • 担当のエージェントとの面談
  • 自己分析のサポート
  • 転職先の病院などの紹介
  • 提出書類の添削
  • 模擬面接などの面接対策
  • 内定獲得後の条件交渉などの代行
  • 転職後のフォロー など

このように、転職活動の流れに沿って担当エージェントからのサポートを受けることができます。

担当エージェントは、これまでにさまざまな転職希望者のサポートを手がけてきた、いわば「転職支援のプロフェッショナル」ですので、転職の成功率もアップしやすいという特徴があり、安心してサポートを任せることができます。

さらに、適切なアドバイスを受けながら転職活動を進めることができるので、一人で行動するよりもはるかに効率的といえます。

転職エージェントは無料で利用できる

転職する際に転職エージェントを利用するべき理由の一つが、無料で利用できるということです。

さまざまな転職活動のサポートを受けるための費用が必要ないため、転職するために余計な支出が掛かる心配もありません。

なぜ無料利用できるのかというと、転職エージェントが報酬を受け取る仕組みが関係しています。

転職エージェントの場合は、企業が求める人材を転職エージェントが紹介し、その人材が入社することで企業が「紹介料」として報酬を支払います。一般的に、紹介料は入社した人材の年収の30%程度といわれています。

このような仕組みがあるため、転職エージェントの利用者が費用を支払う必要がないわけです。

コストが掛かっても医療施設が転職エージェントを利用する理由

また、人材を採用する企業側にとっても、転職エージェントが利用したいという心理が働きやすいといわれています。

というのも、企業側(看護師専門のサイトであれば病院側)は人材を採用するためにコストが掛かります。そのため「多少コストが掛かっても、いい人材を採用したい」と考えているのです。そして、採用した人材はできるだけ長く働いてほしいというのが、企業側の考えです。

転職サイトや病院への直接募集に応募してきた人材の場合、すぐに退職してしまったり、求めていた人物像とは異なるために全く活躍できない人材を採用してしまったりする可能性があるのです。

一方で、転職エージェント経由で紹介された人材は、ある種のお墨付きを得られているため、そのようなリスクを抑えながら、優秀な人材を採用できます。つまり、転職エージェント経由で紹介される人材の方が、安心感があるわけです。

このような理由から、病院側も転職エージェントを積極的に活用しているのです。

看護師向け転職エージェントが提供しているサービス

看護師向け転職エージェントでは、看護師の転職に特化した転職支援サービスを提供しています。

利用の流れとしては、以下のような形になります。

  1. 求職者との面談
  2. 条件に合った求人情報の紹介
  3. 書類選考や面接のサポート
  4. 内定獲得後の交渉やフォロー

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

求職者との面談

まず、求職者と担当のエージェントとの面談の場が設けられることになります。

転職エージェントに登録した後、エージェントからの連絡で面接の日程を調整し、対面もしくは電話などを用いて面談を行ないます。

面談では、簡単な自己紹介から始まり、転職についてどのように考えているのかを共有することになります。

何となく「転職したいと考えている」というレベルから「どんな職場に転職したい」「どんな条件で働きたい」といった具体的なことまで、何でも伝えておくことが大切です。

条件に合った求人情報の紹介

面談で共有した内容に沿って、求職者の希望する条件に合った転職先が紹介されることになります。

看護師向け転職エージェントでは、一般的に公開されている求人情報から、転職エージェントが独自に保有している非公開求人情報まで、幅広く紹介されます。

転職エージェントでは、このような非公開求人情報を保有している可能性が高く、それらの求人は条件がいい可能性があるというのも、転職エージェントを利用するべき理由の1つです。

なぜ非公開求人にするのかというと、条件がいい求人情報を公開してしまうと転職希望者が殺到してしまうことになるためです。

ですので、できるだけいい条件で働きたいのであれば、転職エージェントに登録したほうがいいといえるでしょう。

書類選考や面接のサポート

応募する病院が決まったら、応募に必要な書類の作成や面接対策など、内定を獲得するためのサポートが行われます。

まずは、履歴書、職務経歴書といった書類を作成することになりますが、書類選考を通過しやすくなるよう、担当エージェントが添削してくれます。

また、模擬面接やフィードバックなども実施され、実際の面接にしっかり対応するための対策が講じられることになります。

先述したように転職エージェントは、あなたが入社することで初めて報酬を受け取ることができるので、このようなサポートを親身になって行ってくれます。

内定獲得後の交渉やフォロー

無事、内定を獲得できた後にも、転職エージェントはあなたをサポートしてくれます。

というのも、内定獲得から入社するまでにも、転職者がやらなければならないことが多いからです。

具体的には、以下のようなサポートを受けることができます。

  • 入社する病院側との条件面の交渉代行
  • 入社するために必要な手続きの代行
  • 現職を円満に退職するためのアドバイス など

このような手続きは面倒に感じやすいですが、転職エージェントが代行してくれるため、非常に便利です。

また、入社後に困ったことがあれば、担当のエージェントがフォローしてくれる場合が多いというのも、心強いといえるでしょう。

看護師が転職エージェントを利用するなら知っておくべきこと

ここまで本記事を読み進めてきた方なら、転職するなら転職エージェントを利用したい!と感じているかもしれません。

しかし、転職エージェントを利用するのであれば、より理解を深めておく必要があるでしょう。

ここでは、転職エージェントを利用するメリットやデメリット、注意点などについて解説したいと思います。

看護師が転職エージェントを利用する5つのメリット

まずは、看護師が転職エージェントを利用するメリットから紹介していきます。具体的には、以下の5つのメリットがあります。

  1. 非公開求人を紹介してもらえる
  2. 自分のキャリアを棚卸して希望の転職先を探すことができる
  3. 転職活動に必要な手続きなどを代行してくれる
  4. 転職に関する深い情報を手に入れることができる
  5. 転職の成功率がアップする

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

非公開求人を紹介してもらえる

看護師が転職エージェントを利用するメリットの1つが、非公開求人を紹介してもらえるということです。

転職エージェントや転職サイトでは、一般に公開されている求人情報を検索することができます。もちろん、その情報をもとに転職活動を行なっても構いませんが、転職エージェントが独自に保有している非公開求人のなかには、あなたの求める希望や条件を満たすものがある可能性があります。

では、なぜ「非公開」になるのか。その理由は以下の2つです。

  1. 好条件であったり、人気病院であったりして、応募者が殺到する可能性があるから
  2. その病院で働く看護師にとって気に入らない求人である可能性があるから

条件が良かったり、看護師からの人気が高かったりする病院の求人情報には、応募者が殺到しやすいため、病院側が求める人材を見つけにくくなります。また、応募者があまりに多いと、対応しきれない可能性もあるでしょう。

また、「その病院で働く看護師にとって気に入らない求人」というのは、実際に働く看護師よりも年収が高いケースや、管理職募集の求人であるということです。

これらの求人情報には、非公開にするべき理由があるため、求職者にとって理想的な求人である可能性があるわけです。

多くの転職エージェントでは、このような非公開求人を扱っており、登録しなければ紹介してもらうことも、知ることもできません。

そのため、いい求人情報に出会うためには、転職エージェントへの登録が必要になるのです。

自分のキャリアを棚卸して希望の転職先を探すことができる

転職エージェントに登録すると、担当のエージェントとの面談が設けられることになります。

この面談はあなたの希望の条件などをヒアリングするほかに、あなた自身が気付かなかった悩み・強みを引き出すという側面を持っています。

そのため、自分のことを客観的に見直すことができるのです。

このような工程があることで、自分についてしっかりと整理することができるので、転職先選びをより適切に行うことができるようになります。

転職のプロに話を聞いてもらいながら、自分のキャリアなどについて正確に棚卸ができるというのも、転職エージェントを利用する大きなメリットとなります。

転職活動に必要な手続きなどを代行してくれる

転職活動を一人で行なう場合、必要な手続きなども自分ですべてこなす必要があります。

しかし、転職エージェントを利用することで、さまざまな手続きを代行してもらうことができ、手間を大幅に省くことができます。

具体的には、以下のようなことについて、代行してもらえます。

  • 自分に合った転職先企業(病院)の検索
  • 転職先への応募
  • 面接日程の調整
  • 職場見学の日程調整
  • 入社後の給与・ポジション・ポストなどの交渉
  • 雇用契約書の内容の詳細確認
  • 入職に関連する必要な手続き など

これらの手続きを「1人で行なう」のと「誰かに代行してもらう」のとでは、大きな差があることがわかると思います。また、これらは在職中に行なうと考えると、気が遠くなってしまう方がいるかもしれません。

つまり、転職エージェントを利用したほうが、転職活動を楽に進めることができるということです。

転職に関する深い情報を手に入れることができる

転職や転職先の病院などについて深い情報を手に入れることができるというのも、看護師が転職エージェントを利用する大きなメリットです。

というのも、転職エージェントはサービス開始から現在に至るまで、さまざまな病院を相手に人材の紹介と転職支援を行なっています。

そのなかで、病院ごとの内情や実績などに精通しているケースが多いのです。このような情報は求人情報などに掲載されることはほとんどないうえに、転職を希望する人にとっては重要かつ「欲しい情報」だったりします。

このような深い情報を入手できる可能性が高いので、転職後のミスマッチが起こりにくく、結果で気に転職に成功しやすくなるというわけです。

転職の成功率がアップする

看護師が転職エージェントを利用するメリットとしては、単純に転職の成功率がアップするということも挙げられます。

転職エージェントを利用することで、転職活動におけるさまざまなサポートと適切なアドバイスを受けることができるため、転職活動を迷いなく進めることができます。

また、先述したように、転職エージェントは紹介者が入社することで企業(病院)から報酬を受け取るため、転職が実現するように親身にサポートしてくれます。

このような環境で転職活動を行なうため、おのずと転職の成功率はアップするのです。

特に、応募先に提出する書類の添削や面接の対策といったサポートは効果が大きく、それだけで選考の通過率がアップするともいわれています。

転職を成功させたいと考えるなら、転職エージェントの利用は必須ともいえるのです。

看護師が転職エージェントを利用するデメリット

一方、看護師が転職エージェントを利用する場合には、デメリットも存在します。

  • 場合によっては最悪の転職になってしまうことがある

これは一体どういうことなのか、解説します。

場合によっては最悪の転職になってしまうことがある

看護師が転職エージェントを利用すると、自分が希望していない最悪の転職となってしまう可能性があります。これが、転職エージェントを利用する唯一のデメリットといえます。

その理由は、すべてのエージェントが必ずしも優秀なエージェントとは限らないからです。

転職エージェントのビジネスモデルは先述した通りですが、なかにはエージェントサイドの事情で「あなたが入社すること」のみにフォーカスする場合があります。

例えば、担当エージェントの売上が良くないケースや、ノルマのためにサポートよりも転職成功の事実だけを求められるケースがあるのです。

そのようなエージェントに当たり、言われるがまま転職してしまった後に、「思っていたのと違った…」ということが発生する可能性があります。

対応が不満を感じたり、大量の情報をしつこく紹介されたりするような場合は、担当を変えてもらうか、別の転職エージェントを利用することを検討するようにしましょう。

転職エージェントに頼りすぎてはいけない

これまでに説明した通り、転職エージェントには利用するメリットが多いため、転職活動に際にはうまく活用するべきです。

しかし、転職エージェントに頼りすぎてすべてを任せるようなことはおすすめできません。

というのも、転職エージェントに任せておけば大丈夫、という気持ちでいると転職が決まるまでに時間がかかりやすく、条件のいい非公開求人も他の転職者にわたってしまう可能性があるからです。

あくまでも、転職するのは自分であるということを認識し、担当のエージェントと二人三脚で転職活動を進めていく必要があります。

転職エージェントに頼るのではなく、うまく活用するつもりで転職活動に挑みましょう。

転職エージェントはしっかりと比較することが大切

また、転職エージェントはどれを選んでも同じというわけではありません。特定の業種や職種、性別、年代、状況などに強みを持っています。

そのため、どの転職エージェントが自分に合っているのか、よく比較してしっかり判断する必要があります。

特に、看護師の仕事は他にはない特殊な仕事の1つです。そのため、看護業界への転職に強い転職エージェントを選ばなくてはなりません。

それぞれの転職エージェントの特徴を理解して、正しく判断できるようにしましょう。

看護師が転職エージェント選びに失敗しないためのポイント

それでは、転職を考えている看護師が転職エージェント選びに失敗しないようにするためのポイントについて紹介します。

転職エージェント選びは、転職成功のための非常に大切なポイントとなりますので、確実に理解しておきましょう。

求人数が多い転職エージェントを選ぶこと

取り扱っている求人数が多い転職エージェントを選ぶことが1つめのポイントです。

求人数が多いということは、それだけ待遇や環境が違う求人情報に触れることができるからです。

また、多数の求人情報を取り扱う転職エージェントは、病院や施設側からも信頼されている可能性が高いといえるでしょう。

幅広い選択肢のなかから転職先を選べるようにすることが大切です。

病院や施設、業界への知識に精通している転職エージェントを選ぶこと

転職エージェントのなかでも、病院や施設、業界について精通している転職エージェントを選ぶことも大切なポイントとなります。

実際に病院に足を運んでいる転職エージェントは、転職先候補の内情について詳細な情報を持っているからです。

そのため、求人情報に掲載されること以外にも、社内の雰囲気や働きやすさ、一緒に働く同僚や上司についても転職前に知りうることができるのです。

このような転職エージェントを選ぶためには、複数のエージェントに登録して、実際に話を聞きながら比較することをおすすめします。

そのなかでも、情報を豊富に持っている転職エージェントをメインに活用するようにしましょう。

転職活動へのサポート体制が整っている転職エージェントを選ぶこと

転職エージェントのなかでも、転職活動へのサポート体制が充実しているエージェントを選ぶことも大切なポイントです。

というのも、看護師の方は、転職経験が少ない可能性が高いからです。そのため、転職活動をどのように行うのか、またどう進めていくことが正しいのかわからない方が多いのです。

最近では、面接に同行してくれる転職エージェントなどもあります。それぞれのサービスについてよく確認して、力になってくれる転職エージェントを選びましょう。

転職エージェント利用者の口コミを必ず確認すること

利用しやすい転職エージェントを選ぶためには、利用者の口コミを確認することも重要です。

看護師向けのものを含めて、さまざまな転職エージェントサービスが提供されていますが、最も参考になるのは、実際に転職エージェントを利用した方の声です。

現在では、さまざまな口コミサイトで利用者の声を確認することができます。

それぞれのサービスのレビューを確認し、自分で納得できる転職エージェントに登録するようにしましょう。

看護師が転職エージェントを利用するときに気になること

看護師の方が転職する場合に、転職エージェントを利用したほうがいいということは理解できたと思いますが、実際に利用するとなると、さまざまなことが気になると思います。

そこで、転職エージェントを利用する看護師が気になるポイントについてまとめました。ぜひ参考にしてください。

担当エージェントとの相性が合うか不安

転職エージェントを利用する際に最も気になることというと、担当者との相性ではないでしょうか?

実際、対面や電話などで話をすることになりますし、あなたの転職を支える人物でもあるため、そのように感じてしまうのは当然ともいえます。

ですが、仮に担当のエージェントとの相性が悪かったとしても、担当者を交代してももらうことが可能ですので、心配はいりません。

また、担当のエージェントに情を移す必要もありません。というのも、転職エージェント側からしても、担当者の変更はそれほど大きな問題ではないからです

ですから、話していて相性が合わないと感じたり、業界に関する知識や情報の量に不満があったりする場合は、遠慮することなく担当者の交代を申し出ましょう。

担当者の交代は、メールで依頼すれば対応してくれるはずです。また、担当者の交代に対応してもらえない場合は、ほかの転職エージェントを利用することをおすすめします。

ブラックな病院を紹介されないか不安

勤務条件や環境などが良くない「ブラック」な病院を紹介されないか不安という方もいらっしゃることでしょう。

残念ながら、転職エージェントによっては、このような病院や施設を紹介されるケースもあるようです。

特に、以下のような傾向があった場合は注意が必要です。

  • 転職先を強引に薦めてくる
  • 紹介の電話が多すぎる
  • 紹介される求人の大半がブラックなもの
  • こちらの希望や要望への対応が遅い など

実際に、上記のような転職エージェントも存在するようですので、利用することなく、ほかの転職エージェントに相談するようにしましょう。

地方在住でも転職エージェントを利用可能なのか?

転職エージェントは都市圏に住んでいないと利用できないのかというと、そうではありません。郊外や地方に在住している場合も、問題なく利用することができます。

看護師向けの転職エージェントのなかには、全国各地の勤務先に対応しているものが多くありますので、安心してください。

ただし、地方在住の場合、転職エージェントによっては対面での面談が実施しづらいケースがあります。

電話などでの面談も実施されるので、あまり心配はいりませんが、どうしても対面で対応してほしい場合は、支店まで出向くか近くに支店がある転職エージェントを選ぶようにしましょう。

看護師の転職にはハローワークを使うべき?

転職支援サービスといえば、転職エージェントのほかにもさまざまなものがあります。そのうちの1つがハローワークですが、利用についてはあまりおすすめすることができません。

その理由は、ハローワークが求職者だけでなく、病院側にとっても無料で利用できるサービスであるためです。

そのため、ハローワークには採用にあまりコストを掛けることができない病院、またはコストを掛けたくない病院の求人情報が混ざっていると考えられるのです。

一方、転職エージェントを利用する病院は、採用にコストが掛かってもいい人材を採用したいと考えています。その分、採用に積極的で注力している可能性が高いといえます。

ですから、転職エージェントを利用したほうが、自分の条件や希望に合った職場を見つけやすくなります。ハローワークに応募したい病院がある場合を除き、あまり積極的に利用しない方が得策といえるでしょう。

病院のHPから求人に応募するのはあり?

中途採用を考えている病院のなかには、転職エージェントや転職サイトではなく、病院のホームページで求人を募集しているケースがあります。

しかし、この場合も転職エージェントの利用をおすすめします。

というのも、これまでに説明しているように、転職エージェントを利用することで転職活動におけるさまざまなサポートを受けることができるからです。

病院のホームページから応募する場合、さまざまな手続きはもちろん、書類作成や面接対策をすべて1人で行なう必要があります。

また、内定後の条件交渉に関しても、自分で行なうのはかなり難しいといわざるを得ません。

転職エージェントなら、手続きやサポートはもちろん、条件交渉なども代行してくれるため、好条件で転職できる可能性が高くなります。

転職活動を効率化しつつ、できるだけ条件に合った転職を実現するためには、転職エージェントの利用が最も近道といえるでしょう。

転職エージェントに任せっきりの看護師の転職には要注意

転職エージェントは、転職の心強い味方となってくれます。しかし、あなたの転職をすべて任せっきりにしてしまうのは大変危険です。

ここでは、転職エージェントの実情に迫りながら、どうして任せきりが良くないのかについて解説していきます。

転職エージェントにすべて任せるのは危険

先程も解説しましたが、あなたの転職を転職エージェントにすべて任せるのは危険です。

というのも、あなたの希望などに関係なく、転職することだけにフォーカスしたエージェントが存在するためです。

このようなエージェントに担当されたせいで、せっかくの転職が台無しになってしまった例も残念ながら存在するのです。

では、具体的にどのようなトラブルがあるのか見てみましょう。

エージェントの質が低ければ交代してもらうこと

担当のエージェントのなかには、対応の質が低い方がいらっしゃることがあります。

例えば、病院側との交渉力がないため、入社後に聞いていた話とまるで違うことばかりとなるケースや、希望条件について全く聞き入れてくれないケースなどがあるようです。

このような担当者に転職サポートを任せてしまうと、仮に転職できたとしてもミスマッチが発生することは目に見えています。そして、その転職を後悔することにつながります。

繰り返しになりますが、対応に満足できないエージェントはすぐにでも交代してもらうようにしましょう。大切なのは、あなたが希望通りの転職を実現することなのです。

看護師特有の働き方や業界について理解していないエージェントもいる

看護師の世界は、ほかの業界とは働き方は全く異なります。しかし、エージェントのなかにはそのような事情に全く精通していない方も存在しています。

この場合、条件や環境について、理解してくれない可能性があるため、あなたの希望が実現しない可能性が高くなります。

また、仕事をしながら転職活動を行なう人に、日中構わず連絡してくるようなエージェントも考え物です。

トラブルを避けるためにも、看護師の業界に精通し、事情をしっかり理解してくれるエージェントを選ぶことが大切になります。

場合によっては全くサポートしてくれない可能性もある

手厚いサポートをうたいながらも、実際には全くサポートをしてくれない転職エージェントもあります。

転職活動において、提出書類の添削や面接対策は非常に重要なポイントです。しかし、せっかく転職を実現するために転職エージェントに登録しているのに、このような対応では全く意味がありません。

このようなトラブルを避けるためにも、やはり口コミサイトで利用者の生の声に耳を傾けることが大切です。

転職はあなたの今後の生活に大きく影響することですから、転職エージェント選びから慎重に行なうことをおすすめします。

看護師が転職エージェントを使いこなすために大切なこと

ここからは、看護師の方が転職エージェントを使いこなすポイントについて解説します。

転職エージェントをうまく利用すれば、転職の成功率をさらにアップさせることが可能です。

そのためには、以下に解説するポイントをしっかり理解することが大切です。

転職エージェントには早めに登録すること

看護師の方が転職を考えているなら、できるだけ早く転職エージェントに登録することが大切です。

というのも、看護師向けの転職エージェントではさまざまな求人情報を扱っていますが、どの業界でも同じように、条件のいい求人や人気の高い求人はあっという間になくなってしまうからです。

そのためには、評判が良くて自分に合いそうな転職エージェントをできるだけ早く見つけ出し、迅速に登録することが重要になるのです。

複数の転職エージェントに登録すること

転職エージェントを利用する場合、どれか1つだけに登録するではなく、複数の転職エージェントに登録することも、うまく利用するカギとなります。

その理由には、以下のようなことが挙げられます。

  • 転職エージェントによって取り扱っている求人が異なるから
  • それだけ多くのエージェントに合うことができるから

まず、転職エージェントによって、取り扱っている求人情報は異なります。非公開求人に至っては、特定のエージェント独自の求人情報を確保していることもあります。

そのため、複数の転職エージェントに登録することで、それだけ多くの求人情報に触れられる可能性が高くなります。

また、転職エージェントごとに担当エージェントと面談することができます。エージェントの質は、あなたの転職の成功に直接関係することになりますが、多くのエージェントに合うことで、エージェントの質を見極めることもできるわけです。

ですので、最初に複数の転職エージェントに登録・面談をしながら、メインで利用するエージェントと、サブで利用するエージェントに分けることをおすすめします。

こうすればよりスムーズに転職活動を進めることができるでしょう。

転職エージェントが持っている業界の情報を収集すること

転職エージェントを利用する場合は、コンサルタントと密にコミュニケーションを取って、業界の情報を集めることもポイントの1つです。

エージェントは私たちが知りえないような情報をたくさん持っています。そのなかには、あなたの転職にとって有益な情報が含まれている可能性があるのです。

そのためには、エージェントに積極的に相談して関係性を築きながら、できるだけ多くの情報に触れるよう意識しましょう。

担当のコンサルタントには転職に対するすべての希望を伝えること

担当のエージェントには、転職時に考えている希望や条件について包み隠さずにすべて伝えるようにしましょう。

転職する際に考慮するのは、何も年収や勤務地だけではありません。病院の雰囲気や働き方などについても、必ず希望があるはずです。

特に病院という職場環境では、良好な人間関係や深夜労働の頻度などが、その後の生活に大きく影響します。

妥協することなく、さまざまな条件の詳細まで、明確に伝えておくことが大切です。

担当エージェントとはこまめに連絡を取ること

担当のエージェントが決まったら、転職が決まるまでの間はこまめに連絡を取ることが大切になります。

これは、エージェントが求職者の優先順位をどうやって決めるのかに関係します。というのも、担当エージェントは「求職者が最後に連絡してきたのはいつか」ということを基準にして、優先順位を決めているからです。

そのため、連絡を取らないでいると、条件がいい職場の情報の通知が後回しにされたり、場合によっては「すでに転職が決まった」と判断されて、連絡が来なくなったりする可能性があります。

優先順位を常に上位にするためには、担当エージェントとの細やかな連絡がカギを握るということを覚えてきましょう。

転職前に知っておきたい|看護師の転職の現状

転職エージェントを利用した転職について、かなり理解が深まってきたと思います。

ですが、実際に転職活動を行なう前には、知っておくべきことがあります。それは、看護師の転職の現状についてです。

基本的な状況を知ることで、転職をより実現させやすくなるでしょう。

看護師を取り巻く転職市場の動向とは?

現在、転職市場は活況にあるといえます。転職者数は年々増加しており、転職することに対するハードルもかなり下がってきている状態です。

また、現在の日本は少子高齢化が社会問題となっており、医療業界の求人は景気などに左右されることなく、一定数以上の数があります。

さらに、高齢者の増加とともに看護師の人手が足りていないこともあり、看護師に対するニーズは年々高まっているといえるでしょう。

そのため、看護師としてのスキルが高かったり、経験が豊富だったりすると、仮にブランクがあるような場合でも、さまざまな病院から求められることになります。

このように、現在は看護師にとって転職がしやすい状況であることをまず理解しておきましょう。

看護師の離職状況についても理解しよう

ニーズが高まっている一方で、看護師の仕事は離職率が非常に高いというイメージがあります。

一般的に3K(きつい・汚い・危険)といわれていることもあり、その労働環境も看護師特有のものといえるでしょう。

しかし、実際にデータで確認してみると、看護師の離職率は一般の労働者と比較しても低いという事実があります。

厚生労働省が発表している「雇用動向調査」によれば、平成28年の一般的な離職率が15.0%だったのに対し、日本看護協会が発表している「病院看護実際調査」では平成28年の正規雇用看護職員の離職率は10.9%、新卒採用者の離職率は7.6%となっています。

看護師の離職率が低い要因としては、通勤の都合などで地方に住んでいる看護師の転職が難しいことが挙げられます。また、業務内容が特殊であるため、一般職と比較して簡単には転職しにくいということも関係していると思われます。

このように、実際の離職率は低いにもかかわらず、人では足りていないという状況ですので、転職を希望する人にとっては、いい条件が揃っているといえるでしょう。

看護師が転職を希望する理由とは?

それでは、看護師の方が転職したいと考えるようになる理由について見てみましょう。

厚生労働省が発表している「看護職員就業状況等実際調査結果」によれば、看護師が転職を希望する主な理由は以下のようになっています。

  1. 他施設への興味
  2. 給与への不満
  3. 休暇が取れない・取りにくい
  4. 超過勤務が多い

このように、現在の労働環境に対する不満が多いことがわかります。看護師の仕事はたいへんといわれていますが、その割に給料が少なく、ほかの仕事と比較して労働環境が整っていないことが多いようです。

看護師の年収について

では、看護師の年収について見てみましょう。大手転職サイトのリクナビNEXTが、2010年12月から2015年11月までに新規登録した転職希望者のうち、看護師の資格を持つ方の平均年収を調べたデータがあります。

年代 平均年収
20代 約349万円
30代 約402万円
40代 約425万円
50代 約455万円
60代以降 約477万円

ちなみに、同じ病院勤務でも病院の規模や都市圏・地方どちらの病院かで、平均的な年収には違いがあり、多い場合では100万円以上も異なるケースがあるようです。

あくまでも目安となりますが、上記の年収よりもあまりに低い場合は、転職することで年収アップが期待できる可能性もあるでしょう。

看護師が転職を成功させるために押さえておくべきポイント

最後に、看護師の方が転職を成功させるために押さえておくべきポイントについて解説したいと思います。

具体的には、以下の8つのポイントがあります。

  1. 自己分析をして自分ができることを整理しておく
  2. 面談での印象を良くする
  3. 転職に適したタイミングについて理解しておく
  4. 転職理由はポジティブに伝えるように工夫する
  5. 転職回数が多い場合でもその理由を明確に説明する
  6. 転職先に職場情報は入念にチェックする
  7. 面接中に転職先について見極めようと意識する
  8. 看護業界に強い転職エージェントを利用する

どれも大切なことばかりですので、しっかり理解しておきましょう。

自己分析をして自分ができることを整理しておく

看護師の転職を成功させるためには、自己分析を的確に行ない、自分ができることについて整理しておくことが大切です。

というのも、一般的な転職と違い、看護師の転職では年齢や経験年数に関わらず、即戦力が求められることになるからです。

医療に関わる仕事である以上、転職先で頼まれたことが「できない」という事態になることは絶対に避けなければならないでしょう。

そのためには、転職前に自己分析を行ない、自分に何ができるのか、また何ができないのかについて明確に洗い出しておかなくてはなりません。

自分一人でも自己分析を行なうことはできますが、担当のエージェントと一緒に自己分析を行なえば、より自分を客観視できます。

希望の転職を実現させるために、自己分析は非常に大切な要素ですので、必ず行なうようにしましょう。

面談での印象を良くする

看護師の転職では、面談での印象を良くすることも重要です。

というのも、看護師は人と関わる仕事であるためです。そのため、人に与える印象というのはとても大切になるのです。

また、あなたを転職先に紹介するのも、病院で面接をするのも、やはり人です。人間相手である以上、印象がいい方が有利になることは明白でしょう。

派手な服装やアクセサリーの着用や、受け答えによってあなたの印象が左右されないよう気を付けましょう。

転職に適したタイミングについて理解しておくこと

看護師の方が転職を成功させるためには、転職に適しているタイミングについて理解しておくことも大切なポイントです。

実は、求人情報が多くなる時期というのがあります。最も多いのは、年度の変わり目で人の移り変わりが多い3月~4月。次に、長期休暇が明けた8月~9月にかけて、人材を募集する施設は多くなるのです。

一般的な転職活動の期間は3ヶ月程度といわれていますので、それから逆算して1月や6月くらいから行動を起こすとうまくその時期に応募できるでしょう。

このようなことを知っておけば、より条件のいい転職先が見つかりやすくなるかもしれません。

転職理由はポジティブに伝えるように工夫すること

転職理由をポジティブに伝えることも、転職を成功させるためには大切なポイントとなります。

転職を考える理由は人それぞれです。なかには、職場環境が悪かったり、人間関係が合わなかったりなど、ネガティブな理由から転職しようとする方もいらっしゃいます。

しかし、面接でネガティブな理由をそのまま伝えてしまうのはよくありません。というのも、採用担当者が「うちでも同じ理由で辞めてしまうのではないか」と考え、採用することを懸念する可能性があるからです。

そのため、転職理由についてはポジティブな言葉に変換して伝えることが重要となります。具体的な表現方法については、担当のエージェントに相談すればアドバイスをもらえるはずです。

面接でマイナスの評価とならないよう気を付けましょう。

転職回数が多い場合でもその理由を明確に説明すること

これまでの転職回数が多い場合も、その理由について明確に説明することが大切です。

特に、看護師としての経験年数が浅いわりに転職回数が多いという場合は、納得してもらえるような回答を準備しておく必要があるでしょう。

また、スキルアップやキャリアアップなど、それぞれの転職にちゃんとした理由があるなら、それをわかりやすく説明するようにします。

この点についても、担当のエージェントとよく相談することをおすすめします。転職エージェントでは、これまでにさまざまな状況の求職者の転職支援を行なっているため、最適な答え方を提示してくれるはずです。

転職先の職場情報は入念にチェックすること

看護師の方が転職する場合は、応募する病院の職場環境に関する情報を入念にチェックするようにしましょう。

看護師の仕事では、勤務形態や夜勤の頻度、施設内の設備などによって働きやすさに差が生まれやすいもの。こういったことが後々になってミスマッチとなってしまうこともあるのです。

まずは、求人情報や病院のホームページなどから、得られる情報は漏れなく取得するようにしましょう。

また、担当エージェントに病院の内情を確認したり、面接のときに採用担当者に質問できるように、不明点などをまとめたりしておくことも大切になるでしょう。

疑問や不安をできるだけ解消する、ということを意識しておくようにしてください。

面接中に転職先について見極めようと意識すること

面接中に転職先に良しあしについて見極めようと意識することも大切なポイントとなります。

そもそも採用面接というのは、採用する側が応募者について判断するためだけに行なわれるものではありません。同じように、応募する側も病院について見極める必要があるのです。

転職先を探している時と違い、実際にその施設を訪れ、関係者と話せる場というのは、さまざまな点について観察できるチャンスともいえます。

また、面接の担当者や同席している看護師などの様子をうかがうことで、どんな労働環境なのか知れる可能性があります。。

もし、面接を通じて何か違和感を覚えるようなことがあるなら、その病院で働くことについて考え直した方がいいかもしれません。

よくない環境に転職することを防ぐためにも、このような見極めの視点を持つことを覚えておきましょう。

看護業界に強い転職エージェントを利用すること

看護師が転職する場合は、看護業界に強い転職エージェントを利用するようにしましょう。

これまでにも解説している通り、転職エージェントを利用することは、求職者にとってメリットが多いものです。希望に合った転職先を見つけやすく、転職支援を受けることができ、転職の成功率もアップしやすいといえます。

また、看護業界は他にはない特殊な業界ですので、業界や内情について確実に把握している転職支援サービスを利用するべきです。そのようなサービスを提供しているのは、医療系の転職に強い転職エージェントのみといっても過言ではありません。

転職というのは今後の生活やキャリアにダイレクトに影響を及ぼすことになります。心から納得し、満足できる転職を果たすためにも、医療業界に強い転職エージェントを活用することをおすすめします。

転職エージェントで看護師の転職を成功させよう!

今回は、看護師の転職に欠かせない転職エージェントの特徴や活用法などについて解説しました。

転職エージェントを利用することで、理想の転職先への転職に成功する可能性が高まります。また、手厚い転職支援を受けることができるので、転職活動をスムーズに進めることができるでしょう。

あなたに合った転職エージェントを利用して、看護師の転職を成功させましょう!

転職サービス比較ランキング

都道府県別おすすめ転職エージェントを利用して納得の転職を

関連記事

特集記事