転職活動の準備 PREPARATION

転職活動のスケジュールは、こうやって立てる!

更新日:2018.11.9
公開日:2018.1.18

転職活動は、新卒の就職活動に比べて時間に余裕がない人も多く、退職する会社との関係も上手くやっていかなければなりません。そのため、ただ片っ端から興味のある会社に応募するのではなく、スケジュールを立てて計画に動くことが大切です。

ここでは、転職活動のための一般的なスケジュールの立て方と、スケジュールを考える上での注意ポイントをご紹介します。勤めている会社や応募先の状況などによって微妙に違う部分は、臨機応変にコントロールして、効率よく転職活動を行いましょう。

転職活動にかかる期間は、だいたいどれくらい?

通常3ヶ月以内、長くても半年以内に転職先が決まるケースが多い

転職活動にかかる期間は、1ヶ月も経たずにすんなり決まる人もいれば、1年経っても決まらない人もいます。しかし、転職体験者の約半数は3ヶ月以内に転職先を決めており、長くても半年以内に決まるケースがほとんどです。

そのため、転職スケジュールを立てる際には、3ヶ月~半年以内を目安に計画を立てると良いでしょう。

転職スケジュールを立てるには、どのようなステップを踏む?

まずは情報収集からスタートし、応募・面接へと進む

転職活動は、大まかに次のようなスケジュールで進みます。「今からどう動くか」でスケジュールを立てるのではなく、勤めている会社にできるだけ迷惑をかけない退職日を選び、そこから逆算してスケジュールを立てる必要があります。

「〇月頃に退職をするのがタイミング的に良いので、〇月ぐらいから応募活動を始めた方が良いだろう」というように、おおよその目安を立てます。転職の情報集めはいつからでもできますが、応募や面接を開始するときには、すでに退職できるような環境を整えておいた方が、後々会社とトラブルになるのを防ぐことができるでしょう。

  1. スケジュールの目安:転職の3~6ヶ月前
    転職情報を集め、自己分析をする
  2. スケジュールの目安:転職の2~5ヶ月前
    転職を希望する会社に応募する
  3. スケジュールの目安:転職の2~4ヶ月前
    書類選考が通ったら面接を受ける
  4. スケジュールの目安:転職の1~3ヶ月前
    勤めている会社に退職願を出す
  5. 転職

転職情報を集め、自己分析をする

転職スケジュールを考えるにあたって、業界・業種・企業研究は必須!

転職スケジュールを考えるにあたって、業界・業種に関する詳しい調査と、転職先の候補があればその企業の調査研究は、絶対に外せない作業です。たとえば「ずっと流通業界で仕事をしてきたから、会社の業績が悪くなって転職することになったけれど、今回も流通業界の方が採用されやすいだろう」と思っていても、業界の将来性などを改めて調べ直すと、考えが変わることがあります。

転職は、そう何度もあることではありません。どうせ会社をチェンジするなら、今までよりも良い状況に変わっていかなければ、心から「転職して良かった」とは思えないでしょう。ある意味、この業界・業種・企業研究は、一番時間をかけて行うべき作業といえます。

「一日も早く転職したい」と焦る気持ちはわかりますが、自分にとってベストの転職先はどこなのか、じっくりと調べた上で見つけ出しましょう。

これまでのキャリアを振り返り、自己分析をする

転職スケジュールを考える際に、転職情報を集めるのと同じくらい重要な作業が、自分のキャリアを振り返り自己分析をすることです。自分が今まで何をしてきたのか、どんなキャリアがあり、それを転職先でどのように活かしたいのかを、まとめておきましょう。

自分の長所・短所、自己PRできることについてもまとめておきます。こうすることで、履歴書や職務経歴書を書く時や面接のときなどに、迷わずに自信をもって取り組むことができます。

転職ノートを作って、スケジュール管理や企業情報などを一冊にまとめる

転職に関することを一冊にまとめた「転職ノート」を作成し、スケジュール管理や業界・業種・企業研究、自己分析などはすべてそこにまとめるようにすると便利です。

応募や面接の際に必要なものを、この間に準備

応募から面接・採用までの期間はバタバタと忙しくなるので、まだ余裕のある準備期間の間に、応募や面接の際に必要なものを準備しておきましょう。転職活動に必要なものは、次の通りです。

  • スーツ
  • バッグ
  • 履歴書
  • 職務経歴書
  • クリアファイル
  • 封筒
  • 証明写真
  • 手帳
  • 筆記用具
  • スマートフォン

後任への引き継ぎのための準備も必要

応募から面接・採用までは一気に決まる場合もあるので、そのときにアタフタしないよう、準備期間中に後任への引き継ぎ資料が作れるような転職スケジュールを立てましょう。

「引き継ぎノート」を作成し、いつでも後任に引き継げるようにしておくと、円満退社ができて転職活動もスムーズに進みます。

転職サイトやエージェントは、転職者にとって最強のツール

転職サイトや転職エージェントは、転職者にとって最強のツールなので、これを使わない手はありません。転職サイトからは企業情報だけでなく、転職の際に知っておきたいさまざまな情報を得ることができます。当サイトで転職したい企業を探すと共に、応募や面接のコツ、業種ごとの転職メリット&デメリットなども、ぜひ読んでおいてください。

また、転職エージェントは会社選びに協力してくれるだけでなく、「転職に自信がない」といったメンタル面の相談にものってもらえます。転職準備期間中にエージェントに登録しておき、いろいろとアドバイスを受けるのも賢い方法です。

転職を希望する会社に応募する

会社の繁忙期に採用が決まらないよう、日程面の配慮を

お目当ての企業が決まり、転職のための下準備が整ったら、いよいよ応募するタイミングです。「応募・面接・採用とトントン拍子にいったら、退職時期が繁忙期にあたってしまった」などということがないよう、逆算して応募のスケジュールを考えておくことが大切です。

応募の際は、履歴書・職務経歴書・自己PRなどの必要書類を作成し、インターネットや郵送などで企業に応募します。応募から一次面接までは、通常1~2週間、長いと3週間以上かかる会社もあります。応募した企業の対応が迅速かどうかも、企業体質を見極める上での参考になるでしょう。

書類選考が通ったら面接を受ける

勤めながら転職の面接に臨む人は、平日夜に面接ができればベスト

書類による一次選考にパスすると、一次面接の日程が決まります。会社に勤めながら転職活動をする人は、できるだけ面接日を平日夜などに設定してもらえるとベストです。応募の際にその旨を伝えておくと、配慮してもらえる可能性があります。企業によっては、Web面接を導入しているケースもあります。

有給休暇をとって面接に行くときは、会社にバレないように注意を

とはいえ、応募企業の多くは日中に面接を行うので、有給休暇を使わなければならない場合も多いでしょう。その際は、転職活動をしていることが会社にバレてしまうと、妨害やいじめに遭うこともあるので、くれぐれも見つからないように気を付ける必要があります。

一次面接が終わると、今度は会社のトップによる最終面接となります。会社によっては、二次面接が上司の面接で、三次面接でトップと面接をするケースもあります。面接の際の対応の練習や服装チェックの時間なども、スケジュールに組み入れておきましょう。

勤めている会社に退職願を出す

退職を切り出すときは、円満退社できるように細心の注意を

転職先が決まると、速やかに勤めている会社に退職願を出します。転職先の企業としても、中途採用者にはできるだけ早く来てほしいでしょうから、一刻も早く退職を切り出す必要があります。

ただし、退職の切り出し方によっては上司に不快感を与えてしまうこともあるので、円満退社できるように細心の注意を払わなければなりません。退職理由も角が立たない正当な理由をあらかじめ考えておき、引き継ぎのためのスケジュールもしっかりと計画し、上司に「そういう理由なら仕方がない」と納得してもらうことが重要です。

転職のスケジュールに関するまとめ

転職のスケジュールをしっかり立てておくと、勤め先に迷惑をかけることもなく、スムーズに転職活動を行うことができます。よい転職先を見つけると共に、円満退社することによって退職する会社の人たちをも人脈にできるよう、細心の注意を払って転職スケジュールを立てましょう。

転職支援実績が豊富な転職エージェント・転職サイト3選

転職満足度No.1!業界トップクラスの転職支援サービス DODA(デューダ)

総合評価 4.8
求人の質 4.5
サポート 4.8
スタッフ 4.7
  • 全国対応
  • 正社員
  • 未経験OK
  • フリーター歓迎
  • 女性
  • 非公開求人多数
  • 給料UP率高
  • スカウト
公開求人数 43,934件 非公開求人 131,280件 対象年代 全年齢 対応地域 全国対応
年収UP率 やや高い 得意職種
  • ◎全業種
  • 営業
  • 企画
  • 事務
  • ITエンジニア
  • 金融系
  • コンサルタント
業界最大級の非公開求人!転職者満足度No.1の転職エージェント

DODAの魅力は圧倒的な求人数と満足度の高さ。全国で10万件以上の求人は転職できる可能性を高めてくれます。また、DODAのキャリアアドバイザーは業界ごとのスペシャリストです。特定分野への転職に親身に相談に乗ってくれます。

年収1,000万円を超える求人多数!ハイクラス向け転職エージェント ビズリーチ

総合評価 4.5
求人の質 4.9
サポート 4.6
スタッフ 4.7
  • 全国対応
  • 正社員
  • 非公開求人多数
  • 給料UP率高
  • ハイクラス求人
  • スカウト
公開求人数 89,000件 非公開求人 非公開 対象年代 30代~50代の男女 対応地域 全国+海外
年収UP率 高い 得意職種
  • ◎全業種
  • ITエンジニア
  • 金融系
年収600万円以上の方に大人気!高収入の転職希望者は登録しておこう

ビズリーチの特徴は何といっても豊富な高収入求人。年収が500万円以下の求人はほとんどなく、年収1000万円超えの求人も豊富です。忙しい人には大企業から直接声がかかるスカウト制度もあり、忙しい中で効率的に転職活動を行いたい人にもおすすめできます。

リクらくは学歴・職歴に自信がない20代を正社員にした支援実績多数あり リクらく

総合評価 4.4
求人の質 4.0
サポート 4.6
スタッフ 4.6
  • 正社員
  • 未経験OK
  • フリーター歓迎
  • 女性
  • 給料UP率高
公開求人数 - 非公開求人 2,000件 対象年代 20代・フリーター・既卒第二新卒 対応地域 東京・神奈川・千葉・埼玉
年収UP率 未経験OKの高年収求人多数! 得意職種
  • ◎全業種
絶対に就職・転職を成功させたい20代は、リクらくがオススメ!

リクらくは、20代に特化した転職エージェントです。そのため、20代までの学歴・職歴不問の未経験歓迎求人がほぼ全求人となっており、スキルや経験に自信がない方でも正社員の内定を取れます。今まで正社員になれなかったフリーターの方など、20代には絶対オススメできる転職エージェントです。

都道府県別おすすめ転職エージェントを利用して納得の転職を

特集記事

都道府県別転職エージェント