職業別の転職 OCCUPATION

ITストラテジストとして転職するには?ITストラテジストの将来性と転職成功のポイント

更新日:2019.10.3
公開日:2019.10.3

IT業界の飛躍的な成長と共に、注目を浴び始めている職種のひとつに、「ITストラテジスト」があります。ITストラテジストとは、企業の経営戦略に基づいてIT技術を用いた戦略を立て、事業計画や業務改善計画などを行う職種のことを指します。

ITストラテジストは、情報技術だけでなく企業のIT戦略を策定するという、極めて高い能力を求められる職種です。国家資格のレベルも最上位に位置し、非常に難易度が高いのですが、それだけに収入も高くやりがいの大きい仕事であると言えるでしょう。

そんなITストラテジストとして転職するには、いったいどんな方法があるでしょうか?ITストラテジストの将来性や転職成功のポイントも含めて、ご紹介したいと思います。

ITストラテジストとして転職すると、こんな業務を行うことになる

いま、日本国内にある企業の多くがIT戦略の重要性に目覚め、ITを駆使した業務効率化などの対策に乗り出しています。そのような状況下にあって、ITストラテジストが担う役割は非常に重要で、ITストラテジストとして転職すると次のような業務を担うことになります。

企業の問題点・課題点を洗い出す

企業の経営陣や各部署の社員から話を聞くなどして、まずは企業全体の業務を把握し、どんな問題点や課題点があるかを洗い出します。

IT技術を用いた戦略を立てる

その問題点・課題点を解決するために、IT技術を用いてどのように業務を効率化するか、どのようにすればコストを削減できるかといった具体的な戦略を練ります。

ITストラテジストは、これらのIT戦略を策定・実行することによって、最終的に企業の成長に結び付けなければなりません。こうした重要なミッションを背負うことは、ITストラテジストにとってやりがいであるとともに、大きなストレスでもあります。

ITストラテジストとして転職する人には、その重みに耐えられるだけの精神的なタフさや、さまざまな人と円滑に関われるコミュニケーション能力なども求められます。

ITストラテジストとして転職するには、どんな方法があるか?

ITストラテジストとして転職するには、どんな道があるのでしょうか?実は、ITストラテジストという職業自体が比較的新しいため、「こうしたらITストラテジストになれる」といったキャリアパスはまだ確立されていません。

ただし、「ITストラテジストとして転職したいなら、できればこれだけは持っておきたい」という技術や知識・資格はあります。まずはその技術や知識を身につけ、しかるべき資格を取得することが、ITストラテジストとしての転職に成功するための王道と言えるでしょう。

まずはIT企業などで経験を積み、情報処理の技術と知識を高めること

ITストラテジストとして転職する前に、まずはIT企業などでエンジニアとして働き、情報処理の技術や知識をしっかりと身につける必要があります。プログラマやSE(システムエンジニア)としてさまざまな仕事をこなし、確かなスキルを積むことが、ITストラテジストとして活躍する上でのベースラインとなります。

ITストラテジストの資格を取得すると、転職に断然有利になる

IT企業などで情報処理の技術や知識を深めた後は、できればがんばってITストラテジストの国家資格を取得しましょう!

ITストラテジストの資格がなければ転職できないというわけではありませんが、資格があることによって能力の高いITストラテジストであることを認めてもらえるので、転職活動の際にも断然有利になります。

ITストラテジストの資格試験は、IT関連の国家資格の中でも「レベル4」(最も難しい)に位置する、極めて難しい試験です。労働基準法第14条でも、国が認める高度な専門知識を有する人の中に、公認会計士や医師などと並んで「ITストラテジスト試験(旧システムアナリスト試験)又はアクチュアリー試験に合格している者」が明記されています。

高度な専門知識を有する人の中にはSEも含まれているのですが、SEの場合は「大学卒で実務経験5年以上、短大・高専卒で実務経験6年以上又は高卒で実務経験 7年以上、かつ年収1075万円以上の者」という条件が付いています。

これに対し、ITストラテジストは、資格さえあれば高度な専門知識を有する人と認められます。この点だけを見ても、ITストラテジストの資格がいかに権威のある国家資格かが、分かるかと思います。

ITストラテジストの経験がない人も、資格試験を通じてスキルを磨ける

ITストラテジストの資格試験は、合格率十数%とかなりの狭き門ですが、資格を取得することでITストラテジストとしての転職に有利になるのは間違いありません。

ITストラテジストとしての経験がない人も、この資格試験を通じてITストラテジストとしてのスキルを磨くことができます。言わば、ITストラテジストへの登竜門のような資格です。

IT企業で情報処理の技術や知識を磨きつつ、ITストラテジストの勉強をして国家試験に合格する。この基本ステップによって、ITストラテジストとして転職できる可能性は大きく高まります。

20代でSEをやっていた人が30代でITストラテジストとして転職するケースもある

20代でIT業界に入り、プログラマからSEへとキャリアアップした人が、30代になって「さて、次のステップはどうしたらいいだろう?」と考えるケースは少なくありません。

そのときに、ITストラテジストの資格をとって転職するというのは、キャリアパスとして十分に考えられる選択肢です。

20代でがむしゃらに働いてきたSEが、30代の転職で直面する“年齢の壁”

20代の頃にSEとしてがむしゃらに働き続けた人でも、そのまま定年までSEとして働き続けられるかというと、そういうわけではありません。しかし、日本は自分自身のキャリア形成を行うという文化が十分に育っていないため、そのことに気づくのが30代以降になってしまう人も多いのが現実です。

実際に30代になってみれば、自分自身のキャリアを考えたときに「40代・50代になってもSEを続けるわけにはいかない」ということは、容易に想像できます。しかし、そこで転職を考える30代の前に立ちはだかるのが、“年齢の壁”です。

ITエンジニアの転職は、他の職種に比べれば30代の転職は容易です。慢性的な人材不足という現状もあるので、どこかしらの企業には転職できますし、若干の給与アップも可能でしょう。しかし、本当の意味でキャリアアップ転職ができるかというと、現実はそう甘くはありません。

30代で転職したSEの中には、今まで以上にブラックな会社に転職してしまい、「こんな筈じゃなかった」と後悔するSEもいます。

ITストラテジストの資格を武器にすれば、30代の転職もスムーズ

このようなキャリアダウンではなく、40代・50代になってもITの世界で活躍したいなら、プロダクトマネージャーになるなり、管理職として地位を築くなり、何らかのレベルアップを図る必要があります。その有効なキャリアパスのひとつが、ITストラテジストなのです。

30代で転職活動を始める前に、何とかがんばってITストラテジストの国家資格を取得することで、キャリアアップ転職の可能性は大幅に広がるでしょう。

「自分は開発部門でプログラミングの実務を行うのが好きだ」という人には向かない職種かもしれませんが、そうではなく「企業のシステム全体を改革していくことに興味がある」という人にとっては、ITストラテジストは最適な仕事です。

ITストラテジストの転職先として考えられるのは?

一般企業のITストラテジストとして転職する

IT戦略が企業経営の重要な柱となっている現在、ITストラテジストを募集する一般企業は数多く、年収800万円以上で採用されるケースも少なくありません。外資系企業であれば、さらに高い給与で採用されることも可能です。

一般企業のITストラテジストとして転職し、IT戦略を成功させて昇進するというキャリアパスも、十分に考えられるでしょう。

ITストラテジストの市場価値は高い。将来はCIOなどへの道も開かれている

ITストラテジストは、企業の経営戦略をITの視点から練るという、企業経営と密接に結びついた職種です。つまり、企業のIT化が成功するかしないかは、ITストラテジストの力量にかかっていると言っても過言ではありません。

そのため、一般企業のITストラテジストとして転職すると、将来はCIO(Chief Information Officer/最高情報責任者)など、企業の幹部候補への道も開かれることになります。

企業のシステムの中で最も上流の工程に携わることで、社長や経営幹部などと深い関わりを持ち、やがて自らも経営幹部に参画していくという道筋です。

コンサルティングファームのITストラテジストとして転職する

コンサルティングファームのITストラテジスト(またはITコンサルタント)として転職し、さまざまな案件をこなし、スキルを積むのもひとつの方法です。ただし、コンサルティングファームによっては体調を壊すほどハードな業務を強いられるケースもあるので、転職にあたっては企業の内情をしっかりと調査した上で応募することが大切です。

ITストラテジストとして独立する

IT企業での豊かな経験と人脈を持つ人は、ITストラテジストとして独立するという方法もあります。独立する場合、この先ITストラテジストとして食べていけるかどうかは、顧客が付くか付かないかにすべてがかかっています。

つまり、顧客さえあれば何歳になっても続けることができますし、高収入を得ることも可能ですが、顧客が確保できなければ廃業せざるを得ないという厳しい世界です。自分にその裁量があるかどうかを、十分に見極めた上で、独立の計画を立てることが大切です。

ITストラテジストに転職するなら、転職エージェントの活用は必須!

ITストラテジストに転職するなら、転職エージェントの活用は必須と言えます。なぜなら、ITストラテジストの転職先は間違いなくハイクラス求人に位置するので、ハローワークなどで探すよりも、ハイクラス人材に特化した転職エージェントに相談する方が何倍も早道だからです。

また、ITストラテジストのようなハイクラス求人自体が、そもそも非公開の扱いになっているケースがほとんどです。「ビズリーチ」や「JACリクルートメント」「キャリアカーバー」などのハイクラス人材に特化した転職エージェントに登録することで、非公開の求人を紹介してもらうことができ、ヘッドハンターから企業のスカウトを受けることもできます。

また、ITストラテジストへの転職を考えるなら、IT関連の求人に特化した「レバテックキャリア」もできれば押さえておいた方が良いでしょう。

ITストラテジストへの転職にお勧めの転職エージェント

ハイクラス転職の草分け的存在、「ビズリーチ」

bizreach(ビズリーチ)

「ハイクラス転職と言えばビズリーチ」と言われるほど、高収入求人の代名詞的な存在となっているのが、「ビズリーチ」。

公開求人数10万件以上、登録ヘッドハンター数3,000人以上と、数の上でも堂々のトップに君臨しています。そのため、ITストラテジストへの転職を考えるなら、まずは登録しておきたい転職エージェントです。

ビズリーチは登録ヘッドハンターの人数が多いので、必然的に求人を紹介してもらえる確率も高くなります。ただし、ビズリーチの場合は無料で利用できるサービス以外に、一部有料のサービスもあります。

有料サービスを利用すると、すべてのスカウトに返信・応募ができ、秘匿性の高い求人に自分から応募することもできるようになります。しかし、無料サービスだけでも十分利用価値はあるので、「有料はちょっと」という人は無料サービスに登録しておくと良いでしょう。


リクルート系のハイクラス転職エージェント「キャリアカーバー」

CAREER CARVER(キャリアカーバー)

「キャリアカーバー」は、リクルート系のハイクラス転職エージェントです。そのため、元々リクルートエージェントなどで働いていたキャリアコンサルタントも多く、コンサルタントの質は全体的に高めです。

ヘッドハンターの数はビズリーチに比べて半分以下ですが、リクルートが関わっているので案件数自体はけっして少なくなく、一部有料サービスのあるビズリーチと違って利用料は完全無料です。

また、キャリアカーバーはヘッドハンターのプロフィールを参考にして、ITストラテジストの転職に強いヘッドハンターを自ら選ぶこともできます。


IT関連の求人に特化した「レバテックキャリア」

レバテックキャリア(levtech-career)

「レバテックキャリア」はIT関連の求人に特化した転職エージェントとして、4,000件以上の求人登録数を持っています。

IT業界に特化しているだけあって、キャリアコンサルタントのアドバイスも専門的で、企業のことをよく調べているために社風や開発方針にも詳しいという特徴があります。

また、レバテックキャリアは応募する企業ごとに採用試験に向けてのアドバイスをしてくれるので、内定率が高いという傾向もあります。キャリアコンサルタントのサポートがしっかしており、ITストラテジストとして転職して大幅年収アップも図ることも可能です。


ITストラテジストへの転職に関するまとめ

IT業界の職業の中で最高峰の職種のひとつである、ITストラテジストについてご紹介しました。ITエンジニアは他職種に比べて年収が高い一方で、自己研鑽に努めないと40代以降になってから職を失ってしまうという、厳しい現実もあります。

そういう意味で、20代・30代といった早い時期から自分自身のキャリア形成を考え、ITストラテジストのような揺るぎないキャリアの確率を目指すことは、ITエンジニアにとってマストの課題と言えるでしょう。

関連記事

転職支援実績が豊富な転職エージェント・転職サイト3選

ITエンジニア専門!首都圏で高年収、高待遇の優良求人を提供する転職サービス TechClipsエージェント

総合評価 4.7
求人の質 5.0
サポート 4.5
スタッフ 4.5
  • 給料UP率高
  • ハイクラス求人
  • IT専門
公開求人数 - 非公開求人 非公開 対象年代 20代~40代のITエンジニア 対応地域 首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)
年収UP率 非公開 得意職種
  • ITエンジニア
エンジニア経験が数年ある方は年収アップの見込みあり!

TechClipsエージェントはIT/Web系のエンジニア専門に特化した転職支援サービスです。在籍する現役エンジニアが転職支援しているため企業への推薦力・給料交渉力が高く、内定率も高いのが特徴。求人の82%が年収500万円以上の募集で、紹介先企業は事業会社(元請け)に特化しているため年収UP実績も豊富です。

IT・Web業界で転職するならdodaエンジニアITの転職支援サービスがお勧め! DODA(デューダ)エンジニアIT

総合評価 4.8
求人の質 4.5
サポート 4.8
スタッフ 4.7
  • 全国対応
  • 正社員
  • 未経験OK
  • フリーター歓迎
  • 女性
  • 非公開求人多数
  • 給料UP率高
  • IT専門
公開求人数 13,491件 非公開求人 30,000件 対象年代 全年齢 対応地域 全国対応
年収UP率 やや高い 得意職種
  • ITエンジニア
業界最大手が提供するITエンジニア/クリエイターのための転職支援サービス

DODAエンジニアITは、業界ごとの専門職の求人がまとめられているため、クリックひとつで希望業種の求人情報を探せます。また、公開求人情報だけでは満足できない場合や、一人での転職が不安な場合はキャリアアドバイザーによる転職支援サービスを受けることが可能です。エンジニア・クリエイター職の非公開求人が30,000件以上あるのもお勧めポイントです。

リクらくエンジニアは未経験に強い転職エージェント リクらくエンジニア

総合評価 4.0
求人の質 4.0
サポート 4.0
スタッフ 4.0
  • 未経験OK
  • フリーター歓迎
  • 女性
  • 給料UP率高
  • IT専門
公開求人数 - 非公開求人 10,000件 対象年代 20代・未経験 対応地域 首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)
年収UP率 78% 得意職種
  • ITエンジニア
未経験でもIT業界に転職できる!20代でエンジニア希望の方にオススメ!

リクらくエンジニアは、20代のIT業界未経験者を主に転職支援している転職エージェントです。利用者の80%がエンジニア未経験にもかかわらず、手厚いサポートで高い内定率を実現しています。web・ゲーム系の企業とのパイプが強く、未経験からの転職成功者を多く生み出しています。20代でITエンジニア希望なら絶対オススメできる転職エージェントです。

都道府県別おすすめ転職エージェントを利用して納得の転職を

こちらの記事も読まれています

特集記事