職種別 OCCUPATION

忍者の仕事へ転職するには?気になる年収と人手不足と言われているninja人材市場の実情

更新日:2018.11.9
公開日:2018.7.25

忍者が人手不足!」そんなショッキングなニュースが流れています。忍者といえば、“日本版CIA”のような謎めいた存在として、海外から注目を浴びている超人気者。「せっかく日本に旅行するなら、ひと目忍者が見たい」と考える外国人旅行者はたくさんいるのですが、その人気絶頂なはずの忍者が人手不足というのは、何とも哀しい話です。

いったいなぜ、忍者は人手不足に陥ってしまったのでしょうか?そして忍者の転職先にはどんなところがあって、年収はいったいいくらぐらいなのでしょうか?切実なninja人材市場の実情について、ご紹介したいと思います。

忍者ブームとは裏腹に、忍者に転職する人が集まらない現実

忍者の人手不足に驚く前に、「忍者なんて、そんな転職先があったのか!?」とビックリする人もいるかもしれませんね。日本に住んでいる人なら、この時代に本物の忍者がいないことぐらいは、誰でも知っています。

ところが、世はまさに世界的な忍者ブーム!日本忍者協議会が2017年3月に実施した調査によると、「現在も忍者がいる」と信じている外国人は、何と6割にも上るそうです。「そんなバカな」と思うかもしれませんが、日本人が海外を知らないように、海外の人にとっても日本は未知の世界なのでしょう。

そんなわけで、日本を訪れる外国人は、皆あこがれの“忍者ショー”をとても楽しみにしています。その波に乗って、「忍者で町おこしをしよう!」と考える観光地や自治体も多く、忍者の需要はどんどん増えるばかりです。

ところが、肝心のショーでアトラクションを演じる忍者たちはというと、これが情けなくなるほどいない!「現役の忍者がいないなら、忍者に転職したい人を募集しよう」としても集まらず、人手不足に悩む業者や団体同士で、壮絶な忍者争奪戦が繰り広げられているのが現実です。

忍者として転職できるのは、いったいどんなところ?

では、実際に忍者として転職できるのは、いったいどんなところなのでしょうか?「登別伊達時代村」や名古屋城の「忍者隊」のようなメジャーどころをはじめ、日本の各地にさまざまな忍者の転職先があります。

「登別伊達時代村」のように一生懸命募集をかけているところもあれば、正式に採用募集をしていないところもありますが、何しろ人手不足は間違いないので、「忍者になりたい」という人は直接連絡してみると良いでしょう。

登別伊達時代村

忍者ショーで一番有名なのが、北海道にある「登別伊達時代村」です。忍者屋敷での忍者ショーや、忍者砦での野外アトラクションショーなどをやっていて、あこがれの忍者をひと目見るために、世界各国からたくさんの観光客が訪れます。

しかし、日本を代表する忍者村でも人手不足は深刻で、「忍者アクション俳優 大募集中」というタイトルで転職者を求める動画を流すなど、一生懸命募集をかけてはいるものの、なかなか人が集まりません。それと逆行するように、外国人観光客の増加で1日4回の公演は6回に増加。10人もいない忍者が必死になって対応しているのが現状です。

愛知県 徳川家康と服部半蔵忍者隊

2015年に愛知県のPRを目的に結成されたのが、「徳川家康と服部半蔵忍者隊」です。毎日名古屋城で忍者隊がおもてなしをしてくれて、土日祝日には忍者ショーも観られるというものです。

“勤務地は世界。拠点は名古屋城、セントレア”というキャッチフレーズで、忍者のオーディションも行い、メディアにも大々的に取り上げられました。忍者隊を監修しているのは忍者研究の世界的権威者で、本物の忍者としての知識や振る舞い・パフォーマンスを身につけて、世界一の忍者を作るという高い目標があります。

まさに日本を代表する忍者として活躍できる忍者隊ですが、雇用期間1年の契約社員と、契約内容はなかなかシビア。休日も週1日以上と、週休2日ではありません。忍者の転職者を募るには、ちょっと条件的に厳しいかも…。

2016年に忍者隊の新メンバーを募集したときには、自治体が月給制で忍者を募集するという安定感もあり235人もの応募がありました。しかし、2017年の応募者は何と22人に激減。忍者をテーマにした施設が増えたのが、人手不足の原因とか。忍者の転職者は取り合いの状態なのですね。

元祖忍者村 肥前夢街道

佐賀忍者で知られる九州の嬉野に、「元祖忍者村 越前夢街道」があります。ここは、まさに忍者による、忍者体験のための施設という感じです。からくり忍者屋敷での「忍者ショー」や、子どもたちが忍術を楽しく学べる「ちびっこ忍者アカデミー」など、さまざまなイベントを行っています。

実は元祖忍者村も、「忍者が足りない!」と切実に悩んでいて、未経験OKで忍者の転職者を募集しています。応募資格には、「忍者に興味があり、厳しい修行にも耐えられる方」と書かれています。“厳しい修行”という部分に引っかかる人もいるかもしれませんが、それだけ本気で忍者として育ててくれるということでもあります。

忍者だから、忍者の仕事だけしていればいいかというと、そうではありません。忍者の仕事には、ショーの出演だけでなく、受付や園の管理・清掃なども含まれています。忍者ショーのときも、演技をしながら音響や照明をこなすなど、まさに八面六臂の大活躍!

ヘトヘトになって寝ても、次の日の朝にはお客さんの泊まる旅館に行って、営業活動をしなければなりません。思わず忍者に同情してしまいますが、これでは忍者の転職者が集まらないのも、無理はないかもしれません。

伊賀忍者「阿修羅」

忍者として国内各地で数々のイベントを開催し、台湾・ブラジルなど海外でも活躍しているのが、伊賀忍者「阿修羅」です。“本家の伊賀流忍者として国内外で活躍できる”というキャッチフレーズで、伊賀忍者を募集しています。本物の忍具を使って忍者の技を伝承しているのも、阿修羅の大きな特徴です。

江戸ワンダーランド日光江戸村

日光にある大型レジャーランド「江戸ワンダーランド日光江戸村」には、江戸時代のさまざまな体験ができるプログラムがあり、忍者体験もそのひとつ。芸達者な江戸人の忍者が、楽しく忍者修業を盛り上げます。求人募集のキャッチフレーズは、「江戸人、大募集」。忍者はもちろん、侍や南京玉すだれの大道芸人など、施設内には江戸の風情を感じるさまざまな住人たちがいます。

手裏剣道場 新宿忍者からくり屋敷

地方だけでなく、東京都心にも忍者の転職先はあります。新宿歌舞伎町に、体験型の忍者スポット「手裏剣道場 新宿忍者からくり屋敷」があり、外国人旅行客や忍者ファンで賑わっています。屋敷内では、忍者がお客様と一緒に手裏剣投げや剣術体験・からくり探しなど、さまざまなアトラクションを行います。

野人流忍術「野忍」

東京・あきるの市の山里に、かつて戦国時代に実際に忍者が活躍していた場所があり、そこで“現代に活用できる忍術”をコツコツと伝えているのが、野人流忍術「野忍」です。「忍術体験プログラム」「忍術修行プログラム」の2種類があり、海外の要人もお忍びでやってくるとか。

忍者に転職したら、いったいいくらぐらい給与をもらえる?

忍者と日の丸

忍者への転職を考える上で、最も気になるのが、「忍者に転職したらいったいいくらぐらい給与をもらえるのか?」ということです。どんなに好きな仕事でも、生活が成り立たなければ続けられません。

ネット上で「忍者の年収は945万円なのに人手不足」というビックリな情報が飛びかいましたが、その後フェイクニュースだったことがわかりました。いくら忍者の仕事がきつくても、900万円以上もらえたら、転職者が集まらないわけはないですよね!では実態はというと…。どうやらそれとはかけ離れた数字のようです。

忍者の世界は上忍(指導者)・中忍(ベテラン演者)・下忍(見習い)の3段階に分かれています。未経験から転職した場合は、当然下忍からスタートしますが、その際の毎月のお給料は約20万円、平均年収は280万円です。

たとえば登別伊達時代村や、愛知県の忍者隊の求人募集では、毎月のお給料は18万円~22万円前後。ボーナスは別途支給されるので、ボーナスが2ヶ月分と考えると、約280万円が忍者の年収ということになります。

では、忍者の指導者やベテラン演者になったらいくらもらえるのかというと、上忍が年収360万円~400万円、中忍は年収280~330万円です。

忍者の転職者がいない!人手不足なのは年収が安いから?

「忍者の年収は、そんなに少ないの?」と思った人も、いるかもしれませんね。独身時代は何とかなるとしても、結婚後に年収280万円となると、家族を持って生活していくのには相当厳しいものがあるでしょう。

忍者の転職者がいなくて人手不足なのは、このように年収が安いのも大きく影響しています。これがバブル期だったら「年収のことは考えずに、忍者の夢をかなえたい」と考える人もいましたが、今は堅実な若者が多く、なかなか年収の低い忍者業に手放しで飛びつく人はいません。

忍者が人手不足に陥った原因として、トレーニングの過酷さも挙げられます。忍者にあこがれる外国人は、動画などを通して忍者の素晴らしいシーンを観ているので、当然要求も高くなっています。それに応えるには、かなり高度な技術をマスターしなくてはなりません。

しかし、どんなに厳しいトレーニングを積んでも、お客さんはそれよりも高いものを求めます。そうなるともう、忍者としては「これだけがんばっているのに、お客さんは満足しないし、年収は少ないし。やってられない!」という気持ちになってしまうというもの。

忍者は“謎のヒーロー”だからこそ、お客さんとしては「ブラボー」と言いたくなる場面を見たいのでしょうが…。忍者も生身の人間なので、そこは辛いところでしょう。

ninjaブームの火付け役となった、アニメ「NARUTO」

忍者文字

忍者の転職者がなかなか集まらず、深刻な人手不足に悩む忍者の世界ですが、そもそもなぜ忍者はこんなにも人気になったのでしょうか?アメリカのninjaブームのきっかけとなったのは、1980年代に公開された映画「燃えよninja」でした。その後、1987年から「ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートル」というタイトルの忍者アニメが登場し、2012年まで25年も続くロングセラーとなりました。

そして、さらに極めつけとなったのが、日本のアニメ「NARUTO」です。日本でも大人気となったNARUTOでしたが、欧米での人気はそれ以上にものすごいものがあり、日本忍者の存在はNARUTOによって不動のものとなりました。

欧米の人々にとって、日本の忍者は、永遠にあこがれの存在として映っているようです。日本人がアメリカにしばらく住んでいると、必ず誰かから「ninjaは今もいるのか?」と聞かれるほどとか。日本では「SASUKE」(旧筋肉番付)として親しまれているスポーツエンターテイメント番組も、アメリカでは「Ninja Warrior」というタイトルで、大人気を博しているようです。

何しろものすごい、海外の忍者人気!日本も一日も早く忍者の転職者を増やして、忍者人気を盛り上げたいものです。

忍者の転職に関するまとめ

忍者の深刻な人手不足についてお話してきましたが、いかがでしたか?「日本人として、忍者を何とか増やしたい」「忍者が可哀そう過ぎる」と感じた人も、少なくないでしょう。しかし、考えてみれば景気が低迷するいまの時代にあって、人手不足に悩むほどたくさんの需要があるということは、すごく羨ましいことなのかもしれません。

忍者は日本文化にとって無くてはならない、永遠のヒーロー。それを残し、世界に広めようとすることは、日本人としての義務でもあるでしょう。もう少し給料などの条件が改善されたら、「忍者になりたい!」と手を挙げる転職者も増えてくるかもしれません。

転職支援実績が豊富な転職エージェント・転職サイト3選

転職満足度No.1!業界トップクラスの転職支援サービス DODA(デューダ)

総合評価 4.8
求人の質 4.5
サポート 4.8
スタッフ 4.7
  • 全国対応
  • 正社員
  • 未経験OK
  • フリーター歓迎
  • 女性
  • 非公開求人多数
  • 給料UP率高
  • スカウト
公開求人数 43,934件 非公開求人 131,280件 対象年代 全年齢 対応地域 全国対応
年収UP率 やや高い 得意職種
  • ◎全業種
  • 営業
  • 企画
  • 事務
  • ITエンジニア
  • 金融系
  • コンサルタント
業界最大級の非公開求人!転職者満足度No.1の転職エージェント

DODAの魅力は圧倒的な求人数と満足度の高さ。全国で10万件以上の求人は転職できる可能性を高めてくれます。また、DODAのキャリアアドバイザーは業界ごとのスペシャリストです。特定分野への転職に親身に相談に乗ってくれます。

年収1,000万円を超える求人多数!ハイクラス向け転職エージェント ビズリーチ

総合評価 4.5
求人の質 4.9
サポート 4.6
スタッフ 4.7
  • 全国対応
  • 正社員
  • 非公開求人多数
  • 給料UP率高
  • ハイクラス求人
  • スカウト
公開求人数 89,000件 非公開求人 非公開 対象年代 30代~50代の男女 対応地域 全国+海外
年収UP率 高い 得意職種
  • ◎全業種
  • ITエンジニア
  • 金融系
年収600万円以上の方に大人気!高収入の転職希望者は登録しておこう

ビズリーチの特徴は何といっても豊富な高収入求人。年収が500万円以下の求人はほとんどなく、年収1000万円超えの求人も豊富です。忙しい人には大企業から直接声がかかるスカウト制度もあり、忙しい中で効率的に転職活動を行いたい人にもおすすめできます。

リクらくは学歴・職歴に自信がない20代を正社員にした支援実績多数あり リクらく

総合評価 4.4
求人の質 4.0
サポート 4.6
スタッフ 4.6
  • 正社員
  • 未経験OK
  • フリーター歓迎
  • 女性
  • 給料UP率高
公開求人数 - 非公開求人 2,000件 対象年代 20代・フリーター・既卒第二新卒 対応地域 東京・神奈川・千葉・埼玉
年収UP率 未経験OKの高年収求人多数! 得意職種
  • ◎全業種
絶対に就職・転職を成功させたい20代は、リクらくがオススメ!

リクらくは、20代に特化した転職エージェントです。そのため、20代までの学歴・職歴不問の未経験歓迎求人がほぼ全求人となっており、スキルや経験に自信がない方でも正社員の内定を取れます。今まで正社員になれなかったフリーターの方など、20代には絶対オススメできる転職エージェントです。

都道府県別おすすめ転職エージェントを利用して納得の転職を

特集記事

都道府県別転職エージェント