職種別 OCCUPATION

公務員への転職を成功させるためのポイントと、お勧めの転職エージェント

更新日:2018.11.9
公開日:2018.7.10

いまや大企業でも安泰に働けない時代、公務員への転職を考える人は、少なくないのではないでしょうか?ただし、公務員はいまや大人気の職種。新卒で公務員になるのも大変ですが、他の企業で働いていた人が中途採用で公務員になるのは、もっと大変です。

しかし、いったん転職を成功することができれば、公務員ほど安泰な職種も他にありません。では、いったいどうすれば公務員への転職を果たすことができるのでしょうか?

そもそも、公務員への転職は何歳までOK?

いくら公務員への転職を目指しても、そもそも年齢制限から外れていたら、試験すら受けられません。「求人募集をかけるときに年齢制限を設けるのは、国で禁止されているから、公務員への転職にも年齢制限はないのでは?」と思っている人もいるかもしれませんが、残念ながらそれは間違いです。

公務員への転職には、ほとんどの場合年齢の上限が設けられており、最も多いのは「30歳未満」です。まれに「32歳未満」や「35歳未満」もあり、中には年齢制限がない場合もありますが、日本の中の公務員の多くは20代までと思っておいた方が良いでしょう。

「大学を卒業して一般企業に就職したけれど、やっぱり生活の安定を考えると公務員に転職したい」といった人が、公務員の中途採用者の大半といったところでしょうか。

30歳を過ぎると、もう公務員には転職できない?

「では、自分はもう32歳だから、もう公務員にはなれないのか?」と肩を落としてしまった方もいるかもしれませんが、まだあきらめる必要はありません!公務員募集の中には、実は30歳以上でも転職できるところがあるのです!

30歳以上の公務員志望者の救世主、「社会人経験者採用枠」

「もう30歳を過ぎてしまったから、公務員への転職は無理」と思っている人はご安心を!地方公務員を募集している自治体の中には、最近“社会人採用枠”(民間企業職務経験者採用枠)を設けているところが増えてきているのです。

この社会人経験者採用枠(民間企業職務経験者採用枠)は10年ほど前から少しずつ増えてきたのですが、いまでは都道府県の政令市の8割以上が社会人経験者採用枠(民間企業職務経験者採用枠)を設けています、まさに、30歳以上の公務員志望者の救世主的な存在といえるでしょう!

しかも30歳どころか、公務員に転職できるチャンスは40代・50代にも開かれています。社会人経験者採用枠(民間企業職務経験者採用枠)に受験できる年齢は、59歳までという自治体もあり、60歳が定年と考えると事実上年齢制限はないと思って良いでしょう。

たとえば千葉県の2018千葉市職員募集では、“最低1か所で4年以上継続して就業していた期間が必要”という条件で、民間企業職務経験者採用枠を募集しました。

募集内容は、事務職として「行政」「情報」、技術職として「土木」「建築」「電気」「機械」「造園」、行政の資格免許職として「保育士」「獣医師」「薬剤師」です。募集人数は、行政と保育士が5人と多く、土木は4人、それ以外は若干名(1~3人)でした。

「地方上級の一般枠」なら、30代でも受けられる

公務員に「国家公務員」と「地方公務員」があるのは、ご存知の方も多いでしょう。国家公務員には総合職・一般職・専門職があり、地方公務員には上級・中級・初級があります。

その地方公務員の上級職の中の“一般枠”であれば、自治体によっては30代でも転職を受け付けるケースがあります。中には30代後半でも受けられる自治体があるので、要チェックです。        

地方公務員試験の年齢上限が最初から高い自治体もある

地方公務員は国家公務員と違い、地方公務員試験の年齢上限が最初から高い自治体も数多くあります。

【年齢上限】36歳まで 徳島県、静岡県伊豆の国市、北海道北広島市
【年齢上限】37歳まで 大分県竹田市
【年齢上限】39歳まで 山形県、長崎県五島市、岐阜県郡山市・羽島市
【年齢上限】40歳まで 愛知県常滑市、神奈川県大和市
【年齢上限】45歳まで 徳島県三好市
【年齢上限】59歳まで 神奈川県秦野市、茨城県牛久市、富山県氷見市、三重県いなべ市、佐賀県武雄市、岡山県瀬戸内市

このほかにも30歳~35歳の間で年齢制限を設けている自治体はたくさんあるので、30歳以上の人は、まずは地方公務員の年齢制限を調べてみるのも一つの方法です。

公務員への転職を成功させるポイントとは?

「自分はなぜ転職したいのか?」を、明確にしておく

公務員への転職を考える上で最も重要なことは、「自分はなぜ公務員に転職したいのか?」を明確にすることです。それはなぜかというと、転職の目的を曖昧な状態にして公務員になってしまうと、後から「こんなはずじゃなかった」と後悔することになるからです。

「毎日残業ばかりで疲れたので、いっそのこと公務員になって楽をしたい」「公務員になれば絶対に倒産しないから、食いっぱぐれが無い」というような考えで公務員の道を選んでしまうと、意外に大変でギブアップしてしまうケースも少なくありません。

転職の目的を明らかにすることは、応募書類の作成や面接の際にも大いに役に立つので、必ずやっておきましょう。

公務員がどんな仕事をする職種なのかを、具体的に知っておく

また、公務員というのがどんな仕事なのか、どんな気持ちで仕事に臨んだらいいのかを、具体的に知っておくことも非常に重要です。

民間企業でバリバリと働いていた人が公務員になると、ルーティンワークばかりの日々に嫌気がさして、働く気力を失ってしまう場合もあります。これは、あらかじめ転職の試験を受ける先でどんな仕事をするのかを調べていれば、防げたことです。

公務員は、民間企業のように利益を追求する仕事ではなく、国家公務員なら国民のため、地方公務員なら所属する都道府県や市町村に住む人々のために尽くす仕事です。「公務員は保障が厚い」と言われますが、その分責任も重く、ストレスが溜まることもあります。震災などの大災害が起これば、家族を置いてでも公共のために身を捧げなければなりません。

こうした公務員の仕事の実態を把握した上で、「それでも自分は公務員になりたい」と思えるかどうかを、しっかりと見極めておくことが大切です。「国民(県民・市民など)のために尽くしたい」という強い気持ちがあることによって、はじめて面接でも評価されることになるのです。

ただし、「〇〇市を変えていきたい!」といった大志を抱いて転職をしても、その仕事が勤め先で実現するとは限りません。事なかれ主義の上司がいた場合はそうなる可能性も高く、何もできないことに落胆して退職などということにならないよう、夢と現実の違いも認識しておく必要があるでしょう。

希望する公務員の職種が、どの程度の忙しさなのかを把握しておく

公務員への転職を考える人の中に、「公務員は早く帰れて楽だから」と勘違いしている人もいるのですが、公務員が9時5時で帰れるから羨ましいと言われていたのはひと昔前のことです。今は公務員も少ない人数で毎日夜遅くまでがんばっている部署がたくさんあり、「早く帰れると思ったらとんでもない!毎日深夜まで残業でもう辞めたい」と嘆く人もいます。

地方の役所などでは、毎日定時に帰れるケースもありますが、そういう職場ばかりではありません。たとえば昼間は現場の仕事に忙殺され、夜から書類の整理や資料作成などを行っている部署は、残業が慢性化している傾向があります。

健康管理のためにも、また家族との時間を確保するためにも、残業時間がどれぐらいあるかを把握することはとても重要です。特に公務員は定年まで勤めることが前提なので、なおさらです。自分が希望する公務員の職種がどの程度の忙しさなのかを、実際に勤めている人に聞いたり、転職口コミサイトで調べるなど、何らかの方法でチェックしておきましょう。

公務員の転職先を探すなら、転職エージェントの“スカウト機能”を利用できる!

さて、公務員の転職先を探すにあたって、いったいどのような方法で探していますか?どんな募集があるのかは、国家公務員なら人事院のホームページにある「国家公務員試験採用情報NAVI」を見ればすぐにわかるのですが、地方公務員は各県や市区町村がそれぞれに募集を出しているので、すべてを一ヶ所で把握することができません。

そうなると、「近隣の自治体のホームページを見て確認する」というような方法になるのですが、それもなかなか煩雑な作業なので、見落としてしまう場合もあるでしょう。

実は、意外にも転職エージェントに登録すると、スカウト機能を使って公務員の募集を知ることができるのです。「転職エージェントは企業の紹介だけだから、関係ないでしょう?」と思っている人も多いのですが、そうではありません。

「リクルートエージェント」や「マイナビエージェント」「DODA」などの大手転職エージェントに登録し、スカウト機能の希望職種に“公務員”を設定すると、該当する公務員の募集がかかったときにメールでお知らせを送ってもらえます。

「公務員に転職しようか?それとも一般企業がいいか?」と悩んでいる人は、両方の職種からスカウトをもらうこともでき、より広い視野から転職活動を行うことができます。

求人数が圧倒的に多い「リクルートエージェント」

求人案件総数・内定決定数が国内最大級! リクルートエージェント

公開求人数 37,553件
非公開求人数 166,267件
対象年代 全年代
対応地域 全国+海外
年収UP率 61%
得意職種 営業 企画 事務 ITエンジニア 建築土木 化学食品 医療系 金融系 コンサルタント
全国の企業との太いパイプ!独占求人80%の大手転職エージェント!

数ある転職エージェントの中でも、求人数が圧倒的に多い「リクルートエージェント」は、公務員の転職を考えている場合でも登録必須です。

転職サイト「リクナビNEXT」の公式ページを開くと、TOP画面の中央あたりに「スカウト登録」の項目があります。公務員の求人情報を送ってもらうためには、このスカウト機能を使います。スカウトに登録するためには、新規会員登録が必要なので、氏名・住所・生年月日・職務経歴などの詳細情報を入力して会員登録をします。

そして希望職種に「公務員」を選び、公務員として転職したい地域を選択すると、その条件に合った公務員の求人募集があれば、メールを通してリクナビから連絡をもらうことができるという仕組みです。

「マイナビエージェント」にもできれば登録を

20~30代の転職成功率No.1!非公開求人のみのマイナビエージェント マイナビエージェント

公開求人数 6,544件
非公開求人数 21,388件
対象年代 全年齢
対応地域 全国対応
年収UP率 やや高い
得意職種 営業 企画 事務 ITエンジニア 金融系 コンサルタント
20代に最も支持されている転職エージェント!独占求人80%

リクルートエージェントに次ぐ大手転職エージェントとして知られているのが、「マイナビエージェント」です。マイナビといえば、転職フェアなどで名称を聞いたことがある人も多いでしょう。リクルートエージェントだけでなく、マイナビエージェントにも登録しておくと、リクルートエージェントでこぼれてしまった公務員募集を拾える可能性があります。

「公務員の募集なんて、本当に転職エージェントで知ることができるの?」と思う人は、たとえば転職サイトの「マイナビ転職」の公式ページを開き、「職種を選ぶ」をクリックしてみましょう。「公共サービス」を選んで、「公務員・警察・消防・自衛隊」にチェックを入れ、選択項目を確定します。そして「検索する」をクリックすると、いくつか公務員募集が出てくるかと思います。

マイナビからスカウトメールをもらうには、やはりリクナビと同じように詳細情報を入力した上で、スカウト登録を希望する必要があります。

キャリアコンサルタントに相談をするなら「DODA」

転職満足度No.1!業界トップクラスの転職支援サービス DODA(デューダ)

公開求人数 43,934件
非公開求人数 131,280件
対象年代 全年齢
対応地域 全国対応
年収UP率 やや高い
得意職種 ◎全業種 営業 企画 事務 ITエンジニア 金融系 コンサルタント
業界最大級の非公開求人!転職者満足度No.1の転職エージェント

リクルートエージェントやマイナビエージェントに続く大手転職エージェントといえば、「DODA」です。公務員への転職を考えていても、「公務員試験に落ちたらどうするか?」「そもそも自分は公務員に向いているのか?」といった不安や悩みを抱えている人もいるでしょう。

そんなときは、サイト上でDODAに登録するだけでなく、実際に会社に赴いてキャリアコンサルタントのアドバイスを受けることをお勧めします。DODAのキャリアコンサルタントは丁寧な対応で定評があり、面談や電話で親身になってアドバイスをしてくれます。

履歴書・職務経歴書の書き方チェックや、面接のためのサポートなども受けられるので、積極的に利用すると良いでしょう。

公務員の転職に関するまとめ

長い不況を経験してから、日本では公務員を目指す人がとても増えてきました。そのため公務員の採用試験は非常に厳しく、「在職中に受けるのは難しいから」と、退職してから公務員受験の専門学校に通う人もいるほどです。

公務員への転職を考える人は、「公務員になることしか考えられない」とその道1本でいくのではなく、他の一般企業への転職も視野に入れるなど、ある程度の幅を持たせて転職を考えることも必要でしょう。

転職支援実績が豊富な転職エージェント・転職サイト3選

転職満足度No.1!業界トップクラスの転職支援サービス DODA(デューダ)

総合評価 4.8
求人の質 4.5
サポート 4.8
スタッフ 4.7
  • 全国対応
  • 正社員
  • 未経験OK
  • フリーター歓迎
  • 女性
  • 非公開求人多数
  • 給料UP率高
  • スカウト
公開求人数 43,934件 非公開求人 131,280件 対象年代 全年齢 対応地域 全国対応
年収UP率 やや高い 得意職種
  • ◎全業種
  • 営業
  • 企画
  • 事務
  • ITエンジニア
  • 金融系
  • コンサルタント
業界最大級の非公開求人!転職者満足度No.1の転職エージェント

DODAの魅力は圧倒的な求人数と満足度の高さ。全国で10万件以上の求人は転職できる可能性を高めてくれます。また、DODAのキャリアアドバイザーは業界ごとのスペシャリストです。特定分野への転職に親身に相談に乗ってくれます。

年収1,000万円を超える求人多数!ハイクラス向け転職エージェント ビズリーチ

総合評価 4.5
求人の質 4.9
サポート 4.6
スタッフ 4.7
  • 全国対応
  • 正社員
  • 非公開求人多数
  • 給料UP率高
  • ハイクラス求人
  • スカウト
公開求人数 89,000件 非公開求人 非公開 対象年代 30代~50代の男女 対応地域 全国+海外
年収UP率 高い 得意職種
  • ◎全業種
  • ITエンジニア
  • 金融系
年収600万円以上の方に大人気!高収入の転職希望者は登録しておこう

ビズリーチの特徴は何といっても豊富な高収入求人。年収が500万円以下の求人はほとんどなく、年収1000万円超えの求人も豊富です。忙しい人には大企業から直接声がかかるスカウト制度もあり、忙しい中で効率的に転職活動を行いたい人にもおすすめできます。

リクらくは学歴・職歴に自信がない20代を正社員にした支援実績多数あり リクらく

総合評価 4.4
求人の質 4.0
サポート 4.6
スタッフ 4.6
  • 正社員
  • 未経験OK
  • フリーター歓迎
  • 女性
  • 給料UP率高
公開求人数 - 非公開求人 2,000件 対象年代 20代・フリーター・既卒第二新卒 対応地域 東京・神奈川・千葉・埼玉
年収UP率 未経験OKの高年収求人多数! 得意職種
  • ◎全業種
絶対に就職・転職を成功させたい20代は、リクらくがオススメ!

リクらくは、20代に特化した転職エージェントです。そのため、20代までの学歴・職歴不問の未経験歓迎求人がほぼ全求人となっており、スキルや経験に自信がない方でも正社員の内定を取れます。今まで正社員になれなかったフリーターの方など、20代には絶対オススメできる転職エージェントです。

都道府県別おすすめ転職エージェントを利用して納得の転職を

特集記事

都道府県別転職エージェント