看護師が企業に転職するメリット・デメリットや転職を成功させるためのポイントを解説!

更新日:2020.7.6

病院の看護師として働いていたけれど、病院よりも企業に転職したい」と考える人もいます。

でも、ほんとのところ、看護師さんが企業に転職するメリットはあるのでしょうか?企業への転職成功のポイントについても、ご紹介します!

企業の看護師には、こんな仕事がある

ひと言で「企業の看護師」と言っても、下記のようにさまざまな仕事があります。仕事内容もかなり違うので、転職を考える場合は自分の適性をよく考えて選ぶ必要があるでしょう。

医務室や健康相談室の産業保健師

社員の病気や怪我に対応し、健康診断の実施・サポートを行う仕事

規模の大きい企業の多くは、社内に医務室や健康相談室を設けていいます。そこで産業医と共に働いているのが、「産業保健師」という職種です。

看護師の資格のほかに保健師の資格をもっている人は、この産業保健師の仕事に就くことができます。

産業保健師の仕事内容は職場によってさまざまですが、基本的には医務室で社員の病気や怪我の対応をしたり、健康診断を実施して診断後のサポートを行うといった仕事がメインです。

土日休み・残業なしの人気職種

企業の社員の健康を守る仕事なので、重病の患者さんを扱うことはほとんどなく、土日が休みで残業もほとんどありません。正社員として採用されれば、給与も定年までそれなりに保証されます。

そのため、子育てをしながら仕事をするには最適な職種ですが、それだけに希望者はとても多く、それに対して求人はごく僅かというのが現実です。

欠員募集を何とか見つけ、心して採用試験に臨むことが大切

産業保健師の求人が発生するのは、新会社の設立でもない限り、ほとんどが欠員募集です。

そのため、募集から採用までの期間が短いケースが多く、企業の採用担当者も「早く後任を決めなければ」と思って知り合いに聞いたり、信頼できる転職エージェントに頼んだりといったパターンになることが多くなります。

産業保健師への転職を考える人は、そういった求人の流れを察知して、少ない求人をキャッチする努力が必要です。

応募書類対策や面接対策もしっかりと行い、心して採用試験に臨みましょう!

メンタルヘルス・マネジメント検定などの資格もあると有利

また、最近はメンタル面で悩みをかかえる社員もとても多く、産業医がうつ病などの相談に応じるケースも増えています。

そうした観点から、メンタルヘルス・マネジメント検定などの資格を取っておくと、採用の際に有利に働くかもしれません。

治験コーディネーター(CRC)

治験のコーディネートを行う仕事

企業で働く看護師の仕事に、「治験コーディネーター」(Clinical Research Coordinator/CRC)という仕事があります。看護師の資格があれば、未経験でも治験コーディネーターに転職することができます。

製薬会社が新薬を開発する際に、「治験」と呼ばれる臨床試験を行いますが、その治験の調整役を行うのが治験コーディネーターの仕事です。

医師や製薬会社の人など、さまざまな人たちと関わりながら進めていく、やりがいのある仕事です。薬や疾患の知識も深めることができ、確かなキャリアを積むこともできるでしょう。

今後ますます高まる治験コーディネーターの需要

超高齢化社会に突入し、QOLを高めるためには新しい治療法を開発する必要があり、治験コーディネーターの需要はますます高まることが予測されます。

国も治験の活性化には積極的で、治験コーディネーターとしての経験を積むことは、将来に向けての確かなキャリア形成にもつながるでしょう。CRC認定制度を取得することも、キャリアアップに役立ちます。

病院に直接雇用されるケースと、SMOに所属するケースがある

治験コーディネーターの転職先としては、院内治験コーディネーターとして病院に直接雇用されるケースと、治験施設支援機関(SMO)に所属し、そこから病院や製薬会社などに派遣されるケースがあります。

最も多いのは、SMOに所属するケースです。ひとつの治験が終わるまでには3ヶ月~1年ほどかかり、その間は同じ医療施設に通い続けることになります。

臨床開発モニター(CRA)

治験が法律やルールを守っているかを確認する仕事

「臨床開発モニター」(Clinical Research Associate/CRA)は、医療機関などで行う治験が法律やルールを守って行われているかどうかを確認する仕事で、主な転職先は製薬会社などです。

治験を実施する医療機関などを訪問し、担当の医師や被験者などを調査し、治験のモニタリングを行って結果を会社に報告します。

ひとりのCRAは常に1~3件程度の案件をもっていて、日によって異なる病院に通うことが多く、病院での仕事が終わった後はオフィスに戻って報告書を書くこともあります。

スケジュールは自分でうまく調整することができますが、移動が多い仕事なので、毎日同じ場所に通勤する人とは違った煩雑さはあるかもしれません。

未経験でも転職できるが、製薬メーカーは経験者を採用する傾向にある

臨床開発モニターは未経験でも転職できますが、製薬メーカーの採用は経験者に絞られる傾向にあり、また英語力を必要とする場合もあります。

若手のCRAはコミュニケーション能力や問題解決能力などが求められるため、応募時にはその点を具体的にアピールすると良いでしょう。仕事のニーズ自体はあるので、まずはどこかの企業で経験者になることが大切です。

案件によってはハードなので、よく調べてから転職を

ただし、臨床開発モニターの仕事は案件によってはハードで、残業が続くようなケースもあります。

そうなると、女性の場合は独身時代にバリバリ働けても、出産後に働き続けられなくなる可能性があります。

臨床開発モニターを希望する人は、転職を考える会社の残業実態などをよく調べた上で、転職を考えた方がいいでしょう。

クリニカルスペシャリスト

医療機器メーカーの社員として、医療機器を販売する営業の仕事

医療機器メーカーの社員として、自社開発の医療機器などを販売する営業職が、「クリニカルスペシャリスト」です。

「看護師がなぜ営業職に?」と思うかもしれませんが、病院の看護師として医療機器を用いて仕事をしていた経験があると、お客様に対する説得力もあり、営業に興味がある人なら向いている仕事です。

企業の社員なので、基本的に土日は休みで、夜勤もありません。収入面でも、営業の成績次第では、病院の看護師以上の年収が得られる可能性もあります。

営業職ならではの大変さもある

ただし、クリニカルスペシャリストは看護師の資格を活かせるとはいえ、あくまで営業職なので、数字が出せなければ会社に居づらくなることもあります。

商品を売る仕事には、病院の看護師がまったく経験することのない大変さがあるので、プレッシャーからストレスを感じてしまう人もいるでしょう。

自分自身にその辺に対する覚悟と、いい意味での図太さがあるかどうかを見極めて、職種を選ぶことが大切です。

コールセンターのオペレーター

健康や介護などに関する悩み相談を受ける仕事

生命保険会社や、ドラッグストアをチェーン展開する会社などは、お客様サービスの一環として「メディカルコールセンター」をもっています。

メディカルコールセンターでは、お客様の健康に関するお悩みを聞いたり、親の介護の相談を受けたりするため、看護師の資格をもつ人をオペレーターとして採用する傾向にあります。

準夜勤や土日出勤はあるが、体力的には楽な仕事

メディカルコールセンターの仕事はお客様相手なので、日勤と準夜勤のシフト制になっているケースも多く、土日に出勤することもあります。

その点では、土日に休めて夜勤のない産業保健師の仕事などに比べると、働き方の点でデメリットを感じる人もいるかもしれません。

ただし、基本的には座って行う仕事なので、体力的な面では病院の看護師などに比べてかなり楽でしょう。

看護師さんが企業に転職するメリットとは?

夜勤がなく、土日も休める

病院の看護師は土日に出勤になるケースが多いのですが、企業の社員になると、メディカルコールセンターのスタッフ以外は基本的に土日祝日が休みで、夜勤もありません。

産業保健師などのように、毎日定時に帰れる職種もあります。残業が常態化した職場にいる人や、ワークライフバランスにこだわる人にとっては、企業への転職は非常に魅力的といえるでしょう。

医療ミスのプレッシャーがない

病院の看護師は、日夜命の現場で闘っているので、常に「医療ミスをしてはいけない!」というプレッシャーの中にいます。

企業の看護師にはそういったプレッシャーはほとんどなく、クリニカルスペシャリストのように金銭的なプレッシャーがある仕事もありますが、医療ミスの比ではないでしょう。

そうしたプレッシャーから離れたい人は、企業の看護師の方が向いているかもしれません。

肉体労働が少ないので、体が疲れにくい

企業で働く看護師の仕事はデスクワークが比較的多く、病院のように患者さんをかかえたりすることもないので、肉体労働はほとんどありません。

クリニカルスペシャリストや治験コーディネーター、臨床開発モニターのように、移動の多い仕事もありますが、病院の看護師ほど体は疲れないでしょう。

年齢を重ねていくにつれて、病院の夜勤や肉体労働がキツいと感じる人は増えるので、体力に自信のない人は、企業の看護師にシフトするのも方法のひとつです。

福利厚生が充実している

企業の中には、高額の「住宅手当」や「家賃補助」が出たり、「育児休暇」や「育児支援制度」、家族の誕生日に取れる「特別休暇」など、さまざまな福利厚生制度を設けているところもあります。

また、社員交流パーティやフットサル大会、社員旅行などの「社内イベント」が盛んであったり、社内の「カフェテリア」で挽きたてのコーヒーサービスが受けられる企業もあります。

このように、企業の社員になるとさまざまな福利厚生制度を利用できるのは、大きなメリットです。福利厚生制度の充実した企業に勤めている社員は、実際にもらっているお給料以上の価値をもらっていると言っていいでしょう。

企業の看護師には、こんなデメリットもある

求人の倍率が高くて、そもそも転職できない可能性が高い

企業で働く産業保健師などの仕事は、求人の倍率が高くて、そもそも転職できない可能性が高いというデメリットがあります。

ひとつの病院で数十人~数百人の看護師を採用するのと違って、ひとつの企業の医務室で採用するのはほんの数名。そこに多くの人が応募するので、転職対策をしっかりとやって臨まない限り、採用は厳しいと考えておいた方が賢明です。

パソコンのスキルが必須

企業で働く看護師の仕事のほとんどは、パソコンのスキルを必要とします。

そのため、「ずっと病院の看護師として現場で働いてきて、パソコンはあまり触ったことがない」という人は、スキルを身につけてからでないと、企業への転職は難しいかもしれません。

もし「どうしても企業に転職したい」という場合は、パソコンスクールを受講するなどしてスキルを磨き、最低限のパソコンスキルを証明する資格を取ってから、転職活動をした方がいいでしょう。

看護師の同僚がいない

病院の看護師は、ひとつのナースステーションに何人かの看護師がいて、同期の仲間ができたりすることもありますが、企業の看護師にはそれがありません。

ひとつの企業に採用される看護師は数人程度なので、その数人とうまくやっていけるかどうかによって、職場の居心地はかなり変わってくるでしょう。

逆に企業に勤める他の社員は、各部署ごとに人数も多く、仲間意識をもって働いているので、転職先の環境によっては孤立感を感じることがあるかもしれません。

企業に転職する際は、その辺の職場の雰囲気をしっかりと把握した上で、応募することが大切です。

デスクワークなので、運動不足になる

企業で働く看護師はデスクワークが多く、病院内をあちこち歩いて体力を使う看護師と違って、運動不足になる傾向があります。

今まで病院で働いていた看護師さんが企業に転職すると、だんだん太ってきたりするケースもあるので、注意が必要です。

企業の社員になったからには、自分で積極的に運動する習慣をつくることが大切です。

企業に転職すると、もう病院の看護師には戻れない

病院の医療は日進月歩なので、いったん離れると追いつけなくなる

せっかく苦労をして看護師の資格を取っても、いったん企業に転職してしまうと、その後で「やっぱり病院の看護師として働きたい」と思っても、それはできません。

病院の医療は日進月歩で、そこから離れて数年間違う仕事をしてしまうと、知識や技術面で追いつくことができなくなるからです。

現在病院はどこも人手不足なので、資格さえあれば現役に戻れる可能性もありますが、仕事の勘を取り戻すのにかなり苦労するでしょう。

企業の看護師として働くなら、一企業人として生きる道を歩むこと

「病院の看護師として働き続けたいけれど、あまりに毎日忙し過ぎて、子どもができたら無理だから」と考えて企業への転職を考える人もいるのですが、それはあまりおすすめできません。

病院の看護師が向いていると思う人は、子育て中だけは正職員を退いてパート勤務にするか、時短勤務可能な病院に転職するなどして、病院の仕事だけは続けるのがベストの方法です。

そして「自分は病院ではなく、企業の看護師として働きたい」といったん決めた人は、もう後ろは振り返らずに、一企業人として生きる道を歩みましょう。

企業の看護師は、70代になっても働ける病院看護師とは違う

企業によっては、30代ぐらいまでは女性看護師が喜ばれても、40代・50代になると逆に煙たがられてしまうようなケースもあります。

その点は、70代になっても堂々と働ける病院の看護師とは、違いがあるといえるでしょう。自分自身のしっかりしたキャリアプランを練って、後で「こんな筈じゃなかった」と思わないよう、慎重に進むことが大切です。

企業への転職に成功するためのポイント

企業分析・業界分析を行う

応募の際の「志望理由」に大きく影響してくる

企業への転職に成功するためには、自分が転職したいと思っている企業と、その業界を分析することが大切です。

「看護師が転職するのに、業界分析なんて必要ないのでは?」と思うかもしれませんが、これが意外と重要なのです。

なぜなら、応募書類を書く際や面接の際の「志望理由」に、企業分析や業界分析が影響してくるからです。

企業の事業内容や業界の成長性などを知っておくことが大切

病院の看護師に転職する場合は、病院自体が利益追求の組織ではないので、「患者さんをお助けしたい」という気持ちがあれば伝わりますが、企業は違います。

企業の目的は利益追求なので、求職者は応募先がどんな業界のどんな企業で、成長性は高いのか、企業の将来性はあるのかなど、さまざまなことを知っておく必要があるのです。

そうすることで、たとえば志望理由に「御社の企業としての社会的役割の大きさに感銘し、AIなどを積極的に導入して業務の拡大・効率化を図られている点に、高い将来性を感じました。その仕事を支える社員の方々の健康を維持・増進することに、やりがいを感じます」といったことが書けるようになります。

転職先の選択に失敗しないためにも、企業分析・業界分析は必要

企業分析・業界分析は、転職に成功するためだけでなく、自分自身が転職先の選択に失敗しないためにも重要です。

たとえばジリ貧になっているアパレル業界の衰退企業の医務室に転職してしまい、入社2年後に倒産してしまったというのでは、たとえ転職に成功しても、転職選びには失敗したことになってしまいます。

「この企業に転職したい」と考えたら、その企業がどんな事業を行っていて、その事業の社会的な役割は何なのか、経営は順調なのか、事業の新規開拓は行っているのか、業界自体の伸びしろはあるのかなどを、よく調べておくことが大切です。

応募書類対策、面接対策をしっかりとやる

淡々とした文章の中にも、キラリと光る魅力を感じさせる応募書類に

企業への転職はけっして簡単ではないので、「応募書類対策」や「面接対策」をしっかりとやっておくことは、必須事項といえます。

まずは応募書類をブラッシュアップして、書類選考に通ることが大切です。先にお話しした企業分析・業界分析を行い、さらに自分自身のキャリアを振り返って、応募する企業における自分のアピールポイントを把握しておきましょう。

淡々とした文章の中にも、キラリと光る魅力を感じさせるような履歴書や職務経歴書になるよう、じっくりと時間をかけて応募書類を作成する必要があります。

また、応募書類の中で最もインパクトの強いのは、「応募写真」です。間違ってもスピード写真などで撮ったりせず、髪形と上半身の服装を整えた上で写真館に行き、好印象を与える応募写真を撮影しましょう。

姿勢や服装などに留意し、できれば模擬面接を受けておく

書類選考にパスしたら、今度は「面接対策」です。「面接は最初の1分で決まる」と言われるほど、入室時の印象が重要です。

姿勢・態度・服装・髪形・歩き方などをしっかりと練習し、面接時に予想される質問の回答を自分なりに考えた上で、当日はそれを棒読みするのではなく、“自分の言葉”で伝えることが大切です。

できれば転職エージェントのキャリアカウンセラーなどに模擬面接をお願いし、転職のプロから的確なアドバイスをもらっておくのがベストです。

知り合いのコネで転職する方法もある

産業保健師の仕事の項目でもお話ししましたが、欠員募集などで早くいい人を採用したい事情のある企業の場合は、知り合いに「誰かいい人いない?」と頼んでいるケースも少なくありません。

そんな知り合いのコネがないかどうか、考えてみることも大切です。コネの方が知り合いのひと押しがあるので、採用される可能性はグンと高くなるでしょう。

たとえ企業での経験がなくても、「当社の〇〇さんが、しっかりしたいい人だと言っているし、とにかく早く採用を決めたいからこの人にしよう」と、すんなり転職できる場合もあります。

転職エージェントに相談する

エージェント独自の非公開求人を紹介してもらえる

看護師さんが企業への転職を目指すなら、看護師専門の転職エージェントには、できるだけ登録しておくことをおすすめします。

「仕事が忙しくて、登録に行く暇がない」という場合は、ネット上での簡単な記入だけで登録でき、電話やメールで仕事を紹介してもらえる転職エージェントもあります。

転職エージェントに登録すると、そのエージェント独自の非公開求人を紹介してもらえるので、より幅広い求人情報を集めることができます。

応募書類の添削や面接対策にも対応

また、担当のキャリアコンサルタントが、応募書類の添削や面接対策もやってくれたり、企業の内部情報を教えてくれたり、給与や勤務時間の交渉などもやってもらえるので、求職者としてはとても助かります。

このような至れり尽くせりのサービスが受けられても、転職エージェントは求人を出す企業から収益を得ているので、求職者からお金を取ることはありません。

ほとんどが完全無料のシステムなので、できれば2~3社に登録して、比較検討しながら転職活動を行うのがベストです。

看護師の転職にお勧めの転職エージェント

ナース人材バンク

厚生労働省が正式に許可した唯一の看護師専門転職エージェント

「ナース人材バンク」は、厚生労働省から正式に許可を受けた求人紹介サービスです。厚生労働省のお墨付きをもらっている看護師専門の転職エージェントはここだけなので、安心して何でも相談できるでしょう。

ハローワークの求人についても、詳しく教えてもらえる

「ナース人材バンク」は、独自に集めた求人だけでなく、ハローワークの求人も含めて紹介してもらえるのが大きな特徴です。

企業の看護師を目指して転職活動する際は、ハローワークと転職エージェントの両方で探すのがベストですが、在職中の人は忙しくてあちこち行っている暇もないかもしれません。

「ナース人材バンク」に登録すれば、わざわざハローワークに行かなくても、独自求人とハローワーク求人の両方を紹介してもらうことができます。

ハローワークの担当者は、求人の詳細について詳しく説明してくれることは少ないのですが、「ナース人材バンク」の担当者なら、企業の内情など詳しい情報を丁寧に教えてくれます。

残業の有無や職場の人間関係などを事前に把握した上で入社すれば、後で「こんなはずじゃなかった」と後悔することも少なく、長く勤め続けることができるでしょう。

キャリアパートナーの質が高い

「ナース人材バンク」は、キャリアパートナーの質の高さでも定評があります。求職者の悩みや要望をしっかりと聞いてくれて、面接対策などのサポートも手厚く、満足度の高いサービスが受けられます。

病院から企業に転職する場合は、まったく違う環境に置かれるため、不安や悩みも多いのではないでしょうか?サポートのしっかりした転職エージェントに登録すると、そうしたことも含めて本音で相談でき、安心して転職活動が進められます。

「ナース人材バンク」のキャリアパートナーはとても熱心で、サポートの手厚さには定評があります。さまざまなアドバイスをしながら、親身になって相談にのってくれるので、ただでさえ心細くなりがちな転職活動の支えになってくれるでしょう

登録が簡単で、忙しい人でも気軽に利用できる

「ナース人材バンク」の登録手続きはとても簡単!インターネット上で必要事項を1分ほど記入するだけで登録が終わり、面談の手間もありません。レスポンスも早いので、すぐに担当者から連絡が入って、登録後も連絡を密に取ってくれます。

面談日や入職日の調整、給与や勤務時間などの条件交渉、入職後のアフターフォローなども、安心して任せられます。

ポイント
  • 厚生労働省のお墨付き転職エージェントなので安心
  • 独自求人とハローワーク求人の両方を紹介してもらえる
  • キャリアパートナーの質が高い

マイナビ看護師

マイナビの運営なので、企業で働く看護師求人が多い

「マイナビ看護師」は、転職大手マイナビが運営する、看護師専門の転職エージェントです。企業との長年にわたるつながりがあるため、企業で働く看護師の求人が多いのが特徴です。

マイナビの35年以上にわたる実績があるため、安心して相談することができます。企業への転職を考えている看護師さんは、ぜひ登録しておきたい転職エージェントといえるでしょう。

転職サポートが充実し、アフターフォローも万全

マイナビはリクルートエージェントに続く転職業界の老舗なので、転職に関するノウハウを豊富にもっています。

そのため、応募書類の添削や面接対策なども、蓄積された豊富な情報をもとに、的確なアドバイスをもらうことができます。

自分では言いづらい待遇面や勤務時間などの条件面も、担当のキャリアアドバイザーがしっかりと交渉してくれるので、個人で応募するよりもさまざまな点で助かるでしょう。

看護師さん向けの転職相談会を開催

マイナビは大規模な転職フェアを開催することで知られていますが、看護師さん向けの「キャリアアップ転職相談会」や「年収アップ相談会」「個別転職相談会」など、さまざまなタイプの転職相談会も頻繁に開催しています。

オフィスは全国に22ヶ所あるので、地方に住んでいても参加でき、自宅からWeb会議システムなどを使って相談してもいいでしょう。

「転職エージェントには興味があるけれど、登録するのはちょっと心配」という人は、まずは転職相談会に参加してみてもいいかもしれません。

ポイント
  • 企業の転職に強い「マイナビ」の運営なので、企業で働く看護師求人が多い
  • 転職業界35年以上の実績があり、安心して相談できる
  • 看護師さん向けの転職相談会を開催

看護のお仕事

ネットで簡単登録するだけで、電話相談ができる

「病院の看護師は大変過ぎるから、企業に転職したい」と考えても、いざ転職となると不安になってしまう人も、多いのではないでしょうか?

そんなときは、「看護のお仕事」のお悩み相談室に相談してみるのも、ひとつの方法です。ネット上の登録フォームに、名前や年齢などを簡単に登録するだけで、完全無料で相談に応じてくれます。

お悩み相談室では、転職の悩みだけでなく、職場の人間関係の悩みなど何でもOKです。実際、病院では看護師長のパワハラなどに悩んでいる人も多く、誰かに話すだけでも気持ちが落ち着くかもしれません。

経験豊富なキャリアアドバイザーが対応するので安心

「看護師のお仕事」は、公開求人数15万件以上・非公開求人12万件以上という看護師専門の転職エージェントの老舗なので、キャリアアドバイザーも看護業界に詳しい経験豊富な人が多く、安心して相談できます。

キャリアアドバイザーはその地域に特化しているので、地方企業への転職を考えている人も、詳しいアドバイスをもらうことができるでしょう。

職場の内部情報も教えてもらうことができる

看護師さんが企業に転職するにあたっては、病院とはまったく違う環境で働くことになるので、「いったいどんな雰囲気の会社なのだろう?」「自分だけ浮いてしまったらどうしよう?」など、さまざまな不安を感じることと思います。

「看護のお仕事」では、職場の雰囲気や残業の実態などの情報を独自に入手しているので、採用試験を受ける前にあらかじめどんな職場なのかを知ることができ、とても安心です。

ポイント
  • 転職の悩みや職場での悩みを、電話で気軽に相談できる
  • 経験豊富なキャリアアドバイザーが対応
  • 職場の雰囲気や残業の実態などを事前に把握できる

まとめ

看護師さんが企業に転職するメリット&デメリットと、企業への転職に成功するためのポイントについてご紹介しましたが、いかがでしたか?

「残業のない仕事に就きたい」「病院の看護師は大変過ぎてもうコリゴリ」といった理由から、企業の看護師への転職を考える人もいるのですが、病院の看護師と企業内の看護師は、仕事の内容も職場の雰囲気もかなり違います。

そのため、よく調べずに企業に転職してしまうと、入社してから後悔することにもなりかねません。

企業への転職を考える人は、希望する職種と現在の仕事との違いをしっかりと把握し、メリットだけでなくデメリットの部分にも目を向けた上で、慎重に選択することをおすすめします。

関連記事

転職支援実績が豊富な転職エージェント・転職サイト3選

看護のお仕事はレバレジーズメディカルケア株式会社が運営する看護師専門の転職エージェント 看護のお仕事

総合評価 5.0
求人の質 5.0
サポート 5.0
スタッフ 5.0
  • 全国対応
  • 正社員
  • 女性
  • 非公開求人多数
  • ハイクラス求人
公開求人数 18,917件 非公開求人 100,000件 対象年代 全年代 対応地域 全国
年収UP率 非公開 得意職種
  • 医療系
看護のお仕事だけにしかない好条件の非公開求人が多数あり!

看護のお仕事は、レバレジーズメディカルケア株式会社が提供する看護師に特化した転職支援サービスです。今までの実績から病院などと関係性を築いており、全国12万件の中から提供される好条件・高待遇の求人が多いのが最大の特徴です。年収UP率・サービス満足度も高く、看護師で転職を考えるなら、まずはじめに登録しておくべき転職支援サービスと言われるほど間違いない転職エージェントです。

業界大手マイナビが提供する看護師専門の転職支援サービス マイナビ看護師

総合評価 4.0
求人の質 4.0
サポート 4.0
スタッフ 4.0
  • 全国対応
  • 女性
  • 非公開求人多数
公開求人数 40,420件 非公開求人 30,000件 対象年代 全年代 対応地域 全国
年収UP率 好条件求人多数 得意職種
  • 医療系
転職業界最大手のマイナビが看護師の転職をサポート!初めての転職でも安心!

マイナビ看護師は、転職業界大手の株式会社マイナビが提供する看護師に注力した転職支援サービスです。大手の強みを活かした、転職サイトでは出会えない好条件求人が多いのが特徴です。現在の職場に不満を感じている方は、まず無料のキャリアカウンセリングを受けてみることをおすすめします!

ナース人材バンクは、株式会社エス・エム・エスキャリアが提供する看護師向けの転職支援サービス ナース人材バンク

総合評価 4.0
求人の質 4.0
サポート 4.0
スタッフ 4.0
  • 全国対応
  • 正社員
  • 女性
  • 非公開求人多数
公開求人数 144,657件 非公開求人 非公開 対象年代 全年代 対応地域 全国
年収UP率 非公開 得意職種
  • 医療系
ナース人材バンクは、病院以外にも様々な求人を取り扱っている老舗の看護師専門の転職支援サービス

ナース人材バンクは、株式会社エス・エム・エスキャリアが運営している看護師専用の転職支援サービスです。2003年にサービス開始して以来、年間10万人もの看護師の転職を手伝っている老舗の看護師系人材派遣会社です。転職支援してくれるアドバイザーの対応がいいと評判なので、一人で転職活動を進めるのが不安な看護師の方におすすめです。

都道府県別おすすめ転職エージェントを利用して納得の転職を

こちらの記事も読まれています

特集記事