メンタル MENTAL

「転職しなければよかった」と後悔しないために、チェックしておくべき5つのポイント

更新日:2018.11.9
公開日:2018.2.22

転職活動で最も不幸なのは、採用が決まらないことではなく、転職した後に「この会社じゃなかった」と後悔することです。新卒採用の場合は「3年後に転職を考えよう」という選択肢もありますが、転職の場合は、おいそれとは辞めるわけにもいきません。

そこで、転職後に後悔しないために、チェックしておくべき5つのポイントをご紹介します。まずは応募段階でチェックしておき、自分にとっても企業にとっても無駄な時間を作らないよう、企業を選定しておくことが大切です。

本当に自分がやりたいと思っている仕事を選ぶこと

「給与がいいから」といった目先の魅力で転職先を決めないこと

転職先を決めるときは、新卒の場合と違って応募者もシビアな部分があり、「給与条件がいい」「残業が少ない」「福利厚生が充実している」といった条件面を重視する傾向があります。

それ自体はとても良いことなのですが、実際に転職した後に待っているのは、果てしなく長い仕事の日々の連続です。どんなに給料が良くても、平日の5日間朝から夜まで働く仕事が自分のやりたい仕事でなかったら、数年後には後悔することになります。

前職の辛かったことが反動となって、転職先を見誤る場合もある

たとえば前職で残業が多くて辛い思いをし、入社したことを後悔した人は、その反動で「とにかく残業が無い仕事に就きたい」と思ってしまいがちです。あまりに前職での“過酷な残業”というインパクトが強すぎて、そこにばかり意識が向いてしまうからです。

しかし、望み通り残業の無い会社に就職したとしても、それで本当に満足できるでしょうか?残業の無い会社に行きたいという希望は、あくまで「過酷な状況から抜け出したい」という逃避願望であって、転職する企業を選ぶ上での積極的な希望条件とは違います。

自分がやりたい仕事だからこそ、働くことに“やりがい”を感じられる

もちろん、残業が無いということも重要な転職条件のひとつですが、それ以前に「自分は何の仕事がしたいのか?」ということが、非常に重要です。なぜなら、自分がやりたい仕事だからこそ働くことに“やりがい”を感じることができ、自分が好きな職業だからこそ力を発揮することができるからです。そうでなければ、2年後3年後に「やっぱりこの仕事は続けられない」と思う可能性が大です。

転職活動を行うときは、まず自己分析をしっかりと行い、さまざまな転職情報にアンテナを張って、自分の希望する仕事を見つけることが大切です。

さまざまな制約がある場合でも、極力将来につながる職業選択を

「子育てをしながら働く立場だから、家の近く以外で仕事はできないし、会社選びで贅沢は言えない」というような人もいるかもしれません。たしかに、そのような立場にある場合、転職先の選択の幅はかなり縮まるでしょう。

しかし、そのような場合でも自分の5年後・10年後のキャリアプランを立てて、極力将来に活かせる仕事を選ぶことが、後悔のない転職につながります。たとえ自分が一番望む仕事ではなかったとしても、将来につながる仕事をしているという実感があれば、意欲をもって働くことができます。

その会社の口コミ情報を、できるだけ多く集めること

知り合いでその会社に勤めている人がいれば、話を聞いておく

もしも自分の知り合いか、また知り合いに紹介してもらえる人で、その会社に勤めている人がいたら、どんな会社なのかを聞いておくのがベストの方法です。「残業20時間以内」といいながら、実はほとんどの社員が毎日終電まで働いていたというようなケースは、掃いて捨てるほどあります。

本当のところの現実は、そこに勤めている人にしかわかりません。ただし、会って話を聞いたときに余計なことをしゃべってしまうと、それが採用担当者に伝わってしまい、採用試験でマイナスに働く可能性があるので気を付けましょう。

転職口コミサイトで情報を入手する

「転職会議」や「キャリコネ」「カイシャの評判」「VORKERS」といった転職口コミサイトをチェックすると、「残業が少ないと言っていたのに、実は多かった」「上司からの命令が多く、自分の裁量で仕事ができない」といった内部情報を知ることができます。転職したことを後悔する口コミもあるので、これは必ずチェックしておく必要があります。

ただし、転職口コミサイトの情報は、すでに退職している人が書いていることも多く、その会社のことを良く思っていない人が書いているケースもあるので注意しましょう。転職口コミサイトのすべてを鵜呑みにせずに、ひとつの情報として把握しておくことが大切です。

2チャンネルで情報を入手する

転職をするときには、2chをチェックすることも大いに役立ちます。「2chはガセネタが多い」と思ってチェックしない人もいるのですが、意外と転職口コミサイトではわからない真実が見えることもあるのです。

言ってみれば、ガセネタの実がなる畑の中から、食べられるネタだけを見つくろってストックしておくようなものです。転職したことを後悔する口コミも数多くありますが、ネガティブ情報に惑わされず、自分の目で情報を賢くチェックし、転職に活かすことが大切です。

一日の仕事の流れや、具体的な仕事内容を聞いておくこと

面接の際に、同じ部署の人の一日の仕事の流れを聞いておく

面接の際は、必ずと言っていいほど最後に「何か質問はありませんか?」と逆質問をされます。そのときに、自分が採用になる部署の人がどんな一日を過ごしているのかを聞いておくと、自分が働く日常をイメージすることができます。

面接の際の逆質問では、「同じ部署の方々の、一日の仕事の流れをお聞かせいただけますでしょうか?」といった聞き方で、質問をすると良いでしょう。「終電まで残業しています」と答える人はなかなかいないかもしれませんが、ある程度の業務の実態を把握することはできます。

「デスクワークが多いと思っていたら、意外と打ち合わせのために出かけることが多そうだ」「仕事自体は忙しそうだけれど、ランチの時間はしっかり取れるので安心した」「意外と会議に時間をとる会社なんだな」というように、実際に転職した後の自分の姿をイメージすることができるので、入社してから「こんなはずじゃなかった」と後悔するのを防ぐことができます。

面接の際に、具体的な仕事内容をしっかりと聞いておく

転職をした後に「失敗した!」と後悔する人の中には、採用試験に受かりたい一心で、仕事内容を詳しく把握せずに転職を決めてしまう人もいます。「入社すれば、仕事の方は何とかなるだろう」と安易に考えて入社してしまうと、実は思っていた仕事内容と違い、転職したことを後悔することになってしまいます。

そのようなことにならないように、面接の時点で具体的な仕事内容をしっかりと聞いておき、「これなら自分にできる」と判断した上で入社を決めることが大切です。採用担当者はおおまかな仕事内容しか知らない場合も多いので、二次面接などで実際に上司となる人が現れた時点で、納得できるまで説明してもらいましょう。

社長がどんな人物かを見極めておくること

ホームページの社長挨拶や、ネット上での社長の発言をチェック

会社というのは、社長の理念や方針ですべてが動いていると言っても、間違いではありません。大企業の一部では社長がお飾り的になっているケースもありますが、ほとんどの会社では、社長がどう考えているかで仕事の進め方や社内の雰囲気がまったく違います。

転職をして「こんなはずじゃなかった」と後悔する人の中には、社長の考え方をよく把握せずに入社してしまい、「こんなワンマンなやり方では、発展は望めない」などと不満を持つ人がいます。しかし、これは事前に調べておけば、かなりの確率で防げたことです。

まずはホームページの社長挨拶や、ネット上・雑誌上での社長の発言などで、どんな考え方をしている人物なのかを把握しましょう。面接で対面する機会があれば、社長の発言や表情などからも、どんな人物なのかが見えてくるはずです。

企業研究・業界研究をしっかりと行っておく

企業研究・業界研究を行うかどうかで、転職後の満足度が違う

これは転職活動を成功させるための必須事項ともいえますが、企業に応募をする前に企業情報をしっかりと調べ、その企業が属している業界の特性や発展性なども詳しく調べておくことが大切です。

「ただでさえ転職活動で忙しいのに、そこまでやっていられない」と思う人もいるかもしれませんが、この企業研究・業界研究を行うか行わないかで、転職後の満足度が大きく違ってきます。ただやみくもに多くの企業を受けるよりも、こうして企業研究・業界研究をしっかりと行い、納得した上で採用試験に臨むことをお勧めします。


転職で後悔しないためのチェックポイントに関するまとめ

転職をした後で「こんなはずじゃなかった」と後悔しないためには、事前のチェックを万全にすると共に、面接の場で仕事内容や一日の仕事の流れをしっかりと確認しておくことが大切です。

「自分が入社したら、こんな働き方をするのだろう」というイメージが具体的に描ける状態まで、詳しい情報を仕入れた後で、転職先を決定するのがベストの方法です。

転職支援実績が豊富な転職エージェント・転職サイト3選

転職満足度No.1!業界トップクラスの転職支援サービス DODA(デューダ)

総合評価 4.8
求人の質 4.5
サポート 4.8
スタッフ 4.7
  • 全国対応
  • 正社員
  • 未経験OK
  • フリーター歓迎
  • 女性
  • 非公開求人多数
  • 給料UP率高
  • スカウト
公開求人数 43,934件 非公開求人 131,280件 対象年代 全年齢 対応地域 全国対応
年収UP率 やや高い 得意職種
  • ◎全業種
  • 営業
  • 企画
  • 事務
  • ITエンジニア
  • 金融系
  • コンサルタント
業界最大級の非公開求人!転職者満足度No.1の転職エージェント

DODAの魅力は圧倒的な求人数と満足度の高さ。全国で10万件以上の求人は転職できる可能性を高めてくれます。また、DODAのキャリアアドバイザーは業界ごとのスペシャリストです。特定分野への転職に親身に相談に乗ってくれます。

年収1,000万円を超える求人多数!ハイクラス向け転職エージェント ビズリーチ

総合評価 4.5
求人の質 4.9
サポート 4.6
スタッフ 4.7
  • 全国対応
  • 正社員
  • 非公開求人多数
  • 給料UP率高
  • ハイクラス求人
  • スカウト
公開求人数 89,000件 非公開求人 非公開 対象年代 30代~50代の男女 対応地域 全国+海外
年収UP率 高い 得意職種
  • ◎全業種
  • ITエンジニア
  • 金融系
年収600万円以上の方に大人気!高収入の転職希望者は登録しておこう

ビズリーチの特徴は何といっても豊富な高収入求人。年収が500万円以下の求人はほとんどなく、年収1000万円超えの求人も豊富です。忙しい人には大企業から直接声がかかるスカウト制度もあり、忙しい中で効率的に転職活動を行いたい人にもおすすめできます。

リクらくは学歴・職歴に自信がない20代を正社員にした支援実績多数あり リクらく

総合評価 4.4
求人の質 4.0
サポート 4.6
スタッフ 4.6
  • 正社員
  • 未経験OK
  • フリーター歓迎
  • 女性
  • 給料UP率高
公開求人数 - 非公開求人 2,000件 対象年代 20代・フリーター・既卒第二新卒 対応地域 東京・神奈川・千葉・埼玉
年収UP率 未経験OKの高年収求人多数! 得意職種
  • ◎全業種
絶対に就職・転職を成功させたい20代は、リクらくがオススメ!

リクらくは、20代に特化した転職エージェントです。そのため、20代までの学歴・職歴不問の未経験歓迎求人がほぼ全求人となっており、スキルや経験に自信がない方でも正社員の内定を取れます。今まで正社員になれなかったフリーターの方など、20代には絶対オススメできる転職エージェントです。

都道府県別おすすめ転職エージェントを利用して納得の転職を

特集記事

都道府県別転職エージェント