メンタル MENTAL

会社から「価値のない人」と思われ、大切にされない。いったいどうしたらいい?

更新日:2019.10.7
公開日:2019.10.7

会社から大切にされていない」と感じている人は、毎日会社で針のむしろのような辛い時間を過ごしていることでしょう。上司からは冷たい視線を浴びせられ、損得勘定で動く同僚からはうまく利用されてしまうなど、踏んだり蹴ったりの仕事人生を歩んでいるかもしれません。

「もうこんな毎日はごめんだ!どうして自分は周囲から大切にされないのだ?」と叫びたくても、自分の周りには応援してくれる人がいません。まるで四面楚歌のような状態になってしまった場合、いったいどうしたら良いのでしょうか?

会社から大切にされない人が、苦境を克服して生き生きと働くためのヒントを、お話ししたいと思います。

社員が「会社から大切にされない」と感じるのは、こんなとき

補佐的な仕事に回され、十分なキャリアを積むことができない

「入社したての頃は、意気揚々と仕事に取り組んでいたのに、いつの間にか補佐的な仕事に回されてしまった」という場合は、会社から大切にされていない可能性があります。

ある程度の規模がある会社の場合、社員の将来も考えた上で人事異動を決定するはずです。十分なキャリアを積むことができない部署に回されてしまったということは、会社がその人を“価値のない人”と判断したことが原因で、大切にされないのかもしれません。

昇給が止まってしまったか、減給になってしまった

給与の内容は、会社の意向を最もよく反映しています。会社の経営が順調にもかかわらず昇給が止まってしまったか、減給になってしまった場合は、会社から価値のない人と思われ、大切にされないでいる可能性が高いでしょう。

このような状況に陥ってしまうと、減給だけでは留まらないこともあります。絶対に行きたくないような僻地に転勤させられたり、それとなく退職を迫られるなど、会社があの手この手で退職するように仕向ける場合もあります。

企業側は正社員を辞めさせることはできないので、あくまで本人が自己都合で辞めるように仕向けるのです。

上司の態度が冷たくなった

「入社した頃は何かと面倒を見てくれた上司が、最近はほとんど声をかけてくれなくなった」「以前はよく飲みに誘ってくれた上司が、最近はまったくご無沙汰」といったように、上司から大切にされないと感じる態度が見られたときは、会社から価値のない人と判断されてしまったのかもしれません。

上司というのは、自分の評価が高いときは優しく頼りになる存在ですが、ひとたび価値のない人と判断されたときは、リストラの片棒をかつぐような冷酷な存在と化します。上司の態度は、会社の評価を示すバロメーターでもあるのです。

同僚が受けている研修を、自分は受ける機会がない

入社のときには皆一斉に揃って社員研修を受けますが、その後は各部署に配属され、上司の指示に従って研修を受けるようになります。

外資系のように自分から手を挙げて研修を受けるようなシステムは別ですが、日本企業の場合、「同僚は配属後もリーダーシップ研修などいろいろな研修を受けているのに、自分には何の話もない」というような状況になることもあります。このようなときは、会社から価値のない人と判断されたことで、大切にされないでいる可能性が濃厚です。

研修を受ける機会がないということは、将来に向けてのステップアップを会社が期待していないということですから、見放されているということに他なりません。人事担当者が判断したというよりは、上司の意見が反映されている可能性が高いでしょう。

人事担当者は上司の意見を受けて人物を評価することが多く、上司からの評価が低いと、それが原因で会社からの評価が下がってしまう社員も少なくありません。上司から認められないというだけで、会社から価値のない人と思われてしまい、大切にされないというのは、非常に辛いところです。

会社から価値のない人と思われると、損得で動く社員に利用されてしまう

あなたがもし会社から価値のない人と思われ、大切にされないと感じているなら、損得勘定で動く人間に利用されて辛い思いをしているのではないでしょうか?

世の中には「正しいか正しくないか」よりも、「損か得か」で動く人間が大勢います。会社の社内もまったく同じです。

特に旧態依然としたアップダウン経営を行う会社のように、社内に窮屈な雰囲気が立ち込める会社には、必ず損得で行動する人間がうごめいています。そうやってうまく立ち回ることが、自分の出世や昇給につながるからです。

損得で動く人間は、会社から大切にされない社員がいると、「こいつは会社で価値のない人間だ」とばかりに軽視したり、利用したりしようとします。

「そんなイヤなヤツの言動は、気にしないようにしよう」と思っても、なかなか人間は感情があるので、そういうわけにもいきません。では、いったいどうしたら良いのでしょうか?

会社から大切にされないことを嘆く前に、損得勘定で動かない自分自身をまずは褒めてあげる

“損か得か”で動かないということは、人間として素晴らしいこと

もしもあなたが損得勘定で動く上司や同僚から「価値のない人と思われている」「会社で大切にされない」と悩んでいるなら、あなた自身は「損得勘定で人を傷つけるような人間にはなりたくない」と思っているはずです。

その考え方は本当に素晴らしいので、ずっと変わらずに持ち続けたいものです。「人を傷つけたくない」と思える時点で、あなたは損得で動く人の何倍も、人間的な価値を持っていると言えるでしょう。なぜなら、仕事のスキルはがんばれば積むことができますが、人間性は大人になってからでは磨くことができません。

本来であれば、損か得かで動くような人よりも、あなたのようなまっとうな生き方をする人の方が、会社に貢献できる人材なのかもしれません。しかし、残念ながらうわべの能力を重んじる会社は、そんなあなたの価値を正当に評価できないのです。

「いつか必ず活躍できる日がくる」と、信じることが大切

そんな会社の中であなたが価値のない人と思われ、大切にされないとしても、「自分には能力がないのだ」と落ち込む必要はまったくありません。なぜなら、あなたに能力がないのではなく、会社があなたの良さに気付かないだけだからです。

まずは人として正しい考え方が持てる自分自身を、心から褒めてあげましょう。たとえ今あなたが会社から価値のない人と思われ、大切にされないとしても、人として正しく動けるあなたのことを、見る人はしっかりと見てくれています。逆に損得勘定で動く人たちは、今は調子よく立ち回っているかもしれませんが、人間性の低さを暴かれる日が必ずやってきます。

会社が必要とする人間が、素晴らしい人間とは限りません。むしろ逆であるケースが、この世の中にはごまんとあります。「自分はいま会社から価値のない人間と思われ、大切にされないでいるが、いつか必ず活躍できる日がくる!」そう信じて自分に自信を持つことが、会社の冷酷な対応に立ち向かう大きなパワーになります。

「そもそも今の会社に、このまま勤めていていいのか?」という問題もある

会社の雰囲気は、経営者で決まる。今いる会社は大丈夫か?

「会社から大切にされない」「価値のない人と思われている」という悩みをかかえている人の中には、そもそも自分自身の良さが発揮されない会社で働いているケースもあります。会社の選択自体を間違えてしまっていると、たとえどんなに自分自身ががんばっても、事態が変わることは望めません。

なぜなら、会社の雰囲気というのは、経営者で決まってしまうからです。たとえ同じフロアに経営者がいなかったとしても、会社の二番手である専務がとびきり素晴らしい人だったとしても、経営者の考え方は会社の隅々まで浸透してしまいます。

利益だけを追求する会社には、損得で動く人間がはびこる

そのため、たとえば経営者が「社員の人間性は関係ない。利益さえ出してくれたらいい」という考え方だとしたら、人を押しのけて上に立とうとする人が社内で活躍するでしょう。立場の弱い人間は甘く見て、自分の失態を部下に擦り付けることも厭わないような人も、利益さえ上げれば何も言われることはありません。

それとは逆に、「会社の事業を通して社会に貢献したい。同じ思いを持って一緒にがんばってくれる仲間を求めている」という考えの社長だったとしたらどうでしょう?立場の弱い人間を軽視して利用するような計算高い人間は、当然ながら仲間から軽蔑されますし、出世することもありません。

どこに就職するかによって、人の人生は大きく変わる

もしもあなたが「損得で動くのではなく、ポリシーを持った会社で使命感を持って働きたい」と望みながらも、会社から大切にされないと悩んでいるのであれば、そもそもあなたは自分が働く会社を間違えているのかもしれません。

そして、思い切って今の会社を辞める決意をし、自分のポリシーに合った会社に転職したとしたら、今まで感じていた悩みや苦しみはほとんど消えてしまうかもしれません。「今まで悩んでいたのは、いったい何だったのだろう?」と思えるほど、就職先によって人の人生というのは変わるものです。

自分を「価値のない人」と評価する会社は見限り、勤めながら転職先を探す方法もある

「価値のない人」という会社の評価を覆すのは難しい

あなたを「価値のない人」と評価する会社は、たとえあなたがどんなに努力をしても、その評価を覆すことは難しいかもしれません。

もちろん、社員の意欲や能力を正当に評価できる会社であれば、リベンジということも十分可能です。しかし、大切な社員を平気で切り捨てるような体質をもった会社は、往々にしてそうではないケースが多いからです。

それよりは、違う会社で新たなチャレンジをする方が、あなた自身にとって最良の選択といえるかもしれません。

退職してから仕事を探すのは、プレッシャーが大きい

そうかといって、「どうせ転職するのだから、自分を大切にしないこんな会社は、すぐに辞めてしまおう」と考えるのは早計です。

退職してから失業給付をもらいながら転職活動をすることはできますが、すぐによい転職先が見つかるとは限らず、失業給付期間が切れたときに大きなプレッシャーを感じる可能性が高いからです。

それより、今はひたすら我慢をして会社に勤め続け、転職先が決まってから退職するのが、一番無理のない方法です。「自分はいずれこの会社を辞めるのだ」と思えば、たとえ会社から価値のない人間だと思われても、上司から大切にされないとしても、明るい気持ちで前を向いて進むことができるでしょう。

会社から大切にされないことが幸いして、転職はスムーズに進む

無事あなたの転職先が決まり、会社に退職願を出すことになったとき、会社から大切にされないことはむしろあなたにとってプラスに働きます。

会社側はあなたに退職してほしいと思っていたからこそ、今まで冷酷な態度をとってきたのですから、「退職したい」と申し出れば断られることはありません。希望通りの期日に退職できる可能性は、極めて高いでしょう。

希望する退職日に辞められるというのは、実は転職においては非常に有難いことと言えます。ヘタに上司から期待されていた人が退職を申し出ると、「それは困る。私は君に期待していたんだぞ。私を裏切るのか?」などと揉めて、険悪になってしまうケースもあるからです。

ズルズルと退職日を引き延ばされ、挙句の果てに転職の話がだめになってしまった人は、「こんなことなら上司に気に入られない方が良かった」と後悔するでしょう。

会社で大切にされない辛さを味わった人は、その点に関してはほとんど心配がないので、安心して転職活動に臨むことができます。転職先の会社から「なるべく早く来てほしい」と言われても融通が利くでしょうし、補佐的な仕事に回されてしまっていたなら、引き継ぎも簡単です。

転職先が決まったことで、まるであなたのところに幸運の女神がやってきたかのように、すべてがスムーズに運ぶのを実感できるでしょう。

転職先を探すなら、転職エージェントを上手に利用するのがベスト

これから転職先を探すなら、ハローワークやネット上の求人情報だけでなく、転職エージェントを上手に利用することをお勧めします。転職エージェントには、ハローワークでは見つけられないような非公開の求人があり、その中には大手企業や人気企業なども含まれています。

さらに、「今の会社を辞めても、どんな仕事に就いたらいいかわからない」というような悩みをかかえている場合でも、担当のキャリアコンサルタントから適切なアドバイスをもらうことができます。応募書類のチェックや模擬面接なども受けることができ、登録や紹介はすべて無料なので、利用しないのはもったいないというものです。

転職エージェントに登録する場合は、1社だけに絞らず、2~3社に登録して比較検討しながら転職活動を行うのがベストです。その中から自分と相性の合うキャリアコンサルタントを見つけ、その人にしっかりと付いて転職活動を進めていきましょう。

会社で大切にされない人の克服法に関するまとめ

「会社で価値のない人と思われている」「上司から大切にされない」といった悩みをかかえている場合、会社の体質的な問題以外に、自分自身が職業選択そのものを間違えているケースもあります。

たとえばコツコツとモノづくりをするのが向いている人が、営業の仕事を選んでしまったりすると、自分の良さを発揮できずに会社から軽視されるハメに陥ってしまいます。「自分は今の職業を変えた方が良いかもしれない」と迷っている人は、転職エージェントに登録する際に受ける適性検査の結果が、役立つかもしれません。

転職のプロフェッショナルであるキャリアコンサルタントにさまざまなことを相談しながら、今度こそ最良の転職先をゲットしましょう!

関連記事

転職支援実績が豊富な転職エージェント・転職サイト3選

転職満足度No.1!業界トップクラスの転職支援サービス DODA(デューダ)

総合評価 4.8
求人の質 4.5
サポート 4.8
スタッフ 4.7
  • 全国対応
  • 正社員
  • 未経験OK
  • フリーター歓迎
  • 女性
  • 非公開求人多数
  • 給料UP率高
  • スカウト
公開求人数 43,934件 非公開求人 131,280件 対象年代 全年齢 対応地域 全国対応
年収UP率 やや高い 得意職種
  • ◎全業種
  • 営業
  • 企画
  • 事務
  • ITエンジニア
  • 金融系
  • コンサルタント
業界最大級の非公開求人!転職者満足度No.1の転職エージェント

DODAの魅力は圧倒的な求人数と満足度の高さ。全国で10万件以上の求人は転職できる可能性を高めてくれます。また、DODAのキャリアアドバイザーは業界ごとのスペシャリストです。特定分野への転職に親身に相談に乗ってくれます。

年収1,000万円を超える求人多数!ハイクラス向け転職エージェント ビズリーチ

総合評価 4.5
求人の質 4.9
サポート 4.6
スタッフ 4.7
  • 全国対応
  • 正社員
  • 非公開求人多数
  • 給料UP率高
  • ハイクラス求人
  • スカウト
公開求人数 89,000件 非公開求人 非公開 対象年代 30代~50代の男女 対応地域 全国+海外
年収UP率 高い 得意職種
  • ◎全業種
  • ITエンジニア
  • 金融系
年収600万円以上の方に大人気!高収入の転職希望者は登録しておこう

ビズリーチの特徴は何といっても豊富な高収入求人。年収が500万円以下の求人はほとんどなく、年収1000万円超えの求人も豊富です。忙しい人には大企業から直接声がかかるスカウト制度もあり、忙しい中で効率的に転職活動を行いたい人にもおすすめできます。

IT/WEB業界のエンジニア・クリエイター職に強い!IT専門の転職エージェント レバテックキャリア

総合評価 4.6
求人の質 4.5
サポート 4.7
スタッフ 4.8
  • 正社員
  • 非公開求人多数
  • 給料UP率高
  • ハイクラス求人
  • IT専門
公開求人数 2,000件 非公開求人 10,000件 対象年代 28歳以下のITエンジニア 対応地域 東京都・埼玉県・神奈川県・千葉県・関西・福岡
年収UP率 非常に高い 得意職種
  • ITエンジニア
首都圏エリア・関西エリアのIT/WEBエンジニア・クリエイターは登録必須!

レバテックキャリアは IT/WEB系エンジニアとデザイナー・クリエイターに特化した転職エージェントです。首都圏・関西エリアでの求人に強く、年収を上げたい・待遇を良くしたいなどの要望が叶います。専門用語・最新技術の話が通じるキャリアアドバイザーが対応するので、スムーズに求人を紹介してもらえます。また、プログラミングを学んだことがある20代の方なら未経験も歓迎しています。

都道府県別おすすめ転職エージェントを利用して納得の転職を

こちらの記事も読まれています

特集記事