転職ノウハウ KNOW-HOW

IT業界へ転職したい人が知っておくべきすべてのこと【全年代向け】

更新日:2019.10.3
公開日:2019.10.3

「これまでの経験を活かしながら、さらにキャリアアップしたい」
「全く経験はないけれど、心機一転チャレンジしたい!」
——このような理由からIT業界への転職を希望する方は多いのではないでしょうか?

しかし、IT業界へ転職するためには、どんな準備をしたらいいのかわからない人も多いはず。そこで今回は、IT業界へ転職したい人が知っておくべきこと、すべてを網羅して紹介したいと思います。

IT業界の仕事内容と実態とは

まずは、IT業界の仕事内容や、労働の実態などについて紹介していきたいと思います。

IT業界への転職を成功させるためには、どんな仕事があって、どんな風に働くことになるのか、しっかり理解しておくことが重要です。

ここでは、IT業界で働くということがどういうことなのか、基本的な部分について解説していきますので、転職を考える際の参考にしてみてください。

IT業界の労働時間はやはり長いのか?

IT業界の残業時間は、ある調査によると年間で293時間未満、1日2時間未満となっています。

IT業界というと超激務で残業がとにかく多いというイメージをお持ちの方も多いかもしれません。しかし、実際にはそれほど多くないということがわかります。

一般社団法人「情報サービス産業協会」がIT企業354社にアンケートを行ったところによると、残業時間は1日2時間未満、有給消化率が55%となっているようです。

案件の追い込みにより一時的に忙しくなってしまうこともあるのがIT業界の特徴ですが、そんな場合はまとめて長期休暇を取得できるケースも多いようです。

転職する企業によって、状況は異なる可能性がありますが、実は思っているほど残業が多くない業界であるといえるでしょう。

必要なスキルと会得するタイミング

IT業界で働く人の多くが、社員研修によってプログラミングのスキルを身につけています。

また、IT業界で働く人の約3割は文系出身といわれており、「未経験である」とか「専門分野ではない」というのはあまり関係がないようです。

ただし、新卒や他の部署から異動してきた社員に対して、新人研修を行っていない企業は全体の約6割に上るというデータもあります。

これらのことから考えると、研修制度がしっかり整っている会社を選べば、未経験からでもスキルを身につけることは十分に可能といえるでしょう。また、それ以外の企業では、自分でスキルを身につけたうえで転職をすることが大切になります。

自分の状況に応じて、転職先についてはじっくり検討したほうがいいということですね。

実は高い定着率を誇るIT業界

IT業界に対するイメージとして、先述した残業の多さとともに、離職率が高いと考えている人も多いと思います。しかし、これも実際にはそうではありません。

やりがいを感じられると同時に、働きやすい労働環境であるかどうかを見極めるための指標に定着率というものがあります。

実は、IT業界の定着率は高く、10年以上勤務している人のうち、6割程度が仕事を継続しています。新卒社員の3割が就職から3年以内に退職してしまうことから考えれば、イメージと違い仕事を続けやすい業界であることがわかります。

このように定着率が高い理由は、勤務体系に加えて、労働環境の良さや報酬の高さ、福利厚生の充実度などが関係しており、他の業種と比較して「良い」と判断されやすいということです。

一方で、IT業界内でも、どの企業を選ぶのか、どの職に就くのかによっては、定着率のよしあしも多少異なりますので、注意が必要です。

IT業界の大まかな仕事内容とおすすめの職種

次に、IT業界の大まかな仕事内容と、なかでもおすすめの職種について紹介していきたいと思います。

IT業界といっても、その仕事内容は幅が広く、大きく一括りにして考えてしまうのは難しいので、どんな仕事があるのか理解しておくようにしましょう。

まず、IT業界は主に5つの仕事に分類することができます。

  1. インターネット・WEB業界:インターネットを介したサービス提供
  2. 通信業界:固定通信・移動通信サービスの提供
  3. ソフトウェア業界:機械の中身をサービスとして提供
  4. ハードウェア業界:機械の外見をサービスとして提供
  5. 情報処理:情報システムの構築や運用をサービスとして提供

このように分類してみると、同じIT業界でも、仕事内容が全く異なることがわかると思います。

IT業界では、プログラマーやエンジニアのほかに、セールスやマーケティング、バックオフィスなどの業務についてもニーズがあるので、自分にプログラムスキルがないからといって、IT業界への転職を諦める必要は全くないわけです。

では、IT業界でのおすすめの職種について紹介したいと思います。IT業界では、現在進行形で新しい技術がどんどん生まれています。そのなかでもすでに人気があり、将来性についても期待できる職種があります。

具体的には、以下の4つの職種をおすすめします。

  1. WEBエンジニア
  2. ネットワークエンジニア
  3. サーバーエンジニア
  4. データサイエンティスト

WEBエンジニア

WEBシステムの設計や構築、コーディングなどの業務をメインに担当するのがWEBエンジニアです。

それら以外にもサイトに誘導するためのマーケティングを行うなど、担当する範囲や分野によって担う役割は異なり、幅広い知識が必要とされる職種です。

インターネット環境の拡大に合わせて、より便利なサービスが提供されていくことが見込まれるので、今後もさらに広がりを見せていく職種といえます。

ネットワークエンジニア

インターネットを使用する際に必要になるネットワークの構築・保守などをメインに行う職種がネットワークエンジニアです。

企業で使用するパソコンなどの端末間において、データの送受信ができるようにネットワークを構築したり、異常がないかの監視や対応、メンテナンスを行ったりします。

これからもなくてはならないものであるため、将来的に仕事がなくなる心配はいらないでしょう。

サーバーエンジニア

インターネット環境におけるセキュリティの問題や、多量化していく情報の問題などを解決していく職種がサーバーエンジニアです。

企業の情報量と予算に合わせて、どれくらいのサーバーが必要なのかを設計するのがメイン業務となります。他にも、システムがアップデートされたときの設定を変更するなどの役割も担うことになります。

データサイエンティスト

IT業界のなかでも、特に注目を集めている職種の一つが、データサイエンティストという職種です。

この仕事は、企業に蓄積されているビッグデータ(顧客の購買履歴や商品の在庫などのデータ)を分析し、在庫管理業務の適切化や顧客に合わせた適切な広告内容の表示、新しい商品の開発などについて提案していくことがミッションとなります。

人工知能が注目を浴び、ビッグデータの活用が活発化していくことを考えれば、今後もニーズがあり続ける職種であるといえるでしょう。

年齢によって異なるIT業界への転職事情

ここからは、年齢によって異なるIT業界への転職事情について解説していきたいと思います。

年齢によって転職に対する準備や、転職成功への難易度が異なるということを理解しておく必要があります。

IT業界への転職を希望する場合は、年齢に合わせた戦略を考え、しっかりと準備をすることが重要ですので、以下に解説する内容を参考にしてみてください。

ITエンジニアとして成功するには20代での転職を

IT業界への転職を果たし、ITエンジニアとして成功するためには、20代で転職することが重要なカギとなります。

その理由は、例え未経験者だったとしても構わないので、一定数のエンジニアを確保したい、と多くの企業が考えており、20代のエンジニアを積極的に採用している傾向にあるからです。

IT業界が抱える問題の一つが人手不足であるということ。エンジニアの数ははっきりと足りておらず、IT業界への転職希望者は引く手あまたの状態です。

企業としては、できれば若くて、長く働いてくれる人材を確保したいので、20代のうちならIT業界への転職は、それほど難しいものではないといえるでしょう。

未経験でも転職しやすい

前職では他の業種に従事しており、これまでにIT関連の勤務経験がなかったとしても、比較的転職しやすいのがIT業界です。

というのも、先述したように、IT業界では深刻な人手不足が課題となっており、エンジニアの養成が急務となっているためです。

そのため、無料でエンジニアを養成するための期間や学校があったり、企業がエンジニア養成のための研修を行っているケースがあったりします。

これにより、初心者からでも基本的な知識を身につけて、即戦力として活躍しやすい環境が整っているのです。

エンジニアへの転職は20代後半までに済ませたい

もし、未経験からIT業界への転職を考えているのであれば、20代後半までには転職活動をスタートさせておいたほうがいいでしょう。

その理由は、全く新しいことを学ぶためには、若ければ若いほど有利になるからです。

もちろん、30代以降の方でも意欲があれば、エンジニアとしての専門知識を身につけることは可能です。しかし、知識を吸収するスピードは20代の方が有利であることは、言うまでもありません。

企業側もできるだけ若い人材を確保したがっている状況なので、なるべく早く決断し、行動を起こすことをおすすめします。

30代でITエンジニアを目指すならできるだけ早く行動を

30代になってからIT業界への転職を考えるのであれば、できるだけ早く行動を起こしたほうがいいでしょう。

なぜなら、30代になると人手不足のIT業界とはいえ、転職成功への難易度がグッと上がってしまうからです。

ただ、職業安定業務統計による一般職業紹介状況を見ると、平成29年度の30歳~34歳の有効求人倍率は2.26倍、35歳~39歳は1.99倍と、およそ2倍に近いことがわかります。これは、30代の求職者1人に対して、2件の求人があるということを意味しています。

これはIT業界にもいえることで、人材不足の課題が改善しないIT業界では、エンジニアやプログラマーなどを幅広く募集している状況が続いています。また、30代の求職者に対する募集が増加傾向にあるのも事実です。

つまり、30代でのIT業界への転職は「やや難易度が上がるが、諦めるような状況ではない」ということなのです。

ですから、できるだけ早く行動を起こし、自分を必要としてくれる企業に対してアプローチしていくことが大切になるのです。

30代はスキル習得が遅れやすい

30代でのIT業界への転職の難易度が上がってしまう要因の一つに、スキルの習得スピードが遅れやすいことが挙げられます。

もちろん、意欲と努力があれば、新しい知識を吸収していくことは可能です。しかし、20代と比較すると、遅くなってしまう傾向にあるのは否めません。

企業が実施するプログラミングスクールなどでも、25歳までや30歳までなど、年齢制限が設けられているケースが多くなっています。

そのため、30代で全くの未経験からIT業界への転職を目指す場合は、最大限の努力が必要になるということを理解しておかねばならないでしょう。

ただし、以下のような場合は、例え未経験だったとしても採用される可能性が高くなりますので、積極的にチャレンジしてみるのも良いでしょう。

  • 前職で企画や開発の仕事に関わっていた場合
  • WEBデザインなど何かしら関連する分野で高いスキルを持っている場合
  • 前職で異業種でも専門性の高い仕事に携わっていた場合
  • 転職活動中に基本的なプログラミングスキルを習得している場合
  • 計画的なキャリアプランを明確にできている場合

IT業界が30代に求める適正とは

30代エンジニアがIT業界へ転職する場合、企業側は能力や経験などの適性を見るようになります。

その理由は、求職者が即戦力として活躍し、会社に貢献できるかどうかが重視されるようになるからです。

具体的に、30代エンジニアが求められる適性の一例は以下の通りです。

  • プロダクトの開発・プロジェクトへの参加などといった前職での経験
  • 転職先の企業で即戦力となる高いスキル
  • 専門性の高いアイデアやプレゼン能力
  • コスト管理などのマネジメントスキル
  • チームをまとめるためのコミュニケーションスキル

このような経験やスキルがあり、企業側に対して適切にアピールすることができれば、30代でもIT業界への転職に成功する確率は高くなるでしょう。

40代でのIT業界への転職は2パターンに分かれる

40代でのIT業界への転職では、年齢が原因となって転職成功への難易度はさらに上がると考えておきましょう。

そして、40代での転職では、大きく2つのパターンがあることを理解しておかねばなりません。

  1. これまでの経験を活かしてキャリアに進む転職
  2. 未経験者としてイチから頑張る転職

それぞれについて、詳しく解説していきましょう。

これまでの経験を活かしてキャリアに進む

40代でIT業界への転職をするパターンの一つが、「経験を活かしてキャリアに進む」というものです。

要因としては、企業側が40代の人材に対して、管理職スキルを求め、将来の幹部候補として期待しているケースが多いためです。

IT業界は、比較的年齢層が若い業界であるため、管理職を任せられるミドル層の人材が少ないのが特徴でもあります。

そのため、企業のトップ層で活躍できる管理職スキルを持っていたり、企業規模・役職などにこだわりがなく、自分に合う転職先を探したりしているような場合は、転職成功につながる可能性が高くなるでしょう。

また、エンジニアの場合でも、スペシャリストとしてのスキルや技術を持っている場合は、40代でも採用される確率は高くなります。

未経験者としてイチから頑張る

一方で、全くの未経験者として、イチから頑張りたいという場合はどうなのでしょうか?

40代で未経験者の場合、できる仕事の種類は限られてしまいます。ですが、中小企業やゲーム業界などでは、人手不足はより深刻なので狙い目といえるでしょう。

そして、それらのなかでもスキルを身につけやすく、未経験者でも積極的に採用している職種がおすすめです。

例えば、ゲーム業界における40代からでも転職が成功しやすい職種は、以下の通りです。

  • ネットワークエンジニア:ネットワークの設計・構築・監視・運用
  • プログラマー:プログラム・システム・ソフトウェアの制作
  • デバッカー:プログラムのバグの除去
  • テストエンジニア:システムをテストし、不具合を発見

これらのなかでも、プログラマー、デバッカー、テストエンジニアのスキルは40代以降でも比較的身につけやすいので、選択肢の一つとして検討してみる価値はあるといえるでしょう。

IT業界への50代での転職は戦略が必要

50代ともなると、他の年代と比較しても転職が難しくなるのは想像に難くないでしょう。しかし、50代だとしてもIT業界への転職は可能です。

50代でIT業界への転職をしたい場合、転職に対する「戦略」が大切になります。しっかりとしてコンセプトと信念を持って転職活動を行うことができれば、転職を成功させることができるでしょう。

経験豊富な50代を求める企業

IT業界では、経験が豊富な50代が求められるケースが大いにあります。

その理由は、業界自体が若いIT業界において、経験が豊富なプレーヤーがまだまだ少ないからです。

現役の50代エンジニアの場合、大規模案件をこなしていたり、これまでにかなりの場数を踏んでいたりする場合があり、業界において極めて貴重な存在であるといえるのです。

また、中小企業やベンチャー企業など、規模が小さな企業の場合、若い世代のエンジニアを育てるための体制を整えにくいという課題があります。

経験値が高く、若手エンジニアにとって手本となるような50代エンジニアは、さまざまな企業にとって価値が高くなる可能性があるということです。

ポータブルスキルが転職成功の鍵

50代でのIT業界への転職で重要になるのが、ポータブルスキルです。

ポータブルスキルとは、日本語で「持ち運べるスキル」ということ。つまり、業種や職種の枠を超えても通用する、汎用性の高いスキルのことをいいます。

例えば、以下のようなスキルについて考えてみましょう。

  • 環境の変化に対応できるスキル
  • 迅速に判断できるスキル
  • リーダーシップによって周りのモチベーションを上げられるスキル

これらのスキルは数値化することが難しいですが、一方で、仕事においては大変重要なスキルばかり。そして、これまでの経験によって培われることが多く、自覚が無くても身についていることが多いスキルでもあるのです。

さらに、ポータブルスキルは、近年企業側からも注目を集めています。ポータブルスキルのある人材を確保できれば、企業の体質を改善したり、競争力を高められたりする効果を見込めるためです。

ですから、自分のポータブルスキルについて分析を行い、自分が持つスキルをしっかりとアピールできれば、転職活動に有利に働くことになるのです。

専門のサービスや転職エージェントに依頼すれば、自分のポータブルスキルを診断してくれますので、ぜひ活用して自分の望む転職を実現できるようにしましょう。

IT業界で働く場合のメリットとデメリット

ここからは、IT業界で働く場合のメリットとデメリットについて解説していきたいと思います。

IT業界へ転職するのであれば、IT業界がどのような業界であるのか、メリットやデメリットには何があるのか、についてしっかりと理解したうえで判断することが重要です。

以下に解説していく項目について確認しながら、IT業界への転職を目指すべきかどうかよく考えてみましょう。

IT業界で働くメリット

まずは、IT業界で働くメリットから解説していきましょう。

市場拡大が著しい成長産業である

IT業界で働くメリットの一つが、市場が拡大し成長が著しい産業であることです。

最近はIoT(Internet of Things)技術が普及している段階で、一般的な家電製品がインターネットと提携することで、さまざまなことが実現できるようになっています。一昔前までは、実現すらできなかったことが、現在ではできるのが当たり前になる世界。それらのもととなっているのがインターネットです。

急速な発展を見せるインターネットの世界において、仕組みを構築したり、サービスを提供したりしているのがIT業界なのです。ですから、今後もニーズがなくなることは考えにくいでしょう。

つまり、IT業界は今後も安定している業界であるということができるわけです。

実力主義的な世界である

IT業界が実力主義的な世界であるということも、働くメリットの一つです。

IT業界では、いわゆる年功序列制度が浸透しておらず、仕事ができる人から昇給・昇格していく世界です。

そのため、他業種の同世代と比較しても、高給取りになれる可能性があります。ポストが開くのを待つのではなく、自分の実力で掴みに行けるというのは、考え方によっては大きな魅力となることでしょう。

専門的なスキルを身につけることが可能

IT業界では、専門的なスキルを身につけることができるというのも大きなメリットとなります。

IT業界において身につくのは、具体的に以下の3つのスキルです。

  1. プログラミングスキル
  2. WEBマーケティングスキル
  3. 業務自動化スキル

そして、これらのスキルの特長は、業務において役立つだけではなく、「個人でも実践することができる専門的なスキルである」ということです。

つまり、その企業だけではなく、他の企業においても役に立つスキルが身につくというわけです。このように、自分の市場価値が上がりやすいというのは、IT業界で働くうえで大きなメリットとなるのです。

多様な働き方ができること

IT業界では、多様な働き方ができるというのも、メリットの一つです。

最新ツールや新しい技術を積極的に取り入れる傾向があるIT業界では、さまざまな働き方を容認している企業が多くなっています。

特に、在宅で仕事ができるリモートワークが許容されていることが多いのは、IT業界の特徴の一つといえるでしょう。

しかし、先述したように実力主義の世界であるIT業界では、どのような働き方をしていたとしても、結果を出せば問題ないのです。

加えて、IT企業に入社して経験を積んだ後は、自分で起業したり、フリーランスとして独立したりしやすいのもIT業界の特色。

自分の状況や心境の変化に合わせて、柔軟に働き方を変えられるというのは、IT業界で働くうえで、大きな魅力であることは間違いありません。

キャリアの選択肢が広い

キャリアの選択肢が広いということも、IT業界で働くことのメリットです。

IT業界では、人や企業によって働き方や雇用形態はさまざまであり、加えて業界の歴史がまだ浅いこともあって、縦割りではなくフラットなカルチャーが根付いているからです。

そのため、一つの技術を突き詰めるスペシャリストになったり、チームをまとめるマネジメント職に就いたりなど、多様なキャリアを選択することが可能です。

IT業界で働くデメリット

では、IT業界で働くことのデメリットについて考えてみることにしましょう。

技術を習得し続けなければならない

IT業界でエンジニアやプログラマーとして働いていくためには、技術や知識を習得し続けなければならない、ということはデメリットの一つといえるでしょう。

ITの世界では、日々新しい技術が誕生し続けているからです。

インターネットの普及と、それに合わせたサービスが拡大していくほど、新しい技術を取り入れていく必要性に迫られることでしょう。それに対応するためには、恒常的に技術と知識を習得し吸収していくことが不可欠となります。

そのため、ルーティンワークを希望している場合は、エンジニアやプログラマーへの転職は向かないと考えたほうがいいでしょう。

速い変化に対応しなければならない

IT業界では、変化の速さに対応しなければならないというのも、デメリットといえます。

先述した技術と同様に、企業の制度や仕組みなど、変化が激しいのがIT業界の特徴です。そのスピード感についていくため、場合によっては相当な努力が必要になるかもしれません。

変化の速さに対応できなければ、必然的に取り残されていくことなる、という覚悟を持っておかないと転職することはおすすめできません。

制度が整っていない会社もある

企業によっては制度が十分に整っていない場合があるというのも、デメリットです。

業界の歴史が浅く、ベンチャーとしてスタートアップもしやすい、というのがIT関連の企業の特長。そのため、会社に勢いはあったとしても、福利厚生や休日制度など、働くうえでの制度が整っていないケースがあるのです。

転職活動を行う場合は、自分がやりたいことだけではなく、自分の人生を預けて働くことができる企業かどうかを、しっかり見極める必要があるでしょう。

IT業界から人が離れていく理由

ここからは、IT業界から人が離れていく理由について解説していきたいと思います。

IT企業への転職を希望する人がいる一方で、他の業界へと転職していく人もいます。それらの転職理由は、今後IT業界で長く働いていくうえでの参考にすることができるでしょう。

具体的には、以下のような不満が理由となって転職しているケースが多いようです。

  • 仕事内容への不満
  • 賃金に対する不満
  • 労働時間に対する不満
  • 評価に対する不満
  • 人間関係への不満

このようにしてみてみると、他の業界の転職理由とさほど変わらないことがわかります。それぞれについて詳しく見ていきましょう。

仕事内容に不満がある

IT業界からの転職を考える原因の一つが、仕事内容に対する不満です。

IT業界では、役職が無かったとしても裁量を持った仕事を任せてもらえる場面が多いのが特長です。しかし、それは同時に能力の高い社員に仕事が集中しやすいということでもあります。

そのため、入社からある程度時間が経過したタイミングで「能力の高い」社員になっていない場合、仕事を任せてもらうことが難しくなるケースが出てきます。

こうなると、相当の努力をしないと評価を挽回することは難しくなってしまうため、転職を考えるようになるようです。

賃金に対する不満がある

IT業界からの転職を考える原因には、賃金に対する不満も関係しています。

IT業界が実力主義の世界であるため、勤続年数が短くても高給を稼ぐ社員がいれば、いくら働いても昇給しない社員も存在します。

また、業界自体が若いため、給与体系や人事制度が整っていないケースがあり、業績が伸びていても、給与に反映されないようなケースもあります。

このような状況に置かれ続けると、自分の未来や収入に対して不安を感じ、転職を考えるようになるのです。

労働時間に対する不満がある

次に挙げられる転職理由に、労働時間に対する不満が挙げられます。

先述したように、残業時間が短いIT企業が存在していることは紛れもない事実です。しかし、職種や企業の立ち位置によっては、残業時間が多いケースがあるのも、同じく事実なのです。

これには、IT関連の業務内容に対して、進捗管理が難しいことや、場合によっては発注先に常駐して仕事を行うこと、開発プロセスの外注による多重下請け構造などが関係しています。

ですから、転職先を検討する場合は、たとえ長時間労働になったとしても、自分がやり切れる仕事かどうかをしっかり考えねばなりません。

上司や会社からの評価に対する不満がある

上司や会社からの評価に満足がいかないということも、転職を考える理由となります。

他の業種でも同じことが言えますが、実はIT業界ならではの理由もあります。それは、技術の進歩が速く、業務内容が日々更新されていくことで、社員の貢献度を計る指標などを整備することが追い付かなく可能性があるということです。

評価が上がらない状況が続いてしまうと、転職を検討するようになるのは、ある意味自然なことといえるでしょう。

そのため、自分が取り組んだ仕事の貢献度について、誰に対してもしっかりアピールできるようにしておくことが重要になります。

人間関係への不満がある

また、人間関係に対する不満も、IT業界からの転職理由の一つです。

IT業界では、規模の小さなベンチャー企業や中小企業が多く存在します。そのような企業では、社員の数が必然的に少なくなるため、一人ひとりとの関係性が密になりやすくなります。

そのような環境に馴染むことができず、一度社員の和から外れてしまうと、仕事のやりづらさを感じてしまうでしょう。

規模が小さい会社への転職を希望する場合は、社風があっているかどうか、自分が働きやすい環境かどうかを確かめることも大切になるでしょう。

IT業界への転職に失敗する原因

ここからは、IT業界への転職に失敗してしまう原因について解説していきたいと思います。

転職を成功させるためには、これまでに転職に失敗した前例を知り、そこから学ぶことが大切です。

具体的には、以下のようなことが原因で、転職に失敗してしまうケースがあります。

  • 年齢による評価の変化を知らない
  • 転職に対して本気ではない
  • 社内評価が通用しない
  • 自分のスキルについて正しく把握できていない
  • 受け身で意識が低い
  • キャリアに対するビジョンが明確ではない
  • イメージだけで転職先を選択している
  • 安定を求めすぎている

年齢による評価の変化を知らない

IT業界への転職に失敗してしまう原因の一つに、年齢による評価の変化を知らないことが挙げられます。

同じIT業界への転職を望む求職者でも、20代、30代、40代など年齢によって求められる要素が異なるからです。

先述した通り、年齢によって転職成功への難易度は異なります。それは、ある意味で仕方のないことでしょう。

つまり、自分の年齢では何が求められ、どんな実績が評価されるのかをある程度知らなければ、希望する企業へ応募したとしても、採用へとつながりにくくなってしまうというわけです。

転職に対して本気ではない

転職に対して本気で考えていなかったり、行動していない、状態で成功することはないでしょう。

なぜなら、転職市場に求人情報を公開している企業は、自分の会社に本気で貢献してくれる人材を求めているからです。

実は、はっきりとした理由がない、もしくは、あいまいな理由しか持たずに転職を希望する人が多いのが現状です。しかし、企業の採用担当者たちは、そのような意気込みをすぐに見破ってしまいます。

もし転職を希望するのであれば、なぜ転職したいのか、その理由を明確にすることからスタートするべきといえるでしょう。

社内評価が通用しない

IT業界での転職では、社内評価が他の企業では通用せず、転職成功へとつながらないことがあります。

転職する場合は、求職者自身の市場価値がどれほどであるかがものをいうからです。

社内での評価しか受けたことがない場合は、転職活動で市場から厳しい評価を受けるケースがあります。また、役職についている場合でも、それが必ず転職先に評価されるかどうかはわかりません。

大切なことは、自分の市場価値がどれほどのもので、社外でも通用するのかどうかを知ること。そこから、自分に合う企業をピックアップするか、もしくは、自分のスキルを向上させなければなりません。

自分のスキルについて正しく把握できていない

自分のスキルについて正しく理解できていない場合も、転職に失敗してしまうことがあります。

なぜなら、転職活動中の面接においては、求職者が自分のスキルについてアピールする必要があるためです。

面接とは、企業側と求職者が共に働くことでプラスになるかどうかを見極める場。そのための時間は非常に短いため、求職者は端的に自分のスキルや強みを伝えなければなりません。

しかし、自分のスキルについて棚卸しができていなかった場合、自分のことをうまくアピールできなかったり、アピール自体が的外れなものになってしまったりしてしまうのです。

自分の市場価値を知ったり、応募する企業を選択したりする場合には、自分のスキルについて正しく理解することが重要になることを覚えておきましょう。

受け身で意識が低い

求職者が何事にも受け身で、意識が低い場合は転職に成功することはないでしょう。

新しく学びたい分野があるという求職者でも、実際には何の勉強もしていなかったり、仕事に対する基礎知識が欠けていることに対して、キャッチアップしようとしていなかったりするケースは多いそうです。

そのような場合、採用担当者に「意欲を感じられない」と評価されてしまい、面接で落とされてしまう可能性が高くなります。

実際、プログラミングは独学でも勉強できたり、自作でアプリを開発したりすることもできるもの。20代の場合はポテンシャルに期待されて採用されるケースもありますが、30代以降の場合、このような姿勢だとかなり厳しくなると覚悟しておいた方がいいでしょう。

キャリアに対するビジョンが明確ではない

キャリアに対するビジョンが明確ではない場合も、転職に失敗してしまうことが多いようです。

キャリアについて考えていない場合、志望動機が曖昧に感じられ、年齢の割に考えが浅いと判断されるため、採用されなくなってしまうからです。

30代以降の転職ともなると、なぜ今のタイミングで転職を希望したのか、今後のキャリアについてどのように考えているかなど、自分の軸となる考え方が大切になります。

転職を希望する際には、今後のキャリアについてもしっかりと考えておくようにしましょう。

イメージだけで転職先を選択している

自分が持つイメージだけで転職先を選択している場合も、転職に失敗してしまうことが多いです。

転職先の企業が求めるものは、あなたの「この企業に転職したい」という気持ちではなく、転職してから何ができるのかということだからです。

例えば、安定を求めて大手のIT企業に転職したいと考えていたとしても、それは企業側にとって採用する理由にはならないのです。

何故その企業を希望するのか。また、転職先で何かができ、何がしたいのかをはっきりさせておかなければ、あなたの転職活動は厳しいものになってしまうでしょう。

安定を求めすぎている

IT企業に対して安定を求めすぎている場合も、転職を成功させるのは難しいかもしれません。

そもそもIT業界は歴史がまだ浅く、長い企業でも創業から30年前後です。そのため、IT業界ではチャレンジ精神を持っていることが歓迎されやすく、大企業や公務員のような安定性を求めていること自体、少しずれていると捉えられる可能性があります。

それなら、もっと意欲的な人材を採用したいと企業側が考えるのは、自然なことといえるのです。

IT業界への転職に成功する人の特徴とは?

ここからは、IT業界への転職に成功する人の特徴について解説していきたいと思います。

簡単にいうと、先程解説した「IT業界への転職に失敗する原因」の逆をいくような人なら、IT業界への転職は成功しやすくなるでしょう。それらの特徴をまとめると、以下のようになります。

  • 自分の能力をしっかり把握している
  • 企業が評価するポイントが理解できている
  • 転職に対する理由が明確である
  • 好奇心たっぷりの20代である

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

自分の能力をしっかり把握している

自分の持つ能力についてしっかり把握できている人は、IT業界への転職が成功しやすくなります。

このような人は自己分析をしっかり行えており、自分に見合った転職先を選択することができるからです。

自分の能力を過大評価してしまっては、適切な転職先を選択することは難しくなります。また、過小評価してしまったら、転職先の選択肢が狭まってしまうため、希望する企業を見つけることは難しくなってしまいます。

周囲と比較しながら、冷静に自分について理解することこそ、転職成功の第一歩であるといえるでしょう。

企業が評価するポイントが理解できている

企業が評価するポイントが理解できている人も、転職に成功しやすくなるでしょう。

このような人は、企業側が納得できるような転職理由を表明できるうえ、それに見合った自己アピールができるからです。

先述したように、自己分析は転職活動において重要ですが、それに加えて応募する企業や業界について分析することも同じくらい大切なこと。

それらがしっかりできていれば、企業とのマッチング精度も上がるので、転職が成功しやすくなるというわけです。

転職に対する理由が明確である

転職理由が明確である場合も、転職に成功しやすくなります。

なぜなら、企業側は意欲があり、覚悟を持った人材を確保して、会社にいい刺激を与えたいと思っているからです。

面接では必ず確認される転職理由が、明確であればあるほど「何がしたくて当社を希望したのか」について納得してもらいやすくなるので、採用されやすくなるのです。

好奇心たっぷりの20代である

好奇心にあふれた20代である場合も、IT業界への転職は成功しやすいといえるでしょう。

企業側は募集する人材の年齢について幅を設けていたとしても、好奇心と意欲にあふれた若い人材を確保しようとするからです。

IT業界での仕事では、プログラミングなどの専門用語や専門知識を求められることになるため、未経験者の場合はまず周りに追いつくことが大切です。

このような場合、すぐにではなく、将来的に活躍してくれるであろう「20代のポテンシャル」に期待して採用を行う企業も多いのが実情です。

そのような環境に身を置くためには、IT知識に関する好奇心があることが最低条件。これらを兼ね備えていれば、転職成功への道は開けてくるでしょう。

IT業界へ転職するために知っておくべきこと

ここからは、IT業界へ転職するために、知っておくべきことについて解説していきたいと思います。

IT業界への転職に失敗する原因や、成功する特徴のほかにも、知っておくことでためになることがあります。

具体的には、以下の3つについて解説します。

  • 資格があると有利だがなくても大丈夫
  • 未経験だとしても転職可能
  • 楽そうであるという幻想は捨てるべき

資格があると有利だがなくても大丈夫

IT業界への転職では、資格があったほうが有利になることは間違いありませんが、仮に資格を持っていなかったとしても転職は可能です。

専門的な技術が必要だと思われているIT業界ですが、現役のエンジニアのなかには資格を持っていないという人もたくさんいます。

また、採用に関しても資格を持っていない人を対象にしているケースが多いので、入社後に専門技術を身につければ活躍することは十分に可能です。

もちろん資格があることに越したことはありませんが、仮になかったからと言ってIT業界への転職を諦める必要はありません。

未経験だとしても転職可能

IT業界へは、未経験者でも転職することが可能です。

経験がなかった場合は、専門的な知識について学ぶことが不可欠ですが、入社後の研修やOJTなどで身につけることができます。

実際に、業界未経験の状態から現役のエンジニアとして活躍している人は、想像以上に多いもの。

他業種での経験をどのように活かせるかをしっかりアピールできれば、未経験でも採用される可能性は十分あります。

楽そうという幻想は捨てるべき

IT業界は楽そうだという幻想は、捨てておくべきといえるでしょう。

その理由は、IT業界が例え売り手市場だったとしても、決して楽ができる業界ではないからです。

特に、ITスキルは日進月歩で変化していきます。そのため、エンジニアとして働くのであれば、新しい技術について常に学び続けなければなりません。

また、プログラミング言語は世界共通であるため、今後、人件費の安い国にアウトソーシングされることも十分に考えられます。

日々精進しながら、世界中のライバルたちと競わなければならないのが、IT業界で働く宿命であると考えましょう。

IT業界へ転職するために最低限しておきたい準備

ここからは、IT業界へ転職するために最低限行っておきたい準備について解説していきたいと思います。

具体的には、以下のようなことを準備しておくといいでしょう。

  • IT知識に関する勉強を始めておくこと
  • インフルエンサーをフォローしておくこと

IT知識に関する勉強を始めておくこと

IT業界へ転職する場合は、IT知識に関する勉強を始めておくようにしましょう。

特に、異業種からIT業界への転職となる場合は、持ち合わせているスキルと学習意欲が選考基準となるケースが多いためです。

もともとIT業界で働いており、今あるスキルをそのまま引き継げばいいというケースでは、それほど心配はいりません。しかし、未経験者の場合、転職先での業務に必要なスキルを持ち合わせていることはほとんどないでしょう。

自分から勉強を始めておくことで、たとえ少しでも知識を身につけることができますし、さらに面接の際のアピールポイントにすることもできます。

具体的には、以下のような勉強方法があります。

  • プログラムに関する本を読む
  • IT勉強会に参加する
  • 職業訓練校を利用する
  • プログラミングスクールに通う

どんなことでも構いませんので、少しでも動き始めるということが大切です。

インフルエンサーをフォローしておく

転職前の準備として、インフルエンサーをフォローしておくことをおすすめします。

転職準備として勉強を始めるのと並行して、SNSやブログなどでIT業界に関わりの深い人物や、影響力のある人物についてチェックしておけば、情報への感度が高まり、業界内のトレンドについても把握できるようになります。

また、お気に入りのインフルエンサーを見つけることができれば、考え方を参考にすることもできますし、自分の目標なども見つけやすくなる可能性があります。

IT業界での転職先を選ぶポイント

ここからは、IT業界で転職先を選ぶときのポイントについて解説していきたいと思います。

これらのポイントを押さえておくことで、満足できる転職先を正しく見極めることができます。

具体的には、以下のようなポイントがあります。

  • 自分に合う企業を選択すること
  • これから伸びる企業を選ぶこと
  • その企業で働く人の生の声を聞くこと
  • 比較的安定している企業を求めるなら大手企業を選ぶこと

それでは、詳しく解説していきましょう。

自分に合う企業を選択すること

IT業界で転職先を選ぶ際には、自分に合う企業を選択することが大切です。

一口にIT企業といっても、大企業からスタートアップして間もない企業などさまざまです。

取り組んでいる仕事内容や社内風土もすべて異なり、仕事のしやすさや継続性、キャリアビジョンなどさまざまな面に影響するため、自分に合った企業を正しく選べるかどうかは非常に重要なことなのです。

そこで、次の3点について自分で紙に書き出してみましょう。

  1. 転職先で何がしたいのか
  2. どんな環境で働きたいのか
  3. 転職先に何を求めるのか

そうすると、自分が求めているものと、現状のギャップについて把握することができます。このギャップを理解し、それを埋められる転職先の企業を探すと、自分に合った企業を探しやすくなるでしょう。

これから伸びる企業を選ぶこと

IT業界で転職先を選ぶ際には、これから伸びる企業を選ぶことも大切です。

今後も広がりを見せると見込まれているIT業界のなかでも、今後さらに伸びていくと期待できる企業を選択すれば、働きがいも大きくなり、入社後も楽しく仕事に取り組むことができるからです。

例えば、高齢者がより増えていく現状を考えると、ITと医療分野のミックスした分野は、かなり伸びていくと考えらえます。

情報を収集して業界分析や今後の展望などを考えていくと、おのずと伸びていくと思われる分野について把握することができるでしょう。

その企業で働く人の生の声を聞くこと

転職先の企業を選択するためには、その企業で働いている人の生の声を聞くことも重要です。

なぜなら、会社の風土や働き方、キャリアプランが実現できるかなどについて判断しやすくなるためです。

企業情報をホームページで確認したり、分析したりするだけでは、働く環境や社内風土などは判断することが難しいでしょう。

企業の口コミサイトやビジネスSNSなどを使えば、社内の環境などについてより詳しく知ることができ、転職先にふさわしい企業かどうかを見極めやすくなりますので、うまく活用してみましょう。

比較的安定している企業を求めるなら大手企業を選ぶこと

IT業界内でも比較的安定している企業を選びたいと考えているのであれば、大手企業を選択するようにしましょう。

大手企業なら仕事の分担や権限の範囲などの仕組みがしっかりしていることが多く、休日制度や福利厚生も、中小企業やベンチャー企業と比較して充実していることが多いです。

また、大手企業の場合は、業績も安定しているケースが多いため、安心して働きたいという場合は、選択肢に加えて検討したほうがいいでしょう。

IT業界へ転職する際に注意すべきこと

ここからは、IT業界へ転職する際に注意すべき点について解説していきたいと思います。

具体的には、以下のような点に注意する必要があるでしょう。

  • 情熱を持って取り組める仕事なのかを考える
  • 求人数の多さを確認する
  • 研修・育成にシステムについて確認する

それでは、詳しく見ていくことにしましょう。

情熱を持って取り組める仕事なのかを考える

IT業界へ転職する際には、情熱を持って取り組める仕事かどうかをしっかりと考えておく必要があります。

これは、他の職種でもいえることですが、本当に自分がやりたいと思える仕事でなければ、仕事に対する情熱が薄れ、また転職を考えてしまう可能性があるためです。

IT業界は売り手市場で、働いてくれる人材を求めていることは間違いありません。しかし、転職して仕事に取り組むのはあなた自身です。もしイメージだけが先行してIT業界への転職を考えているのであれば、それは危険といえるでしょう。

転職というのは、年齢によっては今後の人生にも大きく関わってくるもの。ですから、情熱を持って取り組めるかどうかは、とても重要だということを理解しておきましょう。

求人数の多さを確認する

IT業界への転職を考えるなら、自分が就きたい職種の求人数についても確認しておくことが必要です。

自分がやりたいと思う仕事でも、求人数が少なければ転職が成功する確率が低くなってしまうからです。

年齢やスキル、市場価値なども大切ですが、そもそも求人があるのかないのか、求人がある場合は、その数はどれほどのものなのか、把握しておくようにしましょう。

研修・育成のシステムについて確認する

IT業界への転職では、希望する転職先に研修や育成のシステムが整っているかどうかを確認することも重要です。

企業によっては、これらの制度について整っていないケースがあり、思うようにスキルを身につけることができない可能性があるためです。

特に未経験でIT業界へ転職する場合は、業務に対する専門的なスキルを習得することが最重要となります。

そこで、研修をしてもらえなかたり、しっかり育成されない環境を選択してしまったりすると、いつまでたってもスキルを身につけることができず、会社に貢献することもできないでしょう。

転職先の研修・育成に対する制度、取り組みについては、必ず確認しておきましょう。

IT業界への転職を成功させるためのポイント

ここからは、IT業界への転職を成功させるためのポイントについて解説していきたいと思います。

具体的には、以下のようなポイントについて押さえておくことが大切です。

  • 自分のスキルについて棚卸しをすること
  • 自分のスキルを磨くこと
  • 情報収集を積極的に行うこと
  • インプットとアウトプットをセットにすること
  • 転職する理由を明確にしておくこと
  • 関連する知識や資格を取得しておくこと
  • 前職での経験をどのように活かせるのかを考えること
  • 転職しやすい職種を選択すること
  • 転職エージェントを利用すること

自分のスキルについて棚卸しをすること

IT業界への転職を成功させるためのポイントの一つが、自分のスキルについて棚卸しをするということです。

転職活動において、自分をアピールすることは大切ですが、そのためには正確な自己分析を行わなければならないからです。

特に、自分のスキルについては、意外なほど正確にわかっていないことが多いもの。紙に書き出すなどして、これまでにどんな業務に携わり、どんな役割を担ってきたのか、細かく振り返ることで、自己分析がしやすくなります。

そうすれば、自分がどのレベルのスキルを持っているのかを再認識することができ、自分をアピールしやすくなるほか、自分とマッチする企業を探しやすくもなります。

自分のスキルを磨くこと

転職を成功させるためには、自分のスキルを磨くこともポイントの一つです。

自分のスキルを棚卸しして客観的したあとに、それを磨くことができたら、自分のアピールポイントを強化することができるからです。

そうすれば、採用担当者の目にも止まりやすくなるでしょうし、他の求職者よりも欲しいと思ってもらえる可能性が高くなるかもしれません。

さらに、入社後も会社に貢献できやすくなるので、まさに一石二鳥といえるのではないでしょうか?

情報収集を積極的に行うこと

IT業界への転職を成功させるためには、情報収集を積極的に行うことも大切なポイントです。

転職について詳しい情報を手に入れることができれば、転職活動を有利に進めることができるからです。

例えば、IT業界への転職成功者に話を聞くことで、転職活動時に気を付けるべきポイントや、新しい環境で仕事をスタートする時の参考にすることができます。

また、IT関係の勉強会に参加すれば、業界の貴重な情報やこれから必要になるスキルなどについても知ることができたり、同年代のエンジニアとのつながりできたりするでしょう。

情報をたくさん仕入れることは、転職を成功に導きやすくなるということを理解してきましょう。

インプットとアウトプットをセットにすること

転職を成功させるためには、インプットも必要ですが同時にアウトプットすることも重要です。

その理由は、自分の知識や経験をアウトプットしておくことが、転職活動でのアピールポイントにもなりうるからです。

ブログやSNSを使って自ら情報を発信することで、知識や技術を自分に定着させることができます。

また、面接だけでは伝えきれないような部分についても、知ってもらえる可能性もあります。場合によっては、企業側からオファーが届くことだってあるでしょう。

実は効果的なポイントであるにもかかわらず、実行している人が少ないので、他の求職者との差別化につながるかもしれません。

転職する理由を明確にしておくこと

IT業界への転職を成功させるためには、転職理由を明確にしておかなくてはなりません。

中途採用での面接では、転職の理由について必ず確認されるからです。

転職理由が曖昧な場合、面接を通過することはできません。ですから、企業の採用担当者が心から納得できる転職理由を表明できなければならないのです。

繰り返しになりますが、自分自身を振り返り、転職を希望する理由について、しっかり説明できるようにしておきましょう。

関連する資格を取得しておくこと

IT業界への転職を成功させるためには、業務に関連する資格を取得しておくことも有効な手段といえます。

IT系の資格には、以下のようなものがあります。

  • HTML5プロフェッショナル認定試験
  • PHP技術者認定試験
  • Ruby技術者認定試験
  • JavaSE8認定試験
  • 基本情報技術者試験(FE)

これらの資格は、絶対必要というわけではありませんが、取得しておくことでスキルを客観的にアピールすることができますし、自分のスキルアップにもつながりますので、前向きに勉強してみてはいかがでしょうか?

前職での経験をどのように活かせるのかを考える

IT業界への転職を成功させるためには、前職での経験をどのように活かせるのかを考えることが大切です。

その点をしっかりアピールでき、企業にマッチングできれば、採用される可能性が高まるからです。

特に、異業種からの転職の場合、IT関連の経験がない場合がほとんどです。しかし、マーケティングやマネジメントなどの経験があれば、IT業界でも十分に活かして働くことができるでしょう。

経験が活かせるかどうかを考え、言語化することで自分自身をアピールする材料にもなりますので、じっくり考えてみることをおすすめします。

転職しやすい職種を選択する

IT業界への転職を成功させるためには、転職しやすい職種を選択することもポイントの一つといえるでしょう。

一般的にIT業界内の職種で転職しやすいといわれているのは、以下の3つの職種です。

  1. エンジニア・WEBデザイナー職
  2. 営業職
  3. マーケティング職

エンジニア・WEBデザイナー職

IT業界でメインとなるエンジニア職やWEBデザイナー職は比較的転職がしやすい職種です。

多くのIT企業で経験者の中途採用が頻繁に行われているため、スキルと実績があれば転職先を見つけることは、それほど難しいことではありません。

また、20代の人材はポテンシャルに期待して採用されることもあるので、未経験だとしても転職に成功する可能性はあります。

一方、30代以降になると、十分なスキルや実績、またはマネジメントスキルなどを持ち合わせていないと、採用されにくくなってしまうので注意が必要です。

営業職

IT業界の職種のなかでも、営業職は最も採用されやすいといわれています。

その理由は、営業の場合、IT関連の専門的なスキルが必要ないケースが多いからです。

営業経験があれば、前職の業界が何であれ経験を活かして働くことができます。また、未経験からでも挑戦しやすいことも、営業職の特長ですから、果敢に挑戦してみるのも面白いでしょう。

マーケティング職

IT業界におけるマーケティング職も、比較的転職がしやすい職種です。それは、マーケティングの業務領域の幅が広いことが関係しています。

例えば、テレビCMを担当する場合、SNSなどのインターネットを使った告知をする場合、WEBディレクターを担当する場合。これらすべてIT業界では「マーケター」と呼びます。

このように、職種の幅が広いため、必然的に転職がしやすくなるというわけです。

転職エージェントを利用する

IT業界への転職を成功させるためには、転職エージェントを利用するのも重要なポイントです。

転職エージェントを利用すれば、転職活動を成功に導くための手厚いサポート受けられるからです。

IT業界への転職に特化していたり、強みを持っていたりする転職エージェントもたくさんあり、転職のための専門的な知識やデータを用いてサポートしてくれます。

多くの場合、無料で利用できるので、存分に活用して転職を成功させましょう。

IT業界への転職におすすめしたい転職エージェント

では、最後にIT業界への転職におすすめしたい転職エージェントを紹介したいと思います。

具体的には、以下の5つの転職エージェントを紹介します。

それぞれのエージェントごとに特徴がありますので、自分に合ったエージェントを活用するようにしましょう。

TechClipsエージェント

TechClipsエージェント

最初に紹介するのは、TechClipsエージェントです。

この転職エージェントの特長は、求人の82%が年収500万円以上の好待遇で募集されているということ。求人数については公開されていませんが、年収をアップさせたいITエンジニアにはピッタリの転職エージェントです。

また、紹介される企業は事業会社に特化。つまり、元請け企業ばかりということです。そのため、下請け企業にありがちな、経営が安定しないことや労働環境への不安を感じる必要がありません。

さらに、TechClipsに在籍している現役のITエンジニアから転職へのアドバイスを受けることも可能。転職に対するよりリアルな声を聞くことができるのは、とても参考になることでしょう。

求人の量よりも質を重視しているTechClipsエージェントなら、自分の将来への希望を感じられる転職先を見つけられるかもしれません。


DODAエンジニアIT

DODA エンジニア IT

次に紹介するのはDODAエンジニアITです。

この転職エージェントの特長は、業界最大手のDODAが提供している、エンジニアやクリエーター向けのサービスであるということです。

また、求人数の多さも特長の一つ。公開求人数は1万3000件以上、未公開求人数が3万件以上あるため、自分にピッタリの転職先を見つけられる可能性は高いでしょう。

全年齢・全国の勤務地に対応しているため、メインとしてもサブとしても登録しておきたい転職エージェントといえるでしょう。


リクらくエンジニア

リクらくエンジニア

次に紹介するのは、リクらくエンジニアです。

この転職エージェントの特長は、ITエンジニア未経験の転職希望者が多く利用しているということです。特に20代のIT業界未経験者に対しての転職支援に特色を持ち、利用者の8割が未経験者となっています。

また、WEB関連企業やゲーム関連企業とのつながりが強く、未経験からの転職成功者を多く輩出しています。

20代の方やIT業界未経験者なら、リクらくエンジニアへの登録はマストといえるのではないでしょうか?


レバテックキャリア

レバテックキャリア(levtech-career)

次に紹介するのは、レバテックキャリアです。

IT系・WEB系のエンジニアやデザイナー、クリエーターに特化したサポートサービスを提供しているレバテックキャリア。その特長は、専門用語や最新技術について話の通じるエージェントが対応してくれること。そのため、経験者にとっては話がしやすく、求人紹介もスムーズに行ってくれます。

また、これまでの膨大なデータに基づいた面接対策を行ってくれるので、自分のことを話すことが苦手な人でも、自信を持って面接に臨むことができます。

特に首都圏や関西エリアでの求人に強みを持っており、求人の質も高め。年収アップや待遇アップを叶えやすいので、IT業界の経験者なら、ぜひとも登録しておきたいところでしょう。


マイナビエージェントIT

マイナビエージェント(IT)

最後に紹介するのは、マイナビエージェントITです。

こちらの転職エージェントの特長は、業界大手のマイナビが運営しているIT専門の転職サービスで、質の高い求人が多いこと。公開・非公開合わせて3万件近くの求人を持っているため、希望する転職先を探しやすいでしょう。

また、転職支援専任のキャリアドバイザーと、企業調査専任のリクルーティングアドバイザーによるチーム体制が整っており、転職成功までしっかりサポートしてくれるのも嬉しいポイントです。

また、公式ホームページのウェブコンテンツが充実しているのも特長の一つ。転職活動のためになる情報を常に発信してくれているので、参考にすることができるでしょう。

大手の強みを活かした好待遇の求人も見つけやすいので、IT業界への転職を考えているなら、まずは登録してキャリアカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか?


まとめ|IT業界への転職を何としても成功させよう!

今回は、IT業界へ転職したい人が知っておくべきすべてのことと題して、IT業界の仕事内容から、転職を成功させるためのポイントや注意点などについて解説してきました。

IT業界の仕事内容と実態

まずは、IT業界の仕事内容や、内情の実態について紹介しました。

IT業界では、労働時間はそれほど長くありません。もちろん、会社の状況や立ち位置によって異なりますが、イメージと実際は違う可能性があることを知っておきましょう。

また、IT業界で働く人の多くが、社員研修によってプログラミングスキルを身につけています。そのため、研修制度や育成制度がしっかり整った企業を選べば、未経験でもしっかりスキルを身につけることができます。

さらに、定着率が高いのもIT業界の特徴。働く人の6割が10年以上勤務しているというデータもあるので、腰を据えて働きたい人にはおすすめの業界といえるでしょう。

また、IT業界での仕事は、以下の5つに分類することができます。

  1. インターネット・WEB業界:インターネットを介したサービス提供
  2. 通信業界:固定通信・移動通信サービスの提供
  3. ソフトウェア業界:機械の中身をサービスとして提供
  4. ハードウェア業界:機械の外見をサービスとして提供
  5. 情報処理:情報システムの構築や運用をサービスとして提供

そして、その中でも人気があり、おすすめできる職種は以下の4つです。

  1. WEBエンジニア
  2. ネットワークエンジニア
  3. サーバーエンジニア
  4. データサイエンティスト

年齢によって異なるIT業界への転職事情

次に、年齢によるIT業界への転職事情の違いについて解説しました。

20代での転職の場合

ITエンジニアとして成功するには、未経験でも転職しやすい20代のうちに転職することが大切です。

多くのIT企業で、20代未経験者の採用が行われているからです。

ただし、同じ未経験者でも年齢によって新しい技術の習得スピードは異なりますので、遅くても20代後半までには転職を済ませておくことをおすすめします。

30代での転職の場合

30代でもITエンジニアを目指したいという場合は、できるだけ早く転職活動を開始するべきといえるでしょう。

人手不足が深刻化しているIT業界とはいえ、30代に突入すると転職成功の難易度が上がることが原因です。

ただし、前職が異業種だとしても、転職先で即戦力となりうる経験やスキルを持ち合わせている場合は、転職に成功する可能性が高くなりますので、面接ではしっかりと自分をアピールしましょう。

40代での転職の場合

40代でのIT業界への転職の場合は、キャリアに進むか、未経験でイチから頑張るかの2択になります。

特に、管理職を任せられるようなスキルや経験がある場合は、企業とマッチングしやすくなり、転職に成功しやすいといえます。

一方で、40代でイチからエンジニアとして頑張りたいという場合、選択肢がかなり絞られてしまうことになります。

中小企業やゲーム業界など、40代でも採用されやすい企業を狙って転職活動を行うようにしましょう。

50代での転職の場合

50代での転職の場合は、転職に対するしっかりと戦略が必要になります。

特に、ポータブルスキルという汎用性の高いスキルを持っていれば、管理職などとして期待されることもあります。時間を掛けて自己分析を行い、アピールポイントを整理しておくことが大切です。

IT業界で働くメリットとデメリット

次に、IT業界で働くメリットとデメリットについて紹介しました。

これらについて理解しておけば、IT業界が自分の転職先に適しているかどうかの判断材料にすることができます。

IT業界で働くメリットは、以下の通りです。

  • 市場拡大が著しい成長産業であること
  • 実力主義的な世界であること
  • 専門的なスキルを身につけることが可能であること
  • 多様な働き方できること
  • キャリアの選択肢が広いということ

一方、デメリットには以下のようなことが挙げられます。

  • 技術を習得し続けなければならないこと
  • 速い変化に対応しなければならないこと
  • 制度が整っていない会社もあるということ

IT業界から人が離れていく理由

次に、IT業界から離職していく理由について解説しました。

具体的には、以下のような不満材料から、離職してしまうケースがあります。

  • 仕事内容への不満
  • 賃金に対する不満
  • 労働時間に対する不満
  • 評価に対する不満
  • 人間関係への不満

これを見ると、専門的な業界とはいえ、転職理由は他の業種とそれほど変わりがないことがわかります。

IT業界への転職に失敗する原因

次に、IT業界への転職に失敗する原因について解説しました。

転職に失敗するパターンについて知っておけば、自分が同じように転職に失敗することを避けることができるでしょう。

具体的には、以下のようなことが原因で転職に失敗するケースがあります。

  • 年齢による評価の変化を知らない
  • 転職に対して本気ではない
  • 社内評価が通用しない
  • 自分のスキルについて正しく把握できていない
  • 受け身で意識が低い
  • キャリアに対するビジョンが明確ではない
  • イメージだけで転職先を選択している
  • 安定を求めすぎている

IT業界への転職に成功する人の特徴

次に、IT業界への転職に成功する人の特徴についても解説しました。

失敗する原因と合わせて、成功する人の特徴を知ることで、転職活動を有利に進めることができます。

具体的には、以下のような特徴が考えられます。

  • 自分の能力をしっかり把握している
  • 企業が評価するポイントが理解できている
  • 転職に対する理由が明確である
  • 好奇心たっぷりの20代である

IT業界へ転職するために知っておくべきこと

次に、IT業界へ転職するために知っておくべきことについても紹介しました。

IT業界へ転職するためには、成功例や失敗例などのほかにも、知っておいたほうがいいことがあります。

具体的には、以下の項目について知っておくべきといえます。

  • 資格があると有利だがなくても大丈夫
  • 未経験だとしても転職可能
  • 楽そうであるという幻想は捨てるべき

IT業界へ転職するために最低限しておきたい準備

次に、IT業界へ転職するために行っておきたい準備について解説しました。

ほんの少しでも備えておけば、IT業界についてより深く知ることができます。

具体的には、以下の2つについて準備をしておいたほうがいいでしょう。

  1. IT知識に関する勉強を始めておくこと
  2. インフルエンサーをフォローしておくこと

また、IT知識に関する勉強をするには、以下のような方法があります。

  • プログラムに関する本を読む
  • IT勉強会に参加する
  • 職業訓練校を利用する
  • プログラミングスクールに通う

IT業界での転職先を選ぶポイント

次に、IT業界での転職先を選ぶためのポイントについて解説しました。

これらのポイントを理解することで、満足できる転職先かどうか見極めやすくなります。

具体的には以下の4つのポイントがあります。

  1. 自分に合う企業を選択すること
  2. これから伸びる企業を選ぶこと
  3. その企業で働く人の生の声を聞くこと
  4. 比較的安定している企業を求めるなら大手企業を選ぶこと

IT業界へ転職する際に注意すべきこと

次に、IT業界へ転職する際に注意すべきことについて解説しました。

この点を理解しておかなければ、転職活動や入社後に苦労する可能性が高くなります。

具体的には、以下のような注意点があります。

  • 情熱を持って取り組める仕事なのかを考える
  • 求人数の多さを確認する
  • 研修・育成にシステムについて確認する

IT業界への転職を成功させるためのポイント

次に、IT業界への転職を成功させるためのポイントについて解説しました。

すべてのポイントを押さえることはできなくても、せめていくつかは実行したいところです。

具体的には以下の9つのポイントを紹介しました。

  1. 自分のスキルについて棚卸しをすること
  2. 自分のスキルを磨くこと
  3. 情報収集を積極的に行うこと
  4. インプットとアウトプットをセットにすること
  5. 転職する理由を明確にしておくこと
  6. 関連する知識や資格を取得しておくこと
  7. 前職での経験をどのように活かせるのかを考えること
  8. 転職しやすい職種を選択すること
  9. 転職エージェントを利用すること

IT業界への転職におすすめしたい転職エージェント

最後に、IT業界への転職の際に、利用をおすすめする転職エージェントを紹介しました。

具体的には、以下の5つの転職エージェントがおすすめです。

  1. TechClipsエージェント
  2. DODAエンジニアIT
  3. リクらくエンジニア
  4. レバテックキャリア
  5. マイナビエージェント

今回の記事がIT業界への転職を考えている人たちの参考になれば幸いです。少しずつでもいいので、できることから始めていき、転職を成功させましょう。

関連記事

転職支援実績が豊富な転職エージェント・転職サイト3選

転職満足度No.1!業界トップクラスの転職支援サービス DODA(デューダ)

総合評価 4.8
求人の質 4.5
サポート 4.8
スタッフ 4.7
  • 全国対応
  • 正社員
  • 未経験OK
  • フリーター歓迎
  • 女性
  • 非公開求人多数
  • 給料UP率高
  • スカウト
公開求人数 43,934件 非公開求人 131,280件 対象年代 全年齢 対応地域 全国対応
年収UP率 やや高い 得意職種
  • ◎全業種
  • 営業
  • 企画
  • 事務
  • ITエンジニア
  • 金融系
  • コンサルタント
業界最大級の非公開求人!転職者満足度No.1の転職エージェント

DODAの魅力は圧倒的な求人数と満足度の高さ。全国で10万件以上の求人は転職できる可能性を高めてくれます。また、DODAのキャリアアドバイザーは業界ごとのスペシャリストです。特定分野への転職に親身に相談に乗ってくれます。

年収1,000万円を超える求人多数!ハイクラス向け転職エージェント ビズリーチ

総合評価 4.5
求人の質 4.9
サポート 4.6
スタッフ 4.7
  • 全国対応
  • 正社員
  • 非公開求人多数
  • 給料UP率高
  • ハイクラス求人
  • スカウト
公開求人数 89,000件 非公開求人 非公開 対象年代 30代~50代の男女 対応地域 全国+海外
年収UP率 高い 得意職種
  • ◎全業種
  • ITエンジニア
  • 金融系
年収600万円以上の方に大人気!高収入の転職希望者は登録しておこう

ビズリーチの特徴は何といっても豊富な高収入求人。年収が500万円以下の求人はほとんどなく、年収1000万円超えの求人も豊富です。忙しい人には大企業から直接声がかかるスカウト制度もあり、忙しい中で効率的に転職活動を行いたい人にもおすすめできます。

IT/WEB業界のエンジニア・クリエイター職に強い!IT専門の転職エージェント レバテックキャリア

総合評価 4.6
求人の質 4.5
サポート 4.7
スタッフ 4.8
  • 正社員
  • 非公開求人多数
  • 給料UP率高
  • ハイクラス求人
  • IT専門
公開求人数 2,000件 非公開求人 10,000件 対象年代 28歳以下のITエンジニア 対応地域 東京都・埼玉県・神奈川県・千葉県・関西・福岡
年収UP率 非常に高い 得意職種
  • ITエンジニア
首都圏エリア・関西エリアのIT/WEBエンジニア・クリエイターは登録必須!

レバテックキャリアは IT/WEB系エンジニアとデザイナー・クリエイターに特化した転職エージェントです。首都圏・関西エリアでの求人に強く、年収を上げたい・待遇を良くしたいなどの要望が叶います。専門用語・最新技術の話が通じるキャリアアドバイザーが対応するので、スムーズに求人を紹介してもらえます。また、プログラミングを学んだことがある20代の方なら未経験も歓迎しています。

都道府県別おすすめ転職エージェントを利用して納得の転職を

こちらの記事も読まれています

特集記事