転職ノウハウ KNOW-HOW

大学中退者が転職を成功させるには?正社員採用される条件と求人の見つけ方

更新日:2018.11.9
公開日:2018.9.28

国内で大学を中退する人の数は多く、1年間で約7.9万人の学生が学校を辞めているとのこと。これは全学生の約2.6%(全学生が約299.1万人)が中退をしている計算になります。大学を中退した後はフリーターになる方も多いのですが、学校を辞めた後でも「就職のチャンス」は無数にあります。

実際に世界的企業のトップは、大学中退後に就職や起業をおこない輝かしい成功をおさめているのですから、自信を持ちましょう! 本記事では、大学中退者が正社員に採用されるコツや求人の見つけ方について紹介します。

大学中退後も正社員になれる、成功者にもなれる!

いまや「大学中退者」に対し、ネガティブなイメージを持つ人は少なくなっています。実際、名だたる企業のトップが大学中退後に成功していることもあり「大卒=安定」といった常識が覆されるようになりました。

また大学を中退した人でも、正社員になれるのはもちろん、大きく成功するチャンスがあります。

大学中退後に成功した世界の有名人

世界に目を向けると、Appleやピクサー創業者のスティーブ・ジョブズ、Facebookを創業したマーク・ザッカーバーグ、Microsoftの創業者ビル・ゲイツなど、大学を中退した著名人・世界的起業家が多数存在します。

また国内でも、ソフトバンクの孫正義氏は高校を中退(その後アメリカへ渡って大学生活を送っています)しており、ZOZOTOWN創業者の前澤友作氏も、最終学歴は高校となっています。

もちろん古い体質の企業や団体では、大卒、高卒、中卒などの学歴にこだわる人もいます。しかし「自分が何を目指しているのか」ビジョンが明確であれば就職をするのは難しくありません。

企業の採用基準も変化している

一部上場企業や歴史ある企業では、未だに「大卒」を中心に採用を行っています。これに対し、若い企業やベンチャー企業、将来性のある企業、IT業界などは学歴に関係無く「目的やキャリア計画を持った」人材を積極的に採用しています。

大学中退者の進路と平均年収

大学中退後、フリーターになる方の割合は多いです。しかし、いつまでもフリーターを続ける訳にはいきません。なぜなら「フリーターと正社員」では、年収が大きく異なるからです。

例えば、時給1,000円のバイトを1日8時間、週5日勤務をしても「月収は16万円」程度にしかなりません。また年金や保険料などを支払うと、実際の手取りは12万円程度。年収に換算すると「150万円」しか受け取れない上に、食費や家賃、光熱費、通信費などを差し引くと、手元に残るお金は殆どない計算になります。

フリーターと正社員の月収・年収を比較

区分 平均月収 平均年収
フリーター 17万円 150万円
正社員 23万円 277万円

一方、正社員になれば平均277万円(20代の全体)と多い上に、正社員の平均年収はあらかじめ、税金や年金、社会保険料を差し引いた金額となっています。このため(フリーターに比べると)手元に残るお金は自然と多くなります。

このほかにも、正社員になれば福利厚生の制度も受けられます。また、制度の整った企業では、通勤費や家賃の補助、食費(社食)の補助があるなど、安定した暮らしが手に入るのです。フリーターをしている大学中退者の方は、ぜひ「正社員採用」される道を目指してください。

大学中退者が正社員採用される条件

厳密に言えば、大学中退者の最終学歴は「高校」となります。ただ、高卒と大学中退者を比較した場合は、大学中退者の方が「学んだ内容は深い」と考えられます。

このため、大学中に学んだこと(例:専攻した分野など)は履歴書に必ず書いてください。どんな些細なことでも、何が将来役立つか分かりません。

大学を中退した理由はポジティブに切り替える

大学中退者が「正社員採用される」には、大学を辞めた理由がはっきりしていること。そして、目的を持って就職活動を行っていることが重要になります。

  • なぜ大学を辞めたのか理由が明確であること
  • 目的を持って就職に臨んでいること
  • 中退者を多く受け入れている業界や企業を知ること

大学を中退した理由が「何となく」であっても、必ずポジティブな理由に切り替えてください。例えば「入学をしたものの、他に興味のある分野を見つけたため、社会人として就職活動を始めました」とすれば、辞めた理由がポジティブに切り替えられます。

採用面接では、「なぜ大学を辞めたのか」100%の確率で質問されます。このため、大学を辞めた理由を明確にしておくこと。また目的を持って、就職活動を起こっていることを上手にアピールしてください。そして、就職で失敗しないためには、中退者を多く受け入れている業界や職種をあらかじめリサーチしておくことです。

どのような業界が「中退者を多く受け入れているのか」知れば、ピンポイントで「就職できる企業」にエントリーできます。また就職情報のリサーチが難しい場合には、転職エージェントに相談するのも一つの手です。

大学中退者におすすめの業界と業種一覧

本記事の冒頭でも取り上げた、IT業界のほか、WEBデザイナー、営業職、事務、販売・接客などの職種は、大学中退者が採用されやすい業界(職種)として知られています。

また、公務員にも「大学卒業程度」といった試験の枠があり、学歴に関係無く「大学卒業と同等の学力」があれば、公務員試験が受験できます。以下、大学中退者におすすめの業界と業種をまとめてみました。

大学中退者におすすめの業界と業種

  • IT業界(システムエンジニアなど)
  • WEBデザイナー
  • 営業職
  • 事務職
  • 販売・接客
  • 地方公務員、国家公務員

それぞれの職種が持つ、特徴や採用プロセスを説明します。

IT業界(システムエンジニアなど)

IT業界(システムエンジニアなど)の中でも特に、システムエンジニアの求人数は増えています。

また国内だけでなく、海外でも(国籍を問わず)外国人エンジニアを募集するケースが増えています。このため日本でエンジニア経験を積んで、海外や外資系企業に就職をするという道も開かれています。

WEBデザイナー

WEBデザイナーは、デザインが好きな方におすすめの業種です。WEBサイトを作成するスキルがあれば、学歴を問わず正社員採用する企業も多いです。

営業職

営業職では、コミュニケーション能力を重視するため、学歴に関係無く正社員を採用しています。営業職には「個人向け営業」と「企業向け営業」がありますが、基本的にコミュニケーション能力、企業で扱うサービスや商品知識が求められます。

事務職

事務職も比較的大学中退者が就職しやすい分野です。MOSや秘書検定などの資格を持っていれば、さらに幅広い分野で活躍できます。そしてスキルを積み上げていけば、他社へのキャリア転職、より良い企業への転職も可能です。

販売職・接客

販売・接客も営業職同様、コミュニケーション能力が求められる仕事です。ただ、接客の仕方や商品知識は入社後身に付ければ良いので、社会人経験が無い方でも就職がしやすい分野です。

地方公務員・国家公務員

地方公務員や国家公務員は、大学中退者の間で人気が高い職種です。実際に、地方公務員試験の初級と中級、国家公務員採用一般職試験の高卒者試験、社会試験は「高卒程度の学力」があれば受験できます。

地方公務員試験採用試験の上級、国家公務員採用一般職試験(大卒程度試験)も受験できるのですが、採用過程で「学歴が問われる」プロセスがあるため、大学中退者の場合は「合格率
が低い」試験となります。

ここで、大学中退者が受験できる各公務員試験と「受験資格」について、内容をまとめておきます。

大学中退者が受験できる各公務員試験

区分 内容 受験資格
地方公務員採用試験(初級) 地方自治体の「初級係員」を採用するための試験。 高校卒業程度の学力があれば受験できる。
地方公務員採用試験(中級) 地方自治体の「中級係員」を採用するための試験(初級よりも行政の企画や実施に関わる機会が多く、中堅幹部候補として採用されるチャンスがある)。 短大・専門学校卒業程度の学力があれば受験できる。
地方公務員採用試験(上級) 地方自治体の「上級係員」を採用するための試験(自治体幹部候補が目指せる)。 大学卒業程度の学力があれば受験できる。
国家公務員採用一般職試験(高卒者試験) 国政に関わる業務の「初級係員」を採用するための試験(国家一般職大卒の補助業務を行う)。 高校卒業程度の学力があれば受験できる。
国家公務員採用一般職試験(社会試験/係員級) 国政に関わる業務の係員を採用するための試験。 40歳未満であれば誰でも受験できる。
国家公務員採用一般職試験(大卒程度試験) 本庁や出先機関にて業務を行う「中級係員」の採用試験。 大学卒業程度の学力があれば受験できるが、成績順に最終合格が決定されるのは、希望する省庁にて面接が行われるなど難易度が高い。

表中赤字の地方公務員採用試験(上級)と国家公務員採用一般職試験(大卒程度試験)は大学卒業者でも合格が難しく、大学中退者にとってハードルが高い試験となります。

このため(大学中退者の場合は)地方公務員採用試験の初級と中級、国家公務員採用一般職試験の高卒者試験、社会試験/係員級試験のいずれか一種を受けるのがおすすめです。

もちろん、上級係員の試験合格も不可能ではありません。この場合、大学卒業資格を取得するなどして、受験に備えるなどのプロセスと工夫が必要です。

就職で役立つ資格

大学中退者にとって、就職で役立つ資格をまとめてみました。

  • 簿記検定
  • 社会保険労務士
  • 中小企業診断士
  • 税理士
  • 宅建建物取引士
  • ファイナンシャルプランナー
  • 情報処理技術者
  • ITパスポート
  • 公認会計士
  • 行政書士
  • 秘書検定
  • ファイナンシャルプランナー
  • 証券アナリスト
  • TOEIC

ジャンルはバラバラですが、どの資格も就職に役立つ資格ばかりです。「将来、何がやりたいのか分からない」という方は、先に資格取得を目指してみてはいかがでしょうか?

興味のある資格を取得し、その後「就職先を探す」のも一つの方法です。

大学卒業資格取得後に転職してもOK!

大学中退者の場合、大学卒業資格を取ってから、転職を目指すのも良い方法と言えるでしょう。実際に大学卒業資格を持っていれば、エントリーできる職種や業種も多くなります。

学歴社会は縮小傾向にありますが、より「希望に沿った仕事」につくには、大学卒業資格を取得するのも間違いではありません。大学卒業資格は、通信教育など働きながらでも取得できます。資格取得の感覚で、大学卒業資格を取るのも正しい判断と言えるでしょう。

効率よく求人を探す転職エージェントを活用しよう

大学中退者が効率よく自分に適した求人を探すには、各企業の『採用情報』をチェックしたり、転職情報サイトに登録するなどの方法がありますが、最もオススメなのは、転職エージェントを利用した就職活動です。

転職エージェントを利用するメリット

  • 登録料、サービスの利用料はすべて無料!
  • 希望にマッチする案件が見つかる
  • 非公開案件も多く、一部上場企業も多く登録している
  • 中退者の就職に強い転職エージェントがある

転職エージェントは、無料で利用でき、登録者の希望(勤務地、給与、職種)に合った企業や職場を提案してくれます。一般には非公開の案件も多いので、転職エージェントから、より良い案件を紹介してもらいましょう!

まとめ|大学を中退しても、正社員や公務員として採用される!

最後に「大学中退者が転職に成功するコツ」について、本記事の内容をまとめておきます。

  • 大学中退者でも採用される企業や職場は増えている
  • 有名な企業家や成功者にも、大学中退者が多い
  • フリーターから正社員になれば年収アップ!
  • 大学を辞めた理由はポジティブに切り替えよう
  • 中退者の受け入れが多い企業を知ろう(公務員にもなれる)
  • 大学中退者に強い転職エージェントを活用するのが近道

大学中退者の方は、ぜひ正社員を目指してみてください。特にアルバイトやパート職に就いている方は、所得や福利厚生・労働条件を良くするチャンスですよ!

転職支援実績が豊富な転職エージェント・転職サイト3選

リクらくは学歴・職歴に自信がない20代を正社員にした支援実績多数あり リクらく

総合評価 4.4
求人の質 4.0
サポート 4.6
スタッフ 4.6
  • 正社員
  • 未経験OK
  • フリーター歓迎
  • 女性
  • 給料UP率高
公開求人数 - 非公開求人 2,000件 対象年代 20代・フリーター・既卒第二新卒 対応地域 東京・神奈川・千葉・埼玉
年収UP率 未経験OKの高年収求人多数! 得意職種
  • ◎全業種
絶対に就職・転職を成功させたい20代は、リクらくがオススメ!

リクらくは、20代に特化した転職エージェントです。そのため、20代までの学歴・職歴不問の未経験歓迎求人がほぼ全求人となっており、スキルや経験に自信がない方でも正社員の内定を取れます。今まで正社員になれなかったフリーターの方など、20代には絶対オススメできる転職エージェントです。

転職満足度No.1!業界トップクラスの転職支援サービス DODA(デューダ)

総合評価 4.8
求人の質 4.5
サポート 4.8
スタッフ 4.7
  • 全国対応
  • 正社員
  • 未経験OK
  • フリーター歓迎
  • 女性
  • 非公開求人多数
  • 給料UP率高
  • スカウト
公開求人数 43,934件 非公開求人 131,280件 対象年代 全年齢 対応地域 全国対応
年収UP率 やや高い 得意職種
  • ◎全業種
  • 営業
  • 企画
  • 事務
  • ITエンジニア
  • 金融系
  • コンサルタント
業界最大級の非公開求人!転職者満足度No.1の転職エージェント

DODAの魅力は圧倒的な求人数と満足度の高さ。全国で10万件以上の求人は転職できる可能性を高めてくれます。また、DODAのキャリアアドバイザーは業界ごとのスペシャリストです。特定分野への転職に親身に相談に乗ってくれます。

type転職エージェントは20~30代の年収アップ転職に強い type転職エージェント

総合評価 4.5
求人の質 4.5
サポート 4.2
スタッフ 4.9
  • 正社員
  • 未経験OK
  • 女性
  • 給料UP率高
公開求人数 8,500件 非公開求人 7,500件 対象年代 20代~30代 対応地域 東京・神奈川・千葉・埼玉
年収UP率 71% 得意職種
  • 営業
  • 企画
  • 事務
  • ITエンジニア
  • 建築土木
20~30代の年収アップ転職に強い転職エージェント!

type転職エージェントは、年収アップ率が71%と驚異的な水準を誇る転職支援サービスです。若手人材に強みを持っているため、20~30代で年収を増やしたいと考えている方は登録必須の転職エージェントです。また、平均残業時間など、他エージェントには無い貴重な情報も提供しています。

都道府県別おすすめ転職エージェントを利用して納得の転職を

特集記事

都道府県別転職エージェント