世代別 GENERATION

30代で転職をするなら、ここをポイントに会社選びを!

更新日:2018.11.9
公開日:2018.6.8

30代で転職を考える人には、さまざまな理由があるかと思います。企業の将来に不安を感じた人もいるでしょうし、収入面・条件面のアップを図って転職を考える人もいるかもしれません。いずれにしても、技術職などの専門的な職業を除いては、年齢的に「これが最後のチャンス」と思って臨む人も多いのではないでしょうか?

30代の転職は、20代に比べてかなり年齢的に厳しくなるので、しっかりとした準備をして臨まなければ成功は望めません。しかし逆に言えば、完璧なまでに準備をして自分を最大限にアピールすることができれば、けっして転職が無理な年代でもないでしょう。

では、30代で転職をする人は、どんな点にポイントを置いて転職活動を行ったら良いのでしょうか?30代の転職の実態なども踏まえながら、ご紹介しましょう!

30代の半数以上が、転職を経験している

30代の人は、いったいどれぐらいの割合で転職を経験しているのでしょうか?リクナビNEXTが2017年1月~6月までに新規登録した会員を年代別に集計したデータによると、30代で転職経験がある人の割合は53%と、なんと半数以上にも上っています。

「そんなに転職者が多いとは思わなかった」という人も、多いかもしれません。かつての日本社会は終身雇用制が当たり前だったため、老舗企業ではまだその傾向が残っていますが、中小企業やベンチャー企業を中心にそれも崩れつつあります。

もはや企業は“定年までお世話になる場所”ではなくなり、雇用者は自分自身のキャリアップの道筋を自分で開拓しなければ、生活の安泰は望めなくなりました。そのため、転職は現代の人にとって人生の挫折でも何でもなく、未来に向けてはばたくための絶好のチャンスとなったのです。

いま30代で転職を考えている人は、けっして転職に対してマイナスイメージを持たず、“キャリアアップの好機”と考えて積極的にアクションを起こすことが大切です。実際、転職によって給与も就業条件もアップし、人生のステップアップを果たした人は大勢います。

30代で未経験・異業種へ転職するのは厳しい

ただし、30代で積極的に転職活動を行うといっても、未経験・異業種への転職ははっきり言って厳しいのが現状です。ごく稀に、30代でも未経験で転職を成功させる人がいますが、それはごくひと握りです。

ほとんどの人は、これまでの企業での実績をベースに、同業種の中から好条件の転職先を探します。ただし、たとえば食品関係の営業職をやってきた人が、食料品を扱う企業の店舗責任者になるなど、これまでの経験を何らかの形で活かせる仕事であれば、異業種でも転職は可能です。

これまでのキャリアをしっかりとアピールする

自分のキャリアを効果的にアピールすることが重要

20代の転職と30代の転職の大きな違いは、“即戦力を求めるか否か”の違いといえます。20代のうちは「A君はやる気があるし、人柄もいいから、大事に育ててうちの戦力になってもらおう」といったように、やる気や人柄が高く評価されるケースがありますが、30代ではそうはいきません。

30代で転職を考える人に対して、企業が求めているのは、ズバリ“即戦力”です。たとえばメーカーの宣伝広報部員を募集した場合、「B君は広告代理店でいくつもの企業の宣伝広報を手がけているから、広い視野で我が社の宣伝広報活動を行ってくれるだろう」といったように、応募者がどんなキャリアを持っていてどんなことをやってくれるのかということを、非常にシビアに判断されます。

先ほど「30代で未経験・異業種へ転職するのは厳しい」とお伝えしたのは、このような現実があるからです。そのため、30代の人が企業に応募するときは、自分のこれまでのキャリアをいかにしてしっかりとアピールするかが、非常に重要なキーポイントとなってきます。

転職エージェントを活用する

2~3社の転職エージェントに登録し、相談しながら進めるのがベスト

30代の転職はけっして簡単ではなく、20代の転職に比べると求人の数もグッと落ち込みます。もちろん、40代や50代に比べれば転職しやすい立場にはありますが、転職活動を行うにあたっては、心してかかる必要があります。

そんな30代にとって、最強の助っ人となってくれるのが、「転職エージェント」です。転職エージェントに登録すると、キャリアコンサルタントが担当につき、「どんな企業に転職したらいいか?」「自分はどんなキャリアパスを描いていったら良いか?」といった、転職に関するさまざまな相談に応じてくれます。

まずはリクルートエージェントやマイナビエージェント、DODAなどの大手転職エージェントの中から1~2社ほど選び、さらに自分の求める職種に強いエージェントなども入れて、合計2~3社の転職エージェントに登録し、相談しながら転職活動を進めるのがベストの方法です。

もちろん、転職エージェントに紹介してもらうのと並行して、自分自身でも転職先を積極的に探しましょう。ハローワークなどでも、求人情報はたくさん入手できます。

登録料は無料!ネット上に出ない“非公開求人”も紹介してもらえる

「大手転職エージェントは自社の転職サイトを持っているから、そこで探せばいい」と思っている30代の人も多いのですが、転職サイトに掲載されている求人は実はひと握りです。

転職エージェントは、ネット上で公開しない「非公開求人」を多数もっていて、登録することではじめて紹介してもらえるようになります。募集企業のうち8割ほどが非公開という転職エージェントもあるので、登録するとしないとでは選択できる企業の数がかなり違います。

転職エージェントの利用は基本的に無料なので、登録しないのはもったいないというもの。キャリアコンサルタントに頼めば、魅力的な履歴書・職務経歴書の書き方を教えてもらえたり、模擬面接などにも応じてもらえます。

面倒な事務作業を任せられるので、忙しい人はとても助かる

転職エージェントのメリットで意外と知られていないのが、面倒な事務作業を任せられることです。応募から採用までのスケジュール管理に始まり、応募書類の提出、入社時期の調整まで、キャリアコンサルタントがしっかりとサポートをしてくれます。

30代で転職をする人は、会社に勤めながら転職活動をする人も多いので、面倒な手続きを任せられるのはとても助かるでしょう。

面と向かって言いづらいことも、キャリアコンサルタントが聞き出してくれる

自分自身で直接企業に応募すると、「残業はどのぐらいありますか?」「能力に応じて昇給がありますか?」といったことは聞きづらく、とうとう聞けずに入社したら、残業漬けのブラック企業だったなどということもあります。

その点、転職エージェントの紹介なら、キャリアコンサルタントがその辺を上手に聞き出してくれます。自分が質問したということもわからないので、選考に響くこともありません。

キャリアコンサルタントと上手に付き合うことが大切

ただし、転職エージェントを利用するときは、キャリアコンサルタントと上手に付き合うためのコツをつかんでおくことが大切です。「キャリアコンサルタントとうまくコミュニケーションが取れない」「最初だけ熱心だったけれど、急に何も紹介してもらえなくなった」といった経験を持つ人も多いので、次の記事をよく読んで転職エージェントとはソツなく付き合いましょう。

「自分は将来どうしたいのか?」を良く考えた上で、転職先を選ぶ

30代で転職するなら、はっきりとしたキャリアプランをもつことが大切

30代で転職を考えるからには、今後の進み方についてしっかりとしたキャリアプランをもって、転職先を決める必要があります。

たとえばプログラマーの人がシステムエンジニアへの転職を考えていた場合、「行く行くはプロダクトマネージャーになりたい」と考えるならIT企業などに転職してバリバリ働く方法もありますが、「そろそろひとつの会社に落ち着いて定年まで勤めたい」と考えるなら、一般企業の社内SEに転職するのがベストの方法かもしれません。

こうした5年後・10年後のキャリアパスをしっかりと描いてから転職先を選ぶことが、30代の転職にとっては非常に重要です。もちろんこれは20代にもいえることですが、今回で最後の転職ともなり得る30代にとっては、死活問題ともいえるほど重要なことといえるでしょう。

これまでの経験や能力を自己分析し、転職の目的を明らかにして、着実に転職を成功させる

自分自身で転職ノートを作るなどして、これまでの経験や能力を自己分析し、キャリアアップの道筋を描いてみましょう。そして、転職の目的を明らかにした上で、着実に転職を成功させることが大切です。

「自分を客観的に分析するのが難しい」という人は、転職エージェントに登録してキャリアコンサルタントに相談すると、転職のプロフェッショナルの視点から重要なアドバイスをもらうことができます。

パーフェクトに満足できる企業はないことを理解しておく

転職候補は、良いところもあれば悪いところもある企業がほとんど

30代といえば、それなりにキャリアを積んだ油ののった年代なので、「自分の能力は高い」というプライドを持っている人も少なくありません。しかし、実際に転職候補を探してみると、「給料はいいけれど、土日が休めない」「年間休日は充実しているが、福利厚生がイマイチ」といったように、どこかが良ければどこかに満足できない企業がほとんどであることがわかります。

このときに、「自分は絶対に100%満足できる転職先を見つけるんだ!」とがんばってしまうと、いつまで経っても転職できないというドツボにはまってしまいがちです。

結婚相手を見つけるときに「容姿端麗、お金持ちで気が利いて、家を持っている人」などと贅沢を言っていると、いつまで経っても結婚相手が見つからないように、転職先もパーフェクトに満足できる企業はないと考えておいたほうが賢明です。

優先順位を明確にして、転職先を選ぶこと

30代の人が転職候補を選ぶ際は、「自分が転職する上で、最も重要視していることは何か?」を明確にし、優先順位の上位を満たしている企業を探すことが大切です。

たとえば「経理の仕事をしていたが、残業が多く疲弊していた。子どももまだ小さいし、家族との時間を大切にしたいから、残業や休日出勤がないことが第一の条件。その次に自宅から近く、転勤が無く、今と同等の給料がもらえる経理の仕事を探している」といった明確な優先順位があれば、転職候補もグッと探しやすくなります。

転職活動をしつつ、引き継ぎの準備もしておく

企業の戦力として働く年代なので、引き継ぎには十分な準備が必要

30代といえば、企業の戦力となって働くポジションにいる人が多いので、退職のタイミングをよほど考えないと、職場の上司や仲間に迷惑をかけてしまう可能性があります。実際、内定が決まってもうまく退職することができずに、内定取り消しになってしまう人もいるので、引き継ぎに関してはよくよく考えておく必要があるでしょう。

そのために役立つのが「引継書」です。転職活動をしながら、合間を縫って引継書も作成しておくことで、後任の人にスムーズに引き継ぐことができます。30代の人が転職するときに周囲に及ぼす影響は、20代に比べてかなり大きいので、十分に準備をして円満退社を図ることが大切です。

退職後に転職活動をする人は、資金がショートしないよう注意を!

向こう1年分ぐらいは無収入でもやっていける資金が必要

30代の転職者には独身もいますが、結婚して子どもが1~2人いる人も少なくありません。今後の生活や教育費・住宅ローンのことなどを考えると、いくらお金があっても足りない年代でしょう。そんな30代が転職する際は、転職活動中に資金が底をついてしまわないよう、くれぐれも注意が必要です。

会社にいながら転職活動をする人は問題ないのですが、心配なのは退職後に転職活動をする人です。失業手当が終了しても見つからない場合、貯金を切り崩さなければならなくなることも考えて、向こう1年ほどは無収入でもやっていける資金を用意しておく必要があります。

20代に比べて30代の転職は時間がかかることが多いため、資金の確保は必須と考えた方が良いでしょう。

30代のための転職ポイントに関するまとめ

30代のための転職ポイントをお話ししてきましたが、実は会社に勤めながら転職活動を行う30代の人の中には、「転職活動をしてみて、かえって今の会社の良さに気付いた」と、転職を取り止める人もいます。特に新卒入社してからずっと同じ会社にいる人は、他の企業が“隣の芝生”のように見えることもあるでしょう。

転職をすることが人生の選択なら、転職しないという結論を出すこともまた、勇気ある人生の選択です。どちらを選ぶにしても、はっきりとしたキャリアプランを立て、前に向かって計画的に進むことで、道が拓けてくるでしょう。

転職支援実績が豊富な転職エージェント・転職サイト3選

年収1,000万円を超える求人多数!ハイクラス向け転職エージェント ビズリーチ

総合評価 4.5
求人の質 4.9
サポート 4.6
スタッフ 4.7
  • 全国対応
  • 正社員
  • 非公開求人多数
  • 給料UP率高
  • ハイクラス求人
  • スカウト
公開求人数 89,000件 非公開求人 非公開 対象年代 30代~50代の男女 対応地域 全国+海外
年収UP率 高い 得意職種
  • ◎全業種
  • ITエンジニア
  • 金融系
年収600万円以上の方に大人気!高収入の転職希望者は登録しておこう

ビズリーチの特徴は何といっても豊富な高収入求人。年収が500万円以下の求人はほとんどなく、年収1000万円超えの求人も豊富です。忙しい人には大企業から直接声がかかるスカウト制度もあり、忙しい中で効率的に転職活動を行いたい人にもおすすめできます。

限定求人多数で満足度93%!トップレベルの転職支援が人気 JACリクルートメント

総合評価 4.6
求人の質 4.7
サポート 4.4
スタッフ 4.5
  • 全国対応
  • 正社員
  • 非公開求人多数
  • 給料UP率高
  • ハイクラス求人
公開求人数 7,000件 非公開求人 20,000件 対象年代 30代~50代 対応地域 全国
年収UP率 高い 得意職種
  • ◎全業種
満足度は93%! 大手や地元の優良求人数が多い穴場的転職エージェント

ハイクラス求人はもちろんのこと、最近では若手・中堅の方に多く利用されているJACリクルートメント。利用者が増えているのは、独自つの取り扱い求人が多く、他では紹介してくれない大手企業や地元の優良求人に出会える可能性が高いから。まずは無料で受けられるアドバイスを活用してみるといいでしょう。

type転職エージェントは20~30代の年収アップ転職に強い type転職エージェント

総合評価 4.5
求人の質 4.5
サポート 4.2
スタッフ 4.9
  • 正社員
  • 未経験OK
  • 女性
  • 給料UP率高
公開求人数 8,500件 非公開求人 7,500件 対象年代 20代~30代 対応地域 東京・神奈川・千葉・埼玉
年収UP率 71% 得意職種
  • 営業
  • 企画
  • 事務
  • ITエンジニア
  • 建築土木
20~30代の年収アップ転職に強い転職エージェント!

type転職エージェントは、年収アップ率が71%と驚異的な水準を誇る転職支援サービスです。若手人材に強みを持っているため、20~30代で年収を増やしたいと考えている方は登録必須の転職エージェントです。また、平均残業時間など、他エージェントには無い貴重な情報も提供しています。

都道府県別おすすめ転職エージェントを利用して納得の転職を

特集記事

都道府県別転職エージェント