リクルートエージェント

求人案件総数・内定決定数が国内最大級! リクルートエージェント

  • 業界トップクラスの非公開求人数10万件以上
  • 全国どこでも年収アップ!驚異の平均年収UP率61%
  • 過去データから個別対策!面接の必勝ノウハウを伝授
総合評価 4.6
求人の質 4.6
サポート 4.6
スタッフ 4.6
  • 全国対応
  • 正社員
  • 未経験OK
  • 非公開求人多数
公開求人数 37,553件 非公開求人 166,267件 対象年代 全年代 対応地域 全国+海外
年収UP率 61% 得意職種
  • 営業
  • 企画
  • 事務
  • ITエンジニア
  • 建築土木
  • 化学食品
  • 医療系
  • 金融系
  • コンサルタント
【履歴書・経歴書不要!】簡単スピード無料登録
全国の企業との太いパイプ!独占求人80%の大手転職エージェント!

リクルートエージェントは、公開・非公開求人合わせて約20万件以上とナンバーワンの求人数ですから、転職活動を始める際にまず最初に登録しておくべき転職エージェントと言えます。平均年収UP率は61%と非常に高く、全年代・全職種・全国対応と満足のサポート体制となっています。

リクルートエージェントの転職エージェント担当者との面談内容

更新日:2018.3.2
公開日:2018.2.5

専門のエージェントやアドバイザーがあなたにぴったりの転職先を見つけてくれる点初稿エージェントサービス。リクルートエージェントはその中でも最大手で業界トップの求人数と豊富な実績から導かれたサポート体制が評判です。こちらでは初めての利用で気になるキャリアアドバイザーとの面談内容や知っておきたいポイントを解説します。面談に気後れしている方や経歴に不安を感じている方も参考になりますよ。

リクルートエージェントの転職エージェントとの面談の流れ

リクルートエージェントに登録したら転職エージェント(キャリアアドバイザー)との面談が待っています。あくまで転職エージェントとの面談ですから採用面接のように固くならなくて大丈夫です。転職エージェントはあなたが希望に近い形で転職できるように協力してくれるパートナーです。

ここからはリクルートエージェントが行う転職面談の流れを説明します、

  1. 面談の受付・エージェントとの対面
  2. サービス紹介
  3. エージェントからの質問
  4. 求人検索
  5. 使い方や今後の流れの説明

面談の受付・エージェントとの対面

面談の日になったらリクルートエージェントの事務所に出向いて面談の受付をします。そのあと、面談ブースに案内されます。面談ブースに転職エージェントがやってくるのでそ子で初顔合わせとなります。

面談ブースは完全個室で安心

面談ブースは完全個室でリラックスした気分を得られます。転職エージェントによっては近くのカフェなどで行うこともありますが、退職理由や職務経歴などデリケートな情報が周りに聞こえるのではと気になってしまいますね。

リクルートエージェントはたくさんの利用者に対応できるようブースの数を多くしています。自宅から事務所が近ければ対面での面談を選びましょう。

電話面談も選べます

どうしても遠方で足を運びづらいなら電話面談を選ぶことができます。

サービス紹介

リクルートエージェントの面談を開始するにあたって最初に行われるのがサービス紹介です。利用者にとってもサービス内容が分からなければ話すべき内容や今後の計画を具体化できません。やはり必要な時間と言えます。

面談に緊張してしまう利用者が少なくないことからエージェントは信頼関係を築けるように努めています。面談したいと思った理由や今悩んでいることをしっかり聞いてくれます。

資料が入るくらいの鞄があると良い

サービス紹介にあたってリクルートエージェントのパンフレットや求人票を受け取る場合があります。A4サイズ書類入れられる鞄を用意しておきましょう。

エージェントからの質問

エージェントからふさわしい求人先を探すにあたって4つの質問がされます。事前に質問される内容を知っておけば担当者に希望を伝えやすいですね。

これまでの職歴や仕事内容

これまでの職歴や仕事内容からはあなたのできることや価値観を知ることができます。小さなことでも具体的に何を目指してどのような結果になったのか伝えましょう。持っている資格を話すのも良いです。

職歴が多かったりアピールしたいポイントが多かったりすると面談時間をうまく使えないので事前に職務経歴書や履歴書を提出しておきましょう。提出した書類はエージェントが添削アドバイスしてくれます。

転職の理由

転職の理由や退職したいと考えている理由を聞かれますが転職後のミスマッチを防ぐために正直に話したほうが良いです。

転職先に求める条件や転職後の展望

転職先に求める条件や転職先での自分にどんな展望を描いているのかしっかり考えておきましょう。条件の優先順位を決めておくとエージェントもあなたに最適な会社を探しやすいです。

年収や待遇についての交渉を代行してくれる点がリクルートエージェントのメリットです。

転職活動のペース

転職までのスケジュールを立てるために転職活動のペースを確認します。転職先をすぐに決めたい場合は転職サイトであるリクナビNEXTの併用がおすすめです。

求人検索

一通りの質問が終わったらその内容をもとにあなたとマッチする求人を探してくれます。興味を持った求人に必ず面接を申し込む必要はありません。面談が終わってからじっくり確認しましょう。

リクルートエージェントは10万件(2018年2月現在は20万件)もの求人件数を誇るため10を超える求人紹介をしてもらえる人も多いです。

使い方や今後の流れの説明

最後にリクルートエージェントが提供するサービスの使い方や今後の流れについて説明されます。面談終了後はアドバイザーとの連絡を電話やメールで行います。

レスポンスは早く!

転職エージェントとの連絡は素早く行いましょう。面接日程を決める時や面接に送れそうなときも事前に連絡することで柔軟な対応ができます。またレスポンスがしっかりできることは仕事能力の基本です。連絡がうまく取れないとそれだけでエージェントの評価を下げるポイントになるでしょう。

リクルートエージェントの転職エージェント面談で良い求人情報を引き出すポイント

面談はエージェントと利用者との共同作業です。どんなに優れたエージェントが相手でもあなたが情報を伝えない限りマッチングする求人を紹介できません。逆に多くの情報をエージェントと共有することで、よりあなたの希望に合った企業と出会えるようになります。

リクルートエージェントの転職エージェント面談で良い求人情報を引き出したいならこのようなポイントを意識すると良いです。

伝えるべき情報をしっかりまとめておく

伝えるべき情報をしっかりまとめておくとエージェントはそれをもとに求人検索がしやすくなります。また、面談は時間が限られているので自分のことだけ話して面談が終わってしまうことや十分なアピールができないまま求人検索に移ってしまうことを防ぎます。

伝えるべき情報とはこれまでの職務経歴や希望条件、転職後のビジョンです。

長所やアピールポイントはエージェントと企業が決める

人間はえてして自分の思う長所と相手が評価するポイントがずれてしまうものです。転職に必要なのは企業が必要とする要素ですからあなたが「大したことない」と思う情報も話したほうが有益です。転職エージェントはあなたの隠された魅力を発見するプロです。

退職理由や実績の無さが後ろめたくても包み隠さず話す

ポジティブな理由でなくネガティブな理由で転職をする人もたくさんいます。前の会社がブラックだった、希望通りの仕事ができなかった、人間関係でトラブルがあったなどエージェントが相手でも話しづらい気持ちはよく分かります。

しかしこのような情報を正直に話しておけば転職先とのミスマッチを防ぎやすくなります。話せる範囲で構わないのでエージェントに伝えることがおすすめです。

エージェントのアドバイスを素直に聞く

転職エージェントはあなたの味方です。味方ですが転職を成功させてほしいからこそシビアな評価をします。時には希望条件で紹介できる求人が無いと言われることがあるかもしれません。

そこには転職エージェントにしか見抜けない理由があります。自分を改善するためのアドバイスや今の自分が本当に向いている条件を素直に聞けば転職に近づくでしょう。

リクルートエージェントの転職エージェント面談で必要な注意点

リクルートエージェントの面談で必要な注意点はこちらです。基本的に他の転職エージェントと変わらず原理原則を大事にしてください。

ウソをつかない

プライバシーにかかわる情報を除き、ウソはつかないでください。ウソをついて自分を良く見せても身の丈に合わない仕事に押しつぶされる可能性が高くウソがばれてしまえば転職エージェントの信頼を損ねてしまいます。

たとえ成績や評価でアピールできることが見つからなくても転職エージェントは企業が欲しがるポイントを一緒に探してくれます。ウソをつくくらいならウソをつきたくなるほどの不安を話したほうが遥かに評価されます。

見た目に気を遣う

転職エージェントの面談はリラックスできる環境で行われます。しかし、転職エージェントはあなたの社会人としての資質をしっかり見ています。リクルートエージェントの面談は私服OKですが清潔感に気を遣ってください。

スーツで面談に臨むメリット

スーツで面談に臨むとスーツの身だしなみについてのアドバイスがもらえます。面接に着ていく予定の恰好に自信がないならぜひ活用したいですね。

転職にかける期間を明確にしておく

リクルートエージェントのサービス期間は面談から3か月が基本です。それより長い手職活動を考えている場合は面談でその予定と具体的な計画を伝えましょう。転職エージェントが利用者に合わせたスケジュールを考えてくれます。

とはいえ転職する気持ちが弱い状態での面談も歓迎されるのでそう身構えなくて大丈夫です。

電話面談の方が短い傾向にある

どうやら、対面の面談より電話面談の方が短いようです。対面の場合は60~90分ほど、電話面談だと30~60分ほどが目安です。

面談後に受けられるサービス

面談が終わった後はリクルートエージェントのサービスを利用しながら理想の転職先を探します。リクルートエージェントは利用者のためにこのようなサービスを用意しています。もちろんすべて無料です。

AGENT Reportで企業のリアルを知る

転職エージェントが独自に作成した企業レポートが手に入ります。このAGENT Reportには転職エージェントの目線から見たポイントや活躍できる人材、選考のポイント、社風や職場環境を知ることができます。

企業への応募にためらっているならぜひ活用したいです。

職務経歴書がネットで簡単に作れる

リクルートエージェントはウェブサービスが充実していて企業への応募やエージェントによる調整の進捗状況を簡単に知ることができます。さらに、職務経歴書も専用ツールで簡単に作成できます。

スマホ一つで転職活動を管理できるので、忙しい時間の合間を活用しやすいです。もちろんキャリアアドバイザーとの相談や職務経歴書の添削も遠慮なく利用できます。

面接力向上セミナーで面接恐怖症を克服

「書類選考は通るのに面接に受からない」「面接官の目が怖い」という人は面接力向上セミナーで苦手を改善しましょう。面接力向上セミナーは就職・転職サービスで豊富な実績を持つリクルートの知見が凝縮されたもので受講者の99%が満足の内容です。

面接官の気持ちや選考ポイント、転職希望者の良くある勘違いなどを知ることができます。

リクルートエージェントの面談で本当の価値を見つけよう

リクルートエージェントの面談は人柄や過去の経歴から企業への最適なアピール方法を導き出してくれます。転職に強い意志を持っていない人に対しても誠実に面談してくれるため「自分を見つめ直したい」というかたでも安心して面談に申し込めます。

リクルートエージェントの面談は的確で利用者に対して親身になってくれると評判です。業界最大手のノウハウが気になるならぜひ登録してみましょう。

AGENT エージェント情報

許可・届出受理番号 13-ユ-010258
受理受付年月日 平成09年06月01日
事業所名称 株式会社リクルートキャリア
事業所所在地 東京都千代田区丸の内一丁目9番2号 グラントウキョウサウスタワー15F 23F 25F 26F 27F 28F 33F
電話番号 03-3211-7979

都道府県別おすすめ転職エージェントを利用して納得の転職を

RELATED 関連記事

特集記事

都道府県別転職エージェント