30代の転職 30S-CAREER-CHANGE

ITエンジニアの転職は30代未経験者だと厳しいが転職できる可能性はある!

更新日:2019.4.16
公開日:2018.12.11

ITエンジニアの転職は「30代」になると難易度が高く、特にエンジニア未経験者にとっては転職のハードルが高くなります。しかし、エンジニアの未経験者でもIT企業への転職は不可能ではありません。

本記事では、IT企業に転職したい30代エンジニアが、どのようにすればIT企業に転職できるのか説明するとともに、未経験者が通えるプログラミングスクールや採用されやすい企業(または業種)を紹介します!

なお「20代エンジニア未経験者のIT企業転職」については、以下の記事を参考にしてください。

ITの転職が30代以降厳しいのはスキル習得が遅れるから

30代以降、IT企業への転職が難しくなるのには理由があります。まず、30代と20代ではスキル習得までのスピードが違います。悲しいことに10代〜20代にあった「新しいことを吸収する力」は30代以降、徐々に衰えてきます。

このため、企業が実施するプログラミングスクールには、25歳まで(一部は30歳まで)などの年齢制限が設けられており、エンジニア経験者についても、30代以降の転職は難しい(受からない)のが現状です…。

より細かく見ていくと、20代前半は未経験者でも転職はしやすく、20代後半になるとまだ転職しやすいものの、30代になると転職できる確率はぐっと低くなります。このため、IT企業への転職を考えるには「1日でも早く行動」を起こし、自分を採用してくれる企業にアプローチをするのが(就活する上で)不可欠となります。

30代の有効求人倍率は2倍を超えている!

ここで「職業安定業務統計」が発表した、30代の有効求人倍率を見てみましょう。

2017年 30代の有効求人倍率

年齢 有効求人倍率
(平成28年度)
有効求人倍率
(平成29年度)
30歳〜34歳 2.29倍 2.26倍
35歳〜39歳 2.21倍 1.99倍

一般職業紹介状況(職業安定業務統計)より

有効求人倍率が2倍というのは、求職者1名につき2件の求人があることを示しています。つまり社会は「深刻な人手不足」に悩まされており、20代だけでなく30代の人材も必要としているのです。

IT業界も例外ではありません。AIなどの技術が進化したにも関わらず、エンジニアの数は圧倒的に不足しており、各業者がエンジニア、プログラマーを広く募集している状況です。

このため「20代以降は採用が難しい」とされていた分野や職種でも、30代の人材を採用するよう(雇用状況が)変わってきています。これは30代、40代以降の求職者にとっては「またとないチャンス」と言えますね。

30代エンジニアにIT企業が求める適正

IT企業が「30代エンジニアに求める適正」をまとめてみました。

IT企業が30代エンジニアに求めるスキル(一例)

  • 前職での実績(大きなプロダクトの開発)
  • 即戦力になる高いスキル
  • 専門性に裏付けられたアイデアやプレゼンテーション能力
  • コスト管理などのマネジメント能力
  • チームメンバーとのコミュニケーション能力

20代のエンジニア未経験者には、プログラミング能力や業務知識など基礎的知識が求められますが、30代エンジニアになると前職での経験や実績、過去携わったプロダクトの内容など「即戦力として活躍できるかどうか」が重視されます。

このため、30代で「エンジニア未経験」というのは不利な状況であり、大手(一部上場企業や外資系)に就職をするのは難しくなります。ただし、30代エンジニア未経験者でも、以下のような経験や実績があれば、IT企業への転職や就職はしやすく(=就職のハードルは低く)なります。

30代エンジニア未経験者が優遇される例

  • 前職(IT以外)で企画や開発に携わっていた
  • Webデザインなどの分野で高いスキルを持っていた
  • 異業種でも専門性の高い仕事に就いていた人
  • 就職活動中にプログラミング技術を独学でマスターした人
  • キャリアプランがはっきりしている、計画性のある人
  • 20代にも負けないくらい学ぶ意欲が強い人

上の項目に該当する人は、たとえ30代エンジニア未経験者でも、IT企業に転職できる確率が高くなります。また、IT企業への転職を希望した時点で、プログラミング技術や言語を学ぶなど「今できる最大限の努力」を払うようにしましょう。

1つでも知識が多ければ、知識の少ない20代やモチベーションの低い若者よりも就職できる確率は高くなります。チャンスを逃さないよう、必要なスキルはどんどん吸収しておいてください。

30代エンジニアがIT企業に転職する方法

30代エンジニアがIT企業に転職するには、まず「未経験OK」な企業を見つけ、エントリーをすることです。ただし…20代や新卒者とは異なり、IT企業からの「求人数」は少なく、選り好みできる立場に無いことが徐々に分かってくるでしょう。

30代エンジニアがIT企業に就職するには、やはり「IT企業の就職に強い」転職情報サイトや転職エージェントを使うことです。20代の頃とは違い、IT企業への就職成功率は低く、1件1件求人情報を探しても時間が掛かるばかりで欲しい情報(企業の求人)はなかなか集まりません。

しかし「ITに特化」した転職エージェントを利用すれば、非公開案件など、エージェントにしかない求人情報が手に入るので、就職・転職へのハードルは低くなります。

ITの転職に成功した30代が起こした行動

ネット上には「30代未経験者がIT企業に就職した話」が掲載されており、成功者の行動を追ってみると、独学やオンラインでの学習、プログラミングスクールに入学しスキルを習得していることが判明しています。

また、高度なプログラミング技術を身につけた人たちは、ビジネス系のSNS(例:wantedly)や転職エージェントなどを使い、IT企業に就職していることが分かりました。

30代未経験者がIT企業に就職するステップ

  1. プログラミング技術の習得
  2. ビジネス系SNSや転職エージェントに登録
  3. エントリーから面接を経て、無事就職!

プログラミングスクールなどでスキルを身につけた後には、(就活のため)ポートフォリオを作成してください。

ポートフォリオは、自分のスキルを転職先にアピールするための資料で、作成方法については転職エージェントでも指導してくれます(無料)。

IT企業のエントリーに使用するポートフォリオの作り方

IT企業にエントリーする際、使われるポートフォリオには、自己紹介や作品紹介、仕事のスタイル、将来の方向性やビジョンを載せていきます。

ポートフォリオの作り方

画像出典元:マイナビクリエイター

良いポートフォリオは、見る相手を意識したレイアウトを採用しており、一目で内容が分かるようデサインも工夫されています。また、コンセプトや作品の解説が簡潔にまとめられており、アピールポイントも明確です。

IT企業の面接では、ポートフォリオを二種類準備しよう

就活で「忘れてはならない」のが、ポートフォリオは二種類用意するということです。面接の場では、Webポートフォリオを見る環境(PCなど)が用意されているとは限りません。

このため就職活動や面接に臨む際は、Webポートフォリオ以外にも、紙に出力したポートフォリオを別途用意しておきましょう。

30代未経験者が通えるプログラミングスクール

30代になると、無料で通えるプログラミングスクールはほとんどありません。もちろん、ハローワークが紹介してくれる「職業訓練」は別ですが、企業が即戦力を育てるため無料開催するスクールの多くは「20代まで」と年齢制限を設けています。

ここで、30代未経験者に人気のプログラミングスクールを紹介しましょう。

30代未経験者に人気のプログラミングスクール

TechAcademy(テックアカデミー) 転職サポートがついたプログラミングスクール。オンラインで学習でき、ポートフォリオの作成方法もアドバイスしてくれる。公式サイトへ
Tech::EXPERT(テックエキスパート) 未経験者でも実務レベルのプログラミング技術が身に付くスクール。オンラインのほか、教室も持っているので通学可能。公式サイトへ
WebCamp PRO(ウェブキャンププロ) 3ヶ月のコースを終了すると転職・就職を保証してくれるプログラミングスクール。就職保証は「30歳まで」という制限はあるものの31歳以上でも受講でき、実際にプログラマーになった人がいる。公式サイトへ
侍エンジニア塾 オンライン対応、現職のエンジニアがプログラミング技術を教えてくれるスクール。最短1ヶ月でプログラミングが習得できる。公式サイトへ

これらは30代以降の方でも、プログラミング技術が習得しやすく、就職の機会が用意されるなど手厚いサポートが期待できます。なお、どこで学ぶべきか「学校が選べない」という場合は、直接「IT企業の転職に強い」エージェントに相談してもOKです。

実は、転職エージェントでも「未経験者を歓迎する」求人があり、現職エンジニアがプロの視点で「何を習得すれば転職・就職できるのか」親身になってアドバイスしてくれます。転職エージェントは、IT経験者だけのサービスではありません。未経験者の方もどんどん、転職エージェントを活用してみてください。

未経験者はアプリを作って、就職時にアピールしてみよう

「エンジニア未経験」の方は、ポートフォリオを充実させる目的で、アプリを作ってみてはいかがでしょうか。中小企業、小規模事業者、ベンチャー企業の転職にもアプリ制作の経験は役立ちます。

また最近では、ゲーム業界に限らず各企業が、サービスに使用するアプリ(iPhone/Android対応)をリリースしています。このため、個人が作成したアプリを面接で披露すれば、どのようなスキルや技術を持っているのか効果的にアピールできるでしょう。

アプリの設計・開発方法については、専門の書籍が出ているので書店でチェックしてください。また個人ブログやYouTubeにも「アプリの作成方法」が多数アップされているので参考になります。

30代エンジニア未経験者が就職しやすい企業と業種

30代の方はエンジニア以外にも、IT企業に就職する方法があります。例えば、ITの業界にはプログラマー、クリエイター、マーケティング(Webプロモーション)、営業などの職種があります。

またIT企業といっても、Web系から情報処理サービス、ソフトウェア系、ハードウェア系など、さまざまなジャンル(業種)があり、業種によって求められるスキルやノウハウはそれぞれ異なっています。

IT企業の業種

業種 職種
Web系 個人・企業のWebサイト制作や、インターネット広告などのサービスを提供する。
情報処理サービス 企業向けシステム等を開発・運用する。
ソフトウェア系 OSやアプリケーションソフトを扱う。
ハードウェア系 電子回路の開発を手掛けている。

また「Web系」ではプロデューサー、ディレクター、デザイナー、Webプログラマー、コーダーなどの職種があり、「営業系」ではシステムやITサービスを販売する職種があります。

エンジニア未経験者は中小企業への転職がおすすめ!

30代のエンジニア未経験者は、大手企業を目指すのではなく、中小企業にターゲットを絞ると良いでしょう。

もちろん、大企業の就職も不可能ではありません。しかし、就職が厳しい場合は「成長する見込みがある」中小企業にターゲットを絞るのも一つの手です。幸い、日本の中小企業の中には、世界的技術を持ったIT企業やベンチャー企業が存在します。

こうした小規模事業者にエントリーを行えば、スタッフとともに成長をする喜びや仕事へのやりがい・生きがいを持って働くことができます。

30代未経験者はITの転職に強いエージェントに相談しよう

IT企業への就職を希望される方、30代エンジニア未経験の方は、IT企業の案件に強い「転職エージェント」を利用しましょう。IT企業に就職ができても、転職先を選び間違えると、すぐに会社を辞める(または再就職する)可能性があります。

実際に、ITエンジニア(システムエンジニア等)の多くは、業務内容や給与への不満、他の知識・スキルを習得したいなどの理由で会社を辞めているとのこと。せっかくのキャリアプランが台無しにならないよう、みなさんは「IT転職に強く」キャリアプラン形成をサポートする転職エージェントを選んでください。

例えば、以下のような転職エージェントであれば、エンジニアの案件(非公開案件も含む)を数多く抱えており、登録者にマッチする業種や職種、好条件の企業を紹介してくれるので安信です。

リクらくエンジニア

リクらくエンジニア

リクらくエンジニアは、リクルート社の「ITに特化した」転職支援サービスです。20代の求人が中心ですが、30代の利用者にも手厚いサポートで転職・就職が成功できるようサポートしています。

特にWeb系やゲーム系、ソフトウェア系の企業就職に強く、未経験者からも多くの登録者が転職に成功しています。

Forkwell Agent

Forkwell Agent

Forkwell Agentは、IT企業への転職や就職をサポートするWorkwell運営の転職エージェントです。

Web系やスタートアップ企業の求人はもちろん、一般に公開されていない「優良求人」を数多く抱え、多くのエンジニア未経験者の再就職も支援しています。

TechClipsエージェント

TechClipsエージェント

TechClipsエージェントは、現職エンジニアが転職のアドバイスを行っています。

紹介する企業は元請け企業であり、働きやすい環境はもちろん、安定した収入(求人の82パーセントが年収500万円以上)と年収アップが望めます。

まとめ|30代がIT企業に就職するには1分1秒でも素早く行動を起こすこと!

30代の方でも、IT企業に転職できるチャンスはたくさんあります。もちろん20代に比べると転職できる先、就ける仕事に制限はありますが、40代や50代に比べると就職できる確率は非常に高いです。

30代の方は「転職のチャンス」を逃さないよう、今後のキャリアプランを明確にし、今取り組むべきことを書き出し実行に移しましょう。身につけたスキルや技術が多ければ多いほど、30代といった年齢に関係なく「就職できるチャンス」は広がります。

転職支援実績が豊富な転職エージェント・転職サイト3選

ITエンジニア専門!首都圏で高年収、高待遇の優良求人を提供する転職サービス TechClipsエージェント

総合評価 4.7
求人の質 5.0
サポート 4.5
スタッフ 4.5
  • 給料UP率高
  • ハイクラス求人
  • IT専門
公開求人数 - 非公開求人 非公開 対象年代 20代~40代のITエンジニア 対応地域 首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)
年収UP率 非公開 得意職種
  • ITエンジニア
エンジニア経験が数年ある方は年収アップの見込みあり!

TechClipsエージェントはIT/Web系のエンジニア専門に特化した転職支援サービスです。在籍する現役エンジニアが転職支援しているため企業への推薦力・給料交渉力が高く、内定率も高いのが特徴。求人の82%が年収500万円以上の募集で、紹介先企業は事業会社(元請け)に特化しているため年収UP実績も豊富です。

IT・Web業界で転職するならdodaエンジニアITの転職支援サービスがお勧め! DODA(デューダ)エンジニアIT

総合評価 4.8
求人の質 4.5
サポート 4.8
スタッフ 4.7
  • 全国対応
  • 正社員
  • 未経験OK
  • フリーター歓迎
  • 女性
  • 非公開求人多数
  • 給料UP率高
  • IT専門
公開求人数 13,491件 非公開求人 30,000件 対象年代 全年齢 対応地域 全国対応
年収UP率 やや高い 得意職種
  • ITエンジニア
業界最大手が提供するITエンジニア/クリエイターのための転職支援サービス

DODAエンジニアITは、業界ごとの専門職の求人がまとめられているため、クリックひとつで希望業種の求人情報を探せます。また、公開求人情報だけでは満足できない場合や、一人での転職が不安な場合はキャリアアドバイザーによる転職支援サービスを受けることが可能です。エンジニア・クリエイター職の非公開求人が30,000件以上あるのもお勧めポイントです。

リクらくエンジニアは未経験に強い転職エージェント リクらくエンジニア

総合評価 4.0
求人の質 4.0
サポート 4.0
スタッフ 4.0
  • 未経験OK
  • フリーター歓迎
  • 女性
  • 給料UP率高
  • IT専門
公開求人数 - 非公開求人 10,000件 対象年代 20代・未経験 対応地域 首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)
年収UP率 78% 得意職種
  • ITエンジニア
未経験でもIT業界に転職できる!20代でエンジニア希望の方にオススメ!

リクらくエンジニアは、20代のIT業界未経験者を主に転職支援している転職エージェントです。利用者の80%がエンジニア未経験にもかかわらず、手厚いサポートで高い内定率を実現しています。web・ゲーム系の企業とのパイプが強く、未経験からの転職成功者を多く生み出しています。20代でITエンジニア希望なら絶対オススメできる転職エージェントです。

都道府県別おすすめ転職エージェントを利用して納得の転職を

関連記事

特集記事