20代の転職 20S-CAREER-CHANGE

29歳で転職を考える人が知っておくべきこと。29歳の転職を成功させるコツを解説

更新日:2019.10.4
公開日:2019.10.1

今回は、29歳で転職を考える人が知っておくべきことについて解説していきたいと思います。30代を目前に控えたこの時期は、転職すべきかどうか悩んでしまうことも多いでしょう。

そこで、29歳を取り巻く転職事情や、転職に成功するポイントなどについて紹介していきますので、参考にしていただければと思います。

29歳を取り巻く転職事情

まずは、29歳を取り巻く転職事情から解説していきたいと思います。

29歳というと、社会人としては成熟し始める年齢といえます。新卒から考えれば7年近く社会に身を投じていることを考えれば当然でしょう。

一方で、まだ20代であるという捉え方もできます。つまり、まだ若手のポジションでもあるということです。

そんな29歳が転職市場において、どのような立ち位置にいるのか、見ていくことにしましょう。

29歳には即戦力を求められる

転職市場において、29歳の人材は基本的に即戦力として考えられます。

社会人として7年近く過ごしてきているため、ある程度の経験を積んできていますし、場合によっては大きな実績を上げている場合もあるためです。

また、社会人としてのマナーも身に付いていることが多いので、教育に掛かるコストを削減できると企業側は考えます。

つまり、逆の言い方をすれば、転職先の企業側に対して、即戦力としてのスキルや経験をアピールすれば、転職しやすいということでもあるのです。

前職の経験次第では、管理職としての役割を与えられるケースもあるでしょう。

29歳は若手としてポテンシャルも評価してもらえる

一方で、29歳という年齢は、20代であるため「若手」としても捉えられます。そのため、今後の成長に対するポテンシャルについても、期待されて評価に繋がることがあります。

つまり、これまでに目立った実績を上げていない場合でも、将来性に期待して採用してもらえるケースもあるということです。

29歳という年齢は、自分の若さをアピールできるラストチャンスといえます。もし、自分にこれといった強みが無いと感じているのであれば、20代のうちに転職しておいた方がいいのではないでしょうか。

29歳と30歳は「違う」ということ

転職において、29歳と30歳は違うということをしっかり理解しておくべきです。

たった1歳の違いしかありませんが、29歳は「若手」で30歳は「中堅」と捉えられることがあるためです。

もちろん、すべての企業や採用担当者がそうではありませんし、職種や業種によっては大きな違いはないという場合もあります。

ただ、29歳と30歳の間には、転職における「境界線」が存在していることも事実。特に、未経験の職種や、異業界への転職を希望する場合は、転職成功の難易度に多少影響することも考えられます。

そのため、自分が希望する転職を実現するためには、どのタイミングで行動するべきなのか、判断しなければならないでしょう。

29歳はライフイベントに対して懸念されることも

29歳という年齢では、さまざまなライフイベントが関わってくることがあります。年齢的に結婚を考える人もいるでしょうし、女性では出産や子育てに関わるシーンも考えられるでしょう。

このような場合、企業側はライフイベントにおける会社からの離脱を気にすることがあるので、企業に適している人材だとしても、採用を見送るケースがあります。採用に対してはコストが掛かることですので、これは仕方のないことでもあります。

そのため、転職活動においては、このようなライフイベントに対しての不安を払拭できるようにしておく必要があります。

具体的には、結婚や出産の予定があるかどうかを伝えたり、結婚後・出産後のキャリアプランについて伝えたりするといいでしょう。

場合によっては、結婚や出産などに合わせて、働き方を変える必要に迫られることもありますので、転職先は慎重に選択するようにしましょう。

29歳で未経験職への転職はラストチャンスかも

未経験の職種に転職したい場合は、29歳がラストチャンスになると考えるようにしましょう。

経験がない人材を採用する場合、イチから教育していく必要があり、年齢が若いほど有利になりやすいからです。

もちろん、30歳を超えても未経験の人材を採用する企業はたくさんあります。ただ、30歳を境に一定数少なくなることも事実です。そして、30代の中盤にもなると、未経験職への転職はさらに難しくなります。

自分がやりたいことや、気になる業界があるなら、後悔することが無いよう20代のうちに転職することを検討するようにしましょう。

29歳は転職に悩みやすい年齢である

ここからは、29歳の人が転職に悩み、真剣に考える理由について考察していきたいと思います。

先述したことからもわかるように、29歳というのは転職に対してある意味でデリケートな年齢です。

一般的に29歳の人がどのようなことを感じ、考えているのかを共有することで、29歳での転職に対する悩みを和らげることができるかもしれません。

29歳が転職に悩む理由

まずは、29歳の人が転職に悩む理由について見ていきましょう。

転職相談に来た人の話では、以下のようなことについて悩みを抱えているようです。

  1. 年収も多く順調に出世できているが、今のままでいいのかわからない。
  2. 夫の都合で転職することになり、それをきっかけに土日休みの仕事に転職したいが、仕事は引き続き頑張りたい。
  3. 結婚を機に契約社員として働いてきたが、30歳になる前に正社員に戻っておきたい。

29歳にもなると業務内容についても一通り経験しているので、さまざまな事を理解できるようになります。一方で、利害に関わる人たちも周りに増えていくため、自分の好きなようにはなかなか動けなくなってしまいます。

そのなかで、男性は自分の市場価値や社内でのキャリアをより良いものにできるのかについて悩むことが多く、女性の場合は、仕事への情熱と結婚・出産との兼ね合いで、キャリアや働き方について悩むことが多くなります。

それに加え、30歳になると異業種への転職が難しくなることは、情報として耳に入ってくるため、動くなら今しかないと考えている人もいるようです。

転職への悩みは人それぞれですが、やはり30歳という節目を迎える前に、決断に迫られるケースが多いのかもしれません。

29歳が転職について真剣に考える理由

次に、29歳の人が転職について真剣に考えるようになる理由について見ていくことにしましょう。

年収・待遇を上げたい

29歳の人が転職を考える理由で最も多いのが、年収や待遇を上げたいというものです。

具体的には、単純に現職での待遇に不満を感じているケースや、自分の家庭事情の関係で、もっと待遇のいい企業に転職したいと感じるケースがあるようです。

特に、年功序列型の制度が残る大企業に勤めているような場合だと、仕事の実績や評価が収入に反映されやすい企業への転職を考えやすくなる傾向にあります。

専門的なスキルをさらに磨きたい

自身の専門的なスキルをよりアップさせたいという理由から転職を考えることも多いようです。

企業に勤めている期間が長くなると、現場ではなく管理職側に回ることも多くなります。それはそれでキャリアアップできていると捉えることもできますが、自分のスキルをもっと磨いていきたいと考える人にとっては、不満材料ともなるのです。

29歳というタイミングで、自分のこれからのキャリアについて考えたとき、転職に向けて行動を起こす人が多いようです。

正社員を目指したい

正社員になることを目標に転職を決断するケースもあります。

新卒での就職活動で内定をもらえず、契約社員や派遣社員、フリーターとして働いているという人にとって、正社員になるために20代のうちに転職を考える人が多いからです。

このような場合、20代のうちの転職と、30代を迎えてからの転職では難易度がかなり異なります。できるだけ早く行動することが正社員になるための鍵といえるでしょう。

年齢的にタイミングが今しかない

希望の職種への転職を果たすためには、年齢的に今しかタイミングがないと考える人も多いようです。

先述してきた通り、20代と30代では求職者に対する社会の捉え方に違いが生まれることがあります。また、異業種への転職を考えている場合、タイミングを逃すことで年齢による不利を被る可能性もあります。

そのため、「今しかない」と行動に移す人も多くなるのです。

29歳での転職に失敗してしまうパターン

ここからは、29歳での転職に失敗してしまうパターンについて解説していきたいと思います。

転職活動を有利に進めるためには、必要な情報を仕入れ、戦略を練っておく必要があります。この作業を怠ってしまえば、いくら行動しても結果には結び付きにくくなるでしょう。

転職に失敗してしまうパターンについて知っておけば、同じ轍を踏まないようにすることができますので、しっかり理解しておきましょう。

転職理由が明確ではない

転職する理由が明確ではない場合、転職に失敗しやすくなります。

面接でマイナスの評価を受けてしまう可能性があるためです。

面接では転職理由について必ず聞かれることになります。採用担当者は自社の戦力となる人材を探しているわけですから、その理由が曖昧な場合、必然的に評価が下がってしまうのです。

何のための転職なのかを考えることこそ、転職を成功させる第一歩なのです。

自分の市場価値を把握していない

転職市場における自分の市場価値を把握していない場合も、転職に失敗してしまうことが多くなります。

自分の市場価値がわかっていなければ、自分のスキルや経験を求めてくれる企業を探すこともできませんし、企業に対して自分をアピールすることもできないからです。

転職活動を行う前に、自分のこれまでのキャリアを洗い出し、何ができてどんな実績を上げてきたのかを振り返ってみましょう。

そうした自己分析を行った結果、企業にアピールできる自分の強みを初めて理解することができ、どんな企業が自分に合っているのかを知ることができます。

また、希望する職種があるなら、自分の強みをどのように活かせるのかを考えることもできるでしょう。

これからのキャリアプランが曖昧

今後のキャリアプランが曖昧な場合も、転職に失敗する可能性が高くなります。

将来のことまで考えていない場合、面接などで「考えが浅い」と判断されてしまうことがあるためです。

30代を目前に控えた転職は、今後の人生に大きく関わる出来事。その後のキャリアについて明確なビジョンを持っていないなら、退職と転職を繰り返してしまうかもしれません。

企業側は長く働いてくれる人材を求めるので、そのような人を採用するのはリスクが高くなってしまいます。そのため、採用に至らなくなってしまうのです。

転職以外に問題の解決策が無かったのか考えていない

抱えている悩みや問題を解決することが、転職以外に無かったのか考えていない場合も転職に失敗してしまうでしょう。

仕事における現状を打開する方法は、転職以外にもたくさんあるはずです。場合によっては、単純に自分の頑張りが足りないだけという場合もあるでしょう。

このような状態で採用面接に臨めば、採用担当者にすぐ見抜かれてしまうことになり、転職についてちゃんと考えていない人、という評価を受けてしまいます。

転職するということは、これまでのキャリアをリセットすることになります。安易に転職の道を選択するのではなく、自分の課題を解決する方法についてしっかり考えることが大切です。

29歳での転職を成功させるためのポイント

ここからは、29歳での転職を成功させるためのポイントについて解説していきたいと思います。

自分が希望する転職を実現するためには、どれも大切なことばかりですので、しっかり押さえておくようにしてください。

これまでの経験を活かしたキャリアを考えること

29歳での転職を成功させるためには、これまでの経験を活かしたキャリアを考えることが大切です。

企業側からすれば、29歳の人材は即戦力として求められることが多いうえに、20代の伸びしろを期待することもできるからです。

そのため、これまでの経験を存分に活かすことができる職種に就くほうが確実に有利になります。

自分の何を活かしたいのかを明確にしておけば、企業とのマッチング精度も高くなり、採用されやすくなるでしょう。

キャリアプランについて具体的に考えること

自分の将来的なキャリアプランについて具体的に考えておくことも、転職を成功させるためには大切なポイントです。

自分がどうなりたいのかを明確にすることができれば、それに見合った転職先を探すことができるからです。

具体的なプランや目標を持つことで、どんなキャリアを積んでいけばいいのかがわかるようになります。それに合う企業に応募すれば、面接で今後のキャリアについて質問を受けたとしても、一貫した志望動機としてアピールすることができるでしょう。

志望企業が求める人物像を把握すること

転職を成功させるためには、志望する企業が求める人物像について把握することが大切です。

企業側が採用したい人物像はあらかじめ決まっていることが多く、それに沿って求職者を選定しているからです。

それを理解したうえで、自分の経験やスキルが求められるようにアピールすることで、内定・採用に近づくことができます。

転職に対する優先順位をつけること

29歳での転職を成功させるためには、転職に対する優先順位をつけておくことが大切になります。

希望する条件をすべて満たしてくれる企業に出会うことは、ほぼ不可能だからです。

会社の安定性、職種・業種、給与、福利厚生など、希望を出せばいくらでも出てきますが、そのなかで何を優先するのか考えておけば、自分に合う企業をスムーズに探し出すことができるようになります。

転職にあたって、自分にとって何が大切なのか、じっくり考えるようにしてください。

即戦力になれることをしっかりアピールすること

29歳の転職を成功させるためには、即戦力になれることをしっかりアピールすることも重要なポイントです。

29歳では即戦力が求められることが多く、その点をアピールできなければ他の求職者に採用を譲ることになりやすいからです。

そのためには、書類や面接においていかに自分をアピールするかを考えておかなければなりません。

自己分析はもちろんのこと、しっかりと面接対策を行って、自分の強みを明確に表明することができるようにしておきましょう。

面接では結論から先に話すこと

採用面接では、結論から先に話すことが重要になることを覚えておきましょう。

面接で自分を表現できる時間は限られているからです。

基本的には、質問に対して長くても1分以内に返答できるようにしておきたいところ。そのためには、面接でどんなことをどのように話すのか、あらかじめ考えておく必要があるでしょう。

転職エージェントに相談すること

29歳での転職を成功させるには、転職エージェントに相談することが重要です。自分が希望する転職を実現させるための手厚いサポートを受けることができるからです。

転職エージェントは無料で利用できることが多く、面談による自己分析や職務経歴書の添削、面接対策、利用者への企業紹介などを行ってくれます。

また、これまでの転職成功者のデータや傾向に合わせたサポートをしてくれるため、転職に成功する可能性が高くなります。

自分の将来を決める転職ですから、転職エージェントの助けを借りて、希望通りの転職を実現できるようにしましょう。

29歳での転職におすすめの転職エージェント

最後に、29歳での転職におすすめの転職エージェントを紹介したいと思います。

具体的には、以下の4つの転職エージェントをおすすめします。

それぞれの転職エージェントに特徴や強みがありますので、自分に合った転職エージェントに登録してみるといいでしょう。

また、複数のエージェントに登録することも可能ですので、うまく使い分けるようにしましょう。

DODA(デューダ)

最初に紹介するのは、DODA(デューダ)です。

doda

DODAの特長は、圧倒的な求人数の多さ。人材業界最大手の転職エージェントで、公開求人数4万件以上、未公開求人数13万件以上を誇っているため、自分に合った転職先を探しやすいでしょう。

また、あなたの転職をサポートするキャリアアドバイザーは、各業界に詳しい知識を持つスペシャリストばかり。そのため、特定分野への転職に対して、親身なサポートを受けることができるでしょう。

また、一般的な求人サイトと同様に、自分で企業を探すことができ、企業側から声を掛けてもらえるスカウトサービスを使うことも可能。また、DODA独自の転職フェアも開催されており、自分が希望する業界の人事担当者と直接話をすることもできます。

転職を成功に導きたいなら、ぜひ登録しておきたい転職エージェントといえるでしょう。


type転職エージェント

次に紹介するのは、type転職エージェントです。

type転職エージェント

こちらの特長は、年収アップ率の高さ。転職成功者の約71%という驚異的な水準で、前職よりも年収アップ実現しています。

特に都市圏の求人情報に強く、その質も高いと評判。面談では、働きたい条件と一緒に、「働きたくない条件」をヒアリングしてくれるので、自分に合わない求人情報を紹介されることは少ないでしょう。

IT・WEB業界やサービス業界に強みを持っていますので、当てはまる方はぜひ登録して年収アップを目指しましょう。


リクらく

最後に紹介するのは、リクらくです。

リクらく

20代に特化した転職サービスを売りにしており、学歴・職歴不問の未経験者を歓迎する求人が豊富なのが特長。そのため、正社員を目指して転職する人にはピッタリのエージェントといえます。

リクらくでは、首都圏の求人情報を扱っており、中小企業の情報が多い傾向にあります。非公開求人が多いため、他では紹介されないような企業を紹介してくれる可能性も高いでしょう。

また、利用者の多くが友達に勧めたいと答えるほど、サポートのクオリティも高いので、安心して利用できるサービスと考えて間違いありません。


マイナビエージェント

次に紹介するのは、マイナビエージェントです。

マイナビエージェント

マイナビエージェントの特長は、20代に最も支持されている転職エージェントサービスであるということ。キャリアアドバイザーとの距離が近く、転職前後のサポートも手厚いので、おすすめの転職エージェントです。

先述したDODAと双璧をなす業界最大手の転職エージェントサービスなので、多くの企業とつながりを持っていることもおすすめポイントの一つ。他のエージェントでは紹介してもらえないような求人情報や職場環境、社員の人柄などの細かい情報まで収集することができます。

また、転職活動には重要な提出書類の作成や面接対策も充実。利用者の評判も高い転職エージェントですので、登録を検討する価値はあるといえるでしょう。


転職エージェントを利用して29歳の転職を成功させよう!

今回は、29歳の転職について実情や成功のためのポイントなどを解説してきました。

29歳というのは、転職について悩みやすい時期です。また、転職市場における見方や評価、転職成功の難易度が分かれる分岐点の直前でもあります。

大切なことは、自分のこれからについてしっかりと考えることです。そして、転職を決意したならば、希望通りの転職を必ず実現させるために、成功のポイントを押さえておきましょう。

今回の記事があなたの転職の参考になれば幸いです。

関連記事

転職支援実績が豊富な転職エージェント・転職サイト3選

リクらくは学歴・職歴に自信がない20代を正社員にした支援実績多数あり リクらく

総合評価 4.4
求人の質 4.0
サポート 4.6
スタッフ 4.6
  • 正社員
  • 未経験OK
  • フリーター歓迎
  • 女性
  • 給料UP率高
公開求人数 - 非公開求人 2,000件 対象年代 20代・フリーター・既卒第二新卒 対応地域 東京・神奈川・千葉・埼玉
年収UP率 未経験OKの高年収求人多数! 得意職種
  • ◎全業種
絶対に就職・転職を成功させたい20代は、リクらくがオススメ!

リクらくは、20代に特化した転職エージェントです。そのため、20代までの学歴・職歴不問の未経験歓迎求人がほぼ全求人となっており、スキルや経験に自信がない方でも正社員の内定を取れます。今まで正社員になれなかったフリーターの方など、20代には絶対オススメできる転職エージェントです。

業界大手マイナビグループ!24歳~29歳限定の転職支援サービス マイナビジョブ20's

総合評価 4.0
求人の質 4.0
サポート 4.0
スタッフ 4.0
  • 正社員
  • 女性
公開求人数 1,831件 非公開求人 非公開 対象年代 24歳~29歳 対応地域 東京・神奈川・千葉・埼玉・大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良
年収UP率 非公開 得意職種
  • ◎全業種
20代・第二新卒・既卒向けに特化した転職エージェント

マイナビジョブ20'sはその名の通り、20代の求職者を支援するための転職エージェントです。専任のキャリアアドバイザーが個別のキャリアカウンセリングによって最適な仕事を紹介!さらに応募手続きや、面接日程の調整など、面倒なことはスタッフが代行してくれるのが主な特徴です。

転職満足度No.1!業界トップクラスの転職支援サービス DODA(デューダ)

総合評価 4.8
求人の質 4.5
サポート 4.8
スタッフ 4.7
  • 全国対応
  • 正社員
  • 未経験OK
  • フリーター歓迎
  • 女性
  • 非公開求人多数
  • 給料UP率高
  • スカウト
公開求人数 43,934件 非公開求人 131,280件 対象年代 全年齢 対応地域 全国対応
年収UP率 やや高い 得意職種
  • ◎全業種
  • 営業
  • 企画
  • 事務
  • ITエンジニア
  • 金融系
  • コンサルタント
業界最大級の非公開求人!転職者満足度No.1の転職エージェント

DODAの魅力は圧倒的な求人数と満足度の高さ。全国で10万件以上の求人は転職できる可能性を高めてくれます。また、DODAのキャリアアドバイザーは業界ごとのスペシャリストです。特定分野への転職に親身に相談に乗ってくれます。

都道府県別おすすめ転職エージェントを利用して納得の転職を

こちらの記事も読まれています

特集記事